人物紹介 / 区星


区星

正史では正式に長沙太守に任命された孫堅によって討伐されたのだが、
なぜか演義では宦官による偽勅で孫堅の討伐軍が編成されたことになっている。

セリフや義勇ロードで大仰に名乗る『天地大将軍』は、以前は一部の文献で彼が実際に名乗っていたとされていたが、
信憑性のある出典がはっきりしないためか、近年はあまり使われていない。
が、こういった御大層な肩書を名乗った人物は中国史上に実在しており、
同時期に零陵で反乱を起こし、同じく孫堅に討伐された観鵠と言う者が「平天将軍」を自称していたとされるほか、
後には南北朝時代末期(中国の南北朝時代は五胡十六国の後、隋の前)の武将・侯景が宇宙大将軍を名乗ったという例がある。