人物紹介 / 王允


王允

後漢末期の高官。演義では序盤のハイライト・美女連環の計の黒幕。
董卓に召し出される以前からその清廉潔白・忠烈・硬骨を示す逸話には事欠かず、
黄巾の乱においては張譲の内通を霊帝に直訴し、逆に張譲の恨みを買って投獄されてしまっている。

董卓が実権を握ると司徒に任じられ厚遇されるが、
暴虐を繰り返す董卓に彼が忠誠を誓うはずもなく面従腹背を貫き、董卓を除く機会を虎視眈々と窺い続けた。
そんな彼の元に呂布が相談に訪れると、彼は呂布を言葉巧みに説き伏せて味方につけ、董卓殺害を決意させた。
この時呂布は董卓の侍女と密通しており、それが露見することを恐れていたと言われ、
これが演義で大きく脚色されて美女連環の計になったと伝わる。

果たして董卓殺害には成功するが、あまりに清廉・硬骨すぎた彼は董卓に与した者を一切許さず徹底粛清。
董卓からは恩も受けていたと涙した蔡邕を処断してしまい、投降を申し出た李傕・郭汜も断じて許そうとせず、
さらには董卓に仕えていた涼州出身の兵たちまでも追放してしまった。
しかし李傕らが賈詡を迎え入れて策を授かると、瞬く間に形勢は逆転。
長安まで攻め寄せた李傕らの前に、強硬すぎて味方の将からも反感を買っていた彼は軍の統制が取れず戦線崩壊。
呂布から撤退を勧められるもこれを拒んで死を選び、李傕らによって一族皆殺しの極刑に処された。
忠義に生き忠義に殉じた男だが、その強硬で融通の利かない性分が理想と程遠い結果を招いてしまった残念な烈士である。