人物紹介 / 楽進


楽進

フレーバーテキストに書かれている通り、元は文官だったが将として抜擢され、曹操軍の切り込み隊長として活躍した人物。
正史では前線の武人として数々の武勲を挙げ、張遼・張郃・徐晃・于禁に並び称された名将。
演義では弓の達人というキャラ付けが追加されており、呂布配下の成廉や袁譚配下の郭図を自らの矢で射殺しているが、
濡須口にて凌統を追い詰めるが甘寧の矢で撃退されるという形で、二人の和解のダシにされてしまっていたりもする。

三国志大戦においては、コスト1ながら武力4の騎兵というコストパフォーマンスの高い能力設定に定評がある。
これは、主要な戦いには悉く出陣したという経歴を踏まえたものだという。