人物紹介 / 阿会喃


阿会喃

演義にのみ登場する孟獲配下の武将。
一度敗れて董荼那ともども蜀軍に捕縛されるが、諸葛亮の策で解放されている。
その後の戦いで董荼那が蜀軍の罵声で退却した所を孟獲に処罰されると、董荼那と組んで孟獲を捕縛して諸葛亮に差し出す。
しかし孟獲が後日解放されると、董荼那ともども孟獲におびき出された所を殺害されてしまう。

ちなみにコーエーのSLG三國志IXでは、CPUが計略を掛ける対象を五十音順に指定するため、
(登用していれば)阿会喃がいの一番に計略や調略、内応をかけられるという仕様になっており「アカイナンシステム」と呼ばれていた。
さらにここから発展して、AIが妙な内応や登用を成功させることもそう呼ばれることがある。