人物紹介 / 王平


王平

元魏軍という経歴を持つが、曹操に仕えたのは曹操が張魯を下して漢中を支配してからのこと。
そのため魏に所属していた期間は短く、本作でも魏軍所属のカードとしては登場していない。
旧版のVer3.59で登場した徐晃の召喚兵「おうへい」として登場した程度である。

知っている字は10文字にも満たなかったというが、博学で『史記』や『漢書』に詳しかったと言われる。
もっとも馬謖には字が読めないことで見下されていたのか、街亭で山頂に布陣する馬謖を諌めても、
無碍に却下されてしまっている。
危惧したとおり馬謖が敗れると、部隊一千を率いて踏み留まり、魏軍の追撃を防いでいる。
この功績が評価され、敗戦の責を負って諸葛亮や趙雲が降格する中で一人昇格している。

実戦叩き上げの良将というイメージの強い人物だが、厳格すぎてまるで融通のきかない一面があったようで、
陳寿には「忠勇にして厳整だが偏狭な性格」と評されている。