人物紹介 / 王双


王双

正史においては諸葛亮の北伐よりも以前、曹仁配下として濡須攻撃に参加した魏将の中に王双の名が見える。
この時に王双は捕縛され武昌に送られたとあるが、後に曹叡から先鋒の栄誉を賜る王双と同一人物であるかは不明。

横山版では曹真自慢の猛将として獅子奮迅の活躍をするが、孔明の策を受けた魏延に敗れて戦死し、
曹真が「王双が斬られた 王双が斬られた うーん」との名セリフを残して昏倒してしまう場面で知られる。