人物紹介 / 胡班


胡班

演義において関羽千里行の場面で登場する曹操軍の役人。正史に記述がなく架空の人物とされる。
カード裏では関羽の忠義を知って改心となっているが、
演義本編の記述では関羽は千里行の途中で彼の父である胡華に出会い、彼に宛てた手紙を受け取っている。
これを関羽から見せられた彼は「危うく忠義の人を殺すところだった」と嘆息、
父の意向も汲んでこっそり関羽を逃がすという下りになっている。

演義で関羽の側近とされた人物の中では珍しく、関羽や関平に殉じておらず、関羽死亡後も少しだけ出番がある。