国姓爺デッキver1.1


デッキver1.1

国姓爺デッキ

国姓爺(こくせんや)*1覇王が使っていたことからその名を冠して国姓爺デッキ、あるいは開幕攻城デッキ開幕乙デッキ、開幕ゴリ押しデッキ、太史慈ワラワラデッキなどとも呼ばれる。
他勢力の脳筋わらわらが多く黄巾デッキに似るが、開幕の攻防により特化したデッキである。ただし一連の開幕計略デッキver1.1とは似て非なる。

コスト比武力の高い歩兵・弓兵を中心とし、1ないし2人の伏兵を混ぜて、呉他や魏他の6枚(コスト2+1.5+1.5+1+1+1)で構成されることが多い。 参考までに最も効率が良いコスト比武力は一部を除いてコスト1に対して4であるため 2コス武力8脳筋3枚にゴリ+邢道栄という形もあり。 勝つ時は計略を使うまでもなく勝てるので、場合によっては3勢力のことも。ver1.03で弓兵、とくに太史慈が増加。攻城能力に劣る騎兵はあまり見られない。
成功すれば20カウント以内に落城勝利できるので、CPU戦で兵法を育てるのにも便利。計略重視の低武力デッキや槍中心のデッキに対して強い一方、メガ周瑜砲デッキ名君デッキ?などにはからきし弱い。
ver1.12で張梁をはじめとした歩兵が相対的に強くなったので注目されている。

実際問題開幕攻城できても落城はなかなかできないため中盤以降の立ち回りが最も重要

【コスト比高武力】

  • コスト1
    候補1:R楽進(魏、騎、4/3、勇)攻城能力に劣る騎兵はあまり使われないが、もし使うならこのデッキでは後衛に置いて乱戦に連続突撃。
    候補2:C張松(蜀、騎、1/7)防戦に来た敵を引っ張る
    候補3:SR張角(他、歩、2/8、魅)もしものときの太平要術
    候補4:C張梁(他、歩、5/1)推奨。バナナを食べて最後にもう一撃。
    候補5:C邢道栄(他、歩、4/1、勇活)推奨。復活があるので、落城させるのに失敗してもすぐ防御に入れる。
    候補6:UC他周倉(他、槍、3/1、活)復活があるので(以下略
    候補7:C宋憲(涼、歩、4/3)
    候補8:C臧覇(涼、騎、3/3、勇)
    候補9:C馬鉄&馬休(涼、騎、3/3)
    候補10:C侯成(涼、騎、4/1)
    候補11:C魏続(涼、弓、3/4)
  • コスト1.5
    候補1:C文聘(魏、弓、5/2、柵)地形によるが柵はあまり意味がない。
    候補2:C丁奉(呉、弓、6/4)推奨。高武力弓。計略の麻痺矢戦法は、落城させ損なった場合、地味に便利。
    候補3:R孫尚香(呉、槍、5/4、魅)援軍は大抵間に合わな(略)。
    候補4:C朱桓(呉、弓、5/7)呂範より知力は1少ないが火計が打てる(兵力MAXの知力5は一撃で倒せない)。
    候補5:UC淩統(呉、弓、5/4)仇討ちは死人がいないと意味がないので最後衛で。
    候補6:UC黄蓋(呉、攻城、5/4)SR甘寧よりコストの安い攻城兵。最後の一押しに漢の意地を使う事も不可能ではない。
    候補7:C陳武(呉、槍、5/3)生きてればちょうど開幕攻城のトドメに漢の意地が間に合う。
    候補8:U蜀周倉(蜀、槍、6/3)計略の大車輪戦法は、落城させ損(以下略
    候補9:C沙摩柯(蜀、弓、5/3、勇)このデッキでは弓兵の勇猛が意外と役に立つ。
    候補10:U陳到(蜀、槍、5/3、活)復活があるので(中略)。計略の(以下略
    候補11:SR劉備(新)(蜀、槍、5/6)バナナ弱体化の中、勢力を選ばない奮起の大号令を持つ為大流行。開幕以外でもいろんなデッキで見かける。
    候補12:SR孫尚香(蜀、弓、5/4、魅)援軍は大抵間に合わないので当てにしてはいけない。
    候補13:EX劉備(蜀、歩、5/5、魅)
    候補14:C黄祖(他、弓、5/3、伏活)伏兵でもあるが、それよりは弓と乱戦能力を買って。
    候補15:SR華佗(他、歩、6/8)計略はこういった脳筋になりがちなデッキにはうれしい浄化機能付きの自身を含めた全体強化。
    候補16:UC皇甫嵩(他、槍、5/5)数の暴力的なデッキ(悲哀、黄巾など)に対しては強力なカウンター計略の持ち主。
    候補17:UC盧植(他、騎、4/8)便利な計略と高い知力を併せ持った中堅騎兵。教えコンボの新たな軸。
    候補18:UC公孫瓚(他、馬、5/5) すべての兵種を速度上昇させるのは便利。ただし魅力しかないためそれほど光ってはいないが…盧植の登場はこいつを光らせることができるか?
    候補19:C張任(他、弓、6/6、伏)推奨。伏兵でもあるが、それよりは弓と乱戦能力を買って。
    候補20:C胡車児(涼、歩、7/1)1.5コストでは最強であろう。
    候補21:UC馬騰(涼、騎、5/5)コスト比では優秀かと。
    候補22:UC韓遂(涼、騎、5/7)他の味方武将を斬るリスクはあるが使いどころを間違えなければ強い。伏兵踏みにも最適。
  • コスト2
    候補1:R太史慈(呉、弓、8/4、勇)呉他の場合のキーカード。勇猛で相手を返り討ちに。
    候補2:R黄忠(蜀、弓、8/4)開幕攻城のトドメに零距離戦法
    候補3:U許チョ(魏、弓、8/1)なにげに奮起戦法は使える。
    候補4:SR龐徳(魏、騎、8/4、勇)乱戦に連続突撃で敵を殲滅。トドメに特攻戦法
    候補5:SR甘寧(呉、攻城、8/2、勇)相手に伏兵さえいなければ、盾になるし一発が大きい。バナナ弱体化により日の目を浴びるか?
    候補6:U張コウ(魏、攻城、7/5)こちらは伏兵で生き残ることもある。
    候補7:U張飛(蜀、槍、8/3、勇)計略の大車輪戦法は、落城させ損(以下略
    候補8:U典韋(魏、槍、8/1、勇)計略の男の意地は、落城させ損(以下略
    候補9:R夏侯淵(魏、弓、7/4、勇魅)
    候補10:旧EX諸葛亮(蜀、歩、8/1、伏)計略と伏兵は無視しよう。
    候補11:新EX諸葛亮(蜀、槍、5/9、魅) 伏兵踏みとしても有効だし、計略もそれなり使えるため、それなりに戦える。
    候補12:1.1R関羽(蜀、槍、8/5)計略は使いどころが限られた微妙なものだが、武・知力共に優れた優秀カード。
    候補13:UC龐徳(涼、騎、8/3)
    候補14:R華雄(涼、騎、8/4、勇)士気3位は溜まる。どうせ落城を目指すのだし。
    候補15:R周泰(呉、槍、7/4)武力は7だが、困ったとき計略で何とかしてくれる。
    【伏兵要員】
  • コスト1
    候補1:Cカイ越(魏、弓、2/7、伏)踏まれたら一旦下げること。
    候補2:SR賈ク(魏、騎、1/9、伏)
    候補3:C呂範(呉、歩、2/8、伏)定番。武力2も地味に大切。計略が使いたければ2勢力以内で。
  • コスト1.5
    候補1:SRホウ統(蜀、槍、4/9、伏)計略の(以下略)Rも(以下略
    候補2:U法正(蜀、槍、4/8、伏)
    候補3:R諸葛亮(蜀、攻城、2/9、伏)あまり最初に踏ませて死なないように。全軍を片寄せする場合、1人だけ逆側に置くのも手。落城させ損ない、かつ相手に火計持ちがいない場合、東南の風+呂範の火計で防衛も。

兵法
 開幕一発勝負なので、増援の法が使われることが多い。(単色にして)○軍の大攻勢、(弓中心にして)連環の法か遠弓の大攻勢、(槍中心にして)車輪の大攻勢なども面白いかもしれない。あまり見ないが正兵の法、衝軍の法でも可。


デッキサンプル】

  • 呉他(純正国姓爺デッキ):太史慈、丁奉、陳武、張梁、邢道栄、呂範(総武力30、伏兵1)
  • 呉他:太史慈、丁奉、朱桓、張梁、邢道栄、他周倉(総武力31、伏兵なし)
  • 呉他(天啓折衷):太史慈、孫堅、呂範、張梁、邢道栄、他周倉(総武力29、伏兵1)
  • 魏他:SRホウ徳、U許チョ、張梁、邢道栄、他周倉、カイ越(総武力30、伏兵1)
  • 蜀他:R黄忠、SRホウ統orUC法正、C沙摩柯、C張梁、C邢道栄、他UC周倉(総武力29、伏兵1)
  • 蜀他(馬鹿連環折衷):R黄忠、新SR劉備、Rホウ統、C張任、C劉表、C張梁(総武力26、伏兵2、柵1)
  • 他単:C張任、C黄祖、C張梁、C邢道栄、他UC周倉、C張宝、C程遠志(総武力29、伏兵2)
  • 魏単:UC典韋、UC許チョ、R夏侯淵、R楽進、Cカイ越(総武力28、伏兵1)
  • 呉単:R太史慈、SR甘寧、C丁奉、C陳武、C呂範(総武力29、伏兵1)
  • 蜀単:R黄忠、SRホウ統、UC法正、蜀UC周倉、C沙摩柯(総武力27、伏兵2)
  • 三勢力:R太史慈、C丁奉、C張任、C張梁、C邢道栄、R楽進(総武力33、伏兵1)
  • 四勢力:(武力最高)R太史慈、(C丁奉orC張任)、C胡車児、C張梁、C侯成、R楽進(総武力34、伏兵1)
  • 四勢力5枚(スネ夫狩りデッキ):R黄忠、R太史慈、R華雄、C張梁、C邢道栄
    【注意点】
  • 開幕配置は片寄せ最前線が基本。地形に合わせたパターン、あえて逆にしたパターンの両方がある。相手に伏兵がいなければ中央最前線配置で圧倒できる。両側に分けた配置も見るが、この場合は連環の法を用いることが多い。
  • 低知力が多く対抗手段もほとんどないので、開幕で落城させ損なった場合はダメージ計略に注意。相手ダメ計使いの位置と計略範囲に常に気を配って戦線を張ること。落城寸前まで追い込んでいる場合は、多少城を殴られても城内に最低1人残しておきたい。
  • 相手にSR周瑜、R馬謖がいる場合は多少戦線を広げてでも踏んで潰しておくこと。SR孫権やSR黄月英も優先的に潰すこと。
  • 撤退させた順序と復活持ちを覚えておき、相手の主力が出てこれない時は援護役の弓兵・槍兵でも攻城すること。
  • 張宝の大風搭載で大風→赤壁が鬼に。開幕でリードさえ取れば後は燃やすだけ。

開幕終了デッキへの対処法(と対処法への対処法)

  • 伏兵は城門前、開幕と同時に左右へ。地形の悪い方に端寄せもありだが、ヤマが外れると痛い。
    • KdoAか他周倉などの復活持ちか、張宝などの高知力に踏ませる。張梁にだけは踏ませない。あるいは、地形の良い方に配置。
  • 柵持ちは地形の良い方にヤマ張って後ろめに片寄せ。ヤマ外れたら城に戻る。
    • 地形の悪い方に配置。柵を壊す場合、敵馬の突撃や敵槍の手動車輪を受けないよう、できるだけ槍兵で。
  • 伏・柵持ち以外は城内発進。張梁めがけ複数武将を重ねて出撃する。最初に出撃した高武力馬に弓が集まるので、そいつが死ぬまでに城へ戻す。兵力が見えにくいので注意。
    • 不用意に張梁を城に近づけない。バナナを2本食べる。
  • 騎馬で後方の弓に連突。ただし騎馬しか高武力がいない場合は、弓を無視して敵前衛に兵力を集中させること。
    • 兵法増援。でなければ槍で弓を護衛。
  • メガ周瑜砲で灰燼に帰さしめる。
    • 両側に分けて配置。あるいは反計。相手が周瑜砲を打つまでは辛くてもバナナに手を出さない。
  • 呂布などの高武力で蹂躙する。総武力の差が戦力の決定的差でないことを思い知らせてやる。
    • 伏兵をうまく当てる。伏兵に誘導するため、あるいはそのブラフとして、張梁らを前後に動かす。
  • 荀彧様でゴリラに熱視線を送る。
    • 兵法増援。でなければわかっていてもバナナで士気相殺、よそ見してればラッキー。士気6あれば天衣無縫。
  • 騎馬デッキで神速の大攻勢。スキルがあれば地形が悪くても小回りチャージで連突できる。
    • 兵法連環。でなければ弓兵を壁に使ってでも槍オーラを消さない。
  • 役立たずの計略要員を相手城に走らせる。相手の弓で結果的に攻城できなくても、引き付けられただけOK。
    • 武力の低い方の弓か、遊撃の騎馬で始末する。
  • バリバリ攻城されても諦めない。R夏侯惇・R孫堅・R張飛、そのほか指揮や号令持ちがいれば、中盤以降で必ず逆転できる。ただし火計と連環の法にだけは気をつけること。
    • バリバリ逆転されても諦めない。兵法連環。でなければ呂範や太史慈に何とかしてもらう。実際、たまには何とかしてくれる。


*1 余談だが、その正体はマジック:ザ・ギャザリング界で日本人プロプレイヤーとして知られる、フジケンこと藤田憲一氏である。