人物紹介 / 関銀屏


関銀屏

武神・関羽の娘。

史実では「呉から孫権の息子と、関羽の娘の縁談の申し入れがあったが、関羽が断ったことで、呉蜀の関係が悪化した。」という記述にのみ存在が語られる女性。
演義でもほぼ同程度の扱いで、そちらでは氏名すら不明。

関銀屏の名と、武勇に優れたといった逸話は、京劇や民間伝承が発祥。
関羽の3番目の娘と言う意味の「関三小姐(かんさんしょうしゃ)」と呼称されていることもある。
民間伝承では趙雲に師事して武芸を学び、諸葛亮の南征に従軍している。
その後、李恢の子・李蔚と結婚し兪元という場所で一生を終えたとされており、李蔚との合葬墓が実在する。