カードリスト:群雄 第2弾



C何儀

武将名かぎ
何儀「誰がガキだ!
  オレ様は何儀だ!」

黄巾賊の頭領の一人。黄巾の乱が収束してからも残党を集め、袁術や孫堅のもとを渡り歩きながら各地を荒らし回った。しかし曹操軍の猛攻を受け逃走している最中に、まだ誰にも仕えていなかった許褚に捕らえられた。
コスト1.5
兵種攻城
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 士気上昇 守城術
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : オンダカツキ


名前ネタで少年のような見た目に「ガキじゃねえ!」と主張する黄巾賊の1人。
Ver1.1.0Aにて追加された、全勢力で初の征圧力を持った攻城兵。
知力は最低値だが武力はコスト比高めで、あと一押しという時に粘れる黄巾の群れを備える。
城壁1発でも痛い1.5コス攻城兵の端攻めは放置するわけにも行かず、かといって武力6と黄巾の群れもあって処理しきれずと中々に厄介。
また自軍の征圧領域下では槍よりも速く動ける攻城兵の特徴上、自身の征圧力1で塗った上を進める何儀は、他の攻城兵より通常時の移動速度が速いのも特徴。

R賈詡

武将名かく ぶんわ冥暗の懐刀
賈詡 文和「さて、敵の急所は見えた。
  生きたければ従ってもらうよ」

董卓が洛陽に入った際に配下となり、牛輔の軍に従った。董卓が呂布に殺されると、同僚の李傕に進言して、呂布を長安から追い出した。その後、献帝の側近となるが、李傕・郭汜の権力闘争に巻き込まれることを嫌い、張繍の元へと身を寄せた。 
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力9 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 士気上昇 同盟者
計略虚盟の離間敵の武力と知力を下げる。この効果は敵の勢力数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : 風間雷太


曹操に降る前の賈詡が群雄勢力として参戦。群雄としては初のコスト1レアの槍である。
スペックは魏の自分が槍に変わっただけ。
1コストながら知力9伏兵のプレッシャーは抜群で、高知力の多い魏と違い、脳筋の多い群雄では一層貴重な存在と言える。
一方で兵種が変更になったことで、武力や征圧の低さが影響しやすくなった。
乱戦する事の多い槍兵にとって、武力1は小さくない欠点。
とはいえ、トータルで見れば計略要員としては良好なスペック。

計略は敵勢力数が増えるほど低下効果が上がるという特殊なもの。
Ver1.1.0B現在、効果範囲はかなり広く、戦場の4分の1を覆えるレベル。
低下値は1勢力で武力-3知力‐2、勢力がひとつ増えるごとにさらに‐1されていく。
最大5勢力相手になると武‐7知‐6となるので、試合を決める効果を出せる。

弱体化の計が士気5で武力-4ということを考えると、知力低下と範囲の広さを加味しても1勢力ではやや効率が悪い。
2勢力相手でやや強め、3勢力以上になると破格の効果と言っていい。

相手によっては絶大な効果を発揮するが「効果が相手のデッキ依存」という点が最大の問題。
工夫以前の問題として、マッチング運で計略効果が決定してしまうので効果が全く安定しない。
また高い効果を発揮する混色デッキは、足並みを揃えない消耗戦向きデッキが多いのも難点。
Ver1.1.0になって増えた勢力限定の無い号令が増えたが、それでも狙える機会は少ない。
現状では2勢力以上の効果は「決まればラッキー」ぐらいに考え、高知力伏兵槍としての採用が無難だろう。

今後、天下統一大会などで多色制限戦でもあれば出番は来るかもしれない。

C管亥

武将名かんがい
管亥「俺がいる限り、
  黄巾党は不滅よ!」

黄巾賊の頭領の一人で数万の規模の軍勢を率いた。孔融を包囲した際に、太史慈の援軍要請を受けて駆け付けた劉備軍の関羽との一騎討ちでは、両断されるまでに数十合も打ち合い、その勇猛さを示した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器地の利 城門特攻 募兵
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : danciao


黄巾賊の中でも屈指の勇将が参戦。

群雄のコスト2では数少ない武力8槍兵。
代わりに知力は1、征圧力も1と言う極端なスペックの持ち主。
常に矢面に立つ槍兵としては復活持ちはありがたい所。

しかし、高コスト武将でありながら計略が汎用の「強化戦法」なのが気がかり。
群雄は使い勝手のいい号令に恵まれているとは言えない為、高コストのスペック要員は採用しづらいのが悩み。
一応、孟獲の号令はデメリットが無い為相性は良いのだが、回復効果は受けられない…。

何よりも大きく見なければならないのは、超絶強化持ちの呂姫の存在。
武力こそこちらが上だがそれ以外はほぼ全て負けてしまっている。
将器も何とも言えないものばかりが揃ってしまっているのが痛いか。

Ver.1.2.0では使いやすい号令持ちの樊稠が追加された為、活躍の芽は広がったか。
一方でVer.1.2.0Cで於夫羅が追加され、群雄2コスト槍唯一の武力8の独自性は失われてしまった。


UC管輅

武将名かんろ こうめい
管輅 公明「北斗、南斗・・・・・・
   あの人に、どうか救いを

練達の占い師。易経などに精通し、人の誕生日と寿命を的確に言い当てられたという。他にも魯粛の死や夏侯淵の戦死を予言して、一目置かれた。自らの寿命も見通しており、出世を望むことはなかったという。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 復活減少 士気上昇
計略封印の計敵の計略を使用できなくする
必要士気3
Illustration : 茉莉花


伏兵持ちとはいえ低武力歩兵は戦力としては厳しいので計略目的の採用になるだろう。
計略は敵の計略を一定時間使用不可能にするというもの。
効果は強力なのだがむやみに使用しても士気差ができるだけなので
確実に撃破や攻城が見込める状況を作る必要があるやや玄人向けの1枚。

効果時間は約7cと短め。
知力依存は0.1c程しかなく、高知力相手でも安定した効果時間が約束されているため
計略主体の相手には先打ちを強要できる。

前述の通り知力依存があまり無いので知力将器は伏兵威力アップ狙いとなる点は注意。

SR祝融

武将名しゅくゆう火神の化身
祝融「腰抜けの男連中に代わって
  火の神・祝融が相手してやる!」

南蛮王・孟獲の妻。火の神の末裔と言われている。男勝りな性格で、敗北を重ねる夫や仲間に対して「不甲斐ない」と一喝。自ら戦場に立ち、蜀将の張嶷と馬忠を一騎討ちの末に捕らえるなど、非凡な武芸の持ち主であった。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略火神の震撃武力と移動速度が上がる。さらに以下のアクションが使用可能になる
【震撃】(象兵オーラ中にカードを回転させると発動する。発動後、一定時間後に再度震撃可能状態になる)震撃を当てた敵に武力によるダメージを与える
必要士気5
Illustration : 五十嵐睦


スペック的には魏の趙娥を象兵に変えた能力を持ち、征圧2の中武力象兵は色塗り役としても優秀である。
将器は生存能力を高める兵力が安定だが、速度上昇で騎馬並の速さにしたり、女性単などの開幕ブーストに使える士気上昇もいいだろう。

真価は計略にある。効果時間約10c、武力+5、速度上昇は不明だが迎撃を受ける速さ。
目玉の震撃アクションだが、象兵オーラの発生中にカードを回転させると自身中心円の範囲内の敵カードにダメージを与えるというもの。
青い範囲で表示されるが、これは対戦相手にもミニマップで視認可能。
範囲にカードが少しでも触れていたらダメージを受けるので、見た目より広範囲に感じるだろう。
発動からダメージ発生まで時間がかかるため範囲から抜け出せば空振りとなるが
それでも自身の速度上昇により範囲に捉えやすく騎馬以外ならまず逃げられない。

震撃は1度発動すると2.5C程のクールタイムがあり1度の計略で最大4発使用可能
武力1〜5までは震撃3発で撃破、武力8でもミリ残りと火力は高め
その性質上ワラデッキに強くマウントも非常に強力、迎撃されるとはいえ槍の外から震撃可能なので
神速騎馬以外ではそうそう対処できないだろう。
英傑号令などで武力上昇した相手にはダメージが減少するので先撃ちして削るなり猛勇伝授などで威力を上げよう。
ちなみに知力依存が高く陳宮とのセットは高武力高知力ダメ計発生装置が約14C続く極悪仕様となる。
あまりないだろうが震撃発動モーション中に効果が切れるとキャンセルされるため若干だが隙を晒す事になる。

娘の花鬘も似たような計略を持つが、祝融のほうが若干範囲が広く、
代わりに花鬘のほうが再発動可能までの時間が短いという違いがある。

対策としては範囲が見えているので逃げるか、乱戦してオーラを消せば発動をキャンセルできる。
象兵オーラは移動距離ではなく、移動時間で纏うので速度低下は決定打にはならない、武力低下で対応したい。
何気に中知力なので半端なダメ計では焼き切れずミリ残りからでも震撃マウントされる恐れがあるので注意。

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間短縮 →10c

R朶思大王

武将名だしだいおう禿竜洞主
朶思大王「舌を奪い、身を溶かす毒に
  いつまで耐えられる・・・・・・?」

禿竜洞という洞窟の主。孟獲の部下の一人で、南蛮一の知恵者。唖泉、滅泉、黒泉、柔泉という4つの毒泉を用いて、諸葛亮率いる蜀軍の進路を阻み、大いに苦しめた。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器知力上昇 防柵強化 地の利
計略蛇蝎の秘術敵部隊数に応じて効果が変わる
1隊:武力を下げ、自身に向かってくる
2隊:武力を下げ、兵力を徐々に減らす
3隊以上:武力と知力を下げる
必要士気5
Illustration : 夢路キリコ


象兵追加で南蛮一の知恵者が早速登場。
武力は控えめだが高知力&柵持ちの象兵は良スペックと言える。
ただし武官なので一騎討ちの対象になってしまう。

蛇蝎の秘術は敵部隊数に応じて効果が変化するタイプの計略で
1部隊:武力-5&挑発
2部隊:武力-3&毒(知力8に4割弱)
3部隊以上:武力-3&知力-3
計略カテゴリー&ムービーも、1部隊だと「挑発」、2部隊以上だと「妨害」に変化する。

効果時間は知力8に約7C、知力4に約11C。
知力依存が高いようで知力将器発動で知力8に約10Cと妨害にしては長い効果時間が強み。(0.9C/知力?)
自身の効果に知力-があるので状況によっては2度掛けもありだろう。
またどの効果も奥義連環との相性が非常に良い。

さらに実は隠れた特徴として、2部隊掛けの毒は毒系計略にはお決まりの「この効果は城に入る事で消滅する」という文言がない。
つまり城内に入っても毒が消えないのである。
兵力ミリ残りで逃げ帰って毒が消えたと思って出たら即撤退…などという惨事も起こりうるため、絶対に覚えておきたい。

UC張燕

武将名ちょうえん飛燕
張燕「捷きこと、燕の如く!
 飛燕に追いつけると思うなよ!」

山賊の頭領。黄巾の乱に呼応し、黒山賊と呼ばれる100万の賊を率いて河北を荒らした。乱が平定されると討伐される前に官軍に帰順し、反董卓連合に参加。後は袁紹と争い、最終的には曹操に帰順、平北将軍に任命された。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略黒山賊の襲撃武力と攻城力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 春乃壱


Ver1.1.0Aにて追加された群雄の2コス歩兵。
まず目を引くのは8/4/2勇猛攻城というハイスペック。
将器も、攻撃力上昇、兵力上昇、速度上昇と一切の無駄がない構成である。

そのスペック計略全てが攻城ダメージに直結する性能をしているのが特徴。
歩兵に加えて特技攻城の恩恵は大きく、素の壁殴りでも13%ほど城を削れる。
計略も併せて城の殴り合いとなった場面では一際輝く。

計略の黒山賊の襲撃は火事場効果のある武力と城ダメ上昇の単体強化。城ダメ50%以下で速度上昇が付く。効果時間約7c。
城100%時点で+3、城が削れるほど武力が上がり最大で+10される。速度上昇はオーラ騎馬並で刺さるので注意。
攻城力は50%時点で計略使用で城門35%ほど。ミリ付近で使うと1.5コス攻城兵並の攻城力となる。
効果時間は然程長くないので確定で城を殴れる場面で使うのがベターだが、城が削れているなら号令の押し込みとしても有効。

ハイスペックではあるものの2コス歩兵というのがネックで、更に自城が削れていなければ真価を発揮できない。
その辺りを加味すると暴虐なる覇道デッキでの採用が考えられるか。
同じく攻城要員として採用されることのある区星と比べると、
小回りがそこそこ効き征圧2により色塗りも可能で一騎打ちも問題ないが素の攻城力では大きく劣る。
計略も実用範囲なので運用によって使い分けると良いだろう。

UC張姜子

武将名ちょうきょうし
張姜子「始まりは終わりへ・・・・・・
 そして始まりへ・・・・・・それが真理」

後漢末期に董卓に仕えた武将である張済の妹。西州の生まれだが、俗世との関わりを断って漢中の山奥で道教を信仰し、女仙になったという伝承がある。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器知力上昇 捕縛術 守城術
計略暴風の道術はじき効果がある竜巻を発生させる
必要士気6
Illustration : nocras


歩兵だが魅力持ちハイスペックの計略要員

暴風の道術は「敵味方共に」弾き判定のある竜巻を直線上に射出する妨害計略。
竜巻は直進し壁に当たると跳ね返る性質を持つ。
効果時間5.5c、知力将器発動時8c、通常時で戦場横軸を1往復する程度の速度で進む。
ダメージや速度低下はないのでこれのみで号令に対抗するのは無謀、主目的は時間稼ぎとなるだろう。

性質上天下無双のような短時間超絶強化、天啓の幻/漢鳴の大号令のような条件付き計略に対しては強力なメタとなり得る。
そのため序盤にリードを取り後半を何とかしのぎたい戦処女デッキによく採用されている。
また味方を強制移動できる計略はなにげに貴重であり、
変わった所では攻城兵を敵城まで弾き飛ばしたり猛虎蹴撃をはじき出してセカンドシュートなどの奇襲策もあったりする。
士気が重い割に直接的な戦闘力への影響が一切ないため癖は強いが、使い手のセンスが光る1枚である。


SR趙氏貞(戦処女)

武将名ちょうしてい麗海婆王
趙氏貞「感じる・・・・・・わたしたちの力が
     大きくなっていくのを」

越南の女傑。後継者争いで混乱する呉に対して反旗を翻し、連戦連勝して「麗海婆王」と恐れられた。対立した呉の陸胤は敵が若い娘であることを知ると、裸になって兵を率いた。趙氏貞は恥ずかしがってまともに戦えず、打ち破られたという。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力5 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 攻城術 征圧力上昇
計略戦処女の大号令女性(武官、文官ではない武将)の味方の武力と移動速度が上がる
必要士気6
Illustration : ひと和


三国志大戦TCGでは「趙嫗(ちょうおう)」という名前で出ていた南蛮の女傑。

能力値はごく平凡で特技も魅力のみだが、将器が象兵の耐久力をさらに上げる兵力上昇、
攻城役として有用な攻城術に征圧1を補える征圧力上昇と、どれを取っても優秀で使い勝手がいいのは有難い。

計略の戦処女の大号令は女性にのみ効果があるという特殊な性質を持つ。
士気6で武力+5、移動速度1.2倍程度(要検証)、効果時間約7cとポテンシャルは並の英傑号令を上回る。
基本的に女性単で編成されるため、魅力や将器士気上昇持ち武将が多く開幕から計略攻勢をかけやすい反面、
素武力に難があることが多いので単純な号令のぶつかり合いでは押し負けやすいのが難点。
速度上昇が絶妙で象兵は将器の副速1つでは迎撃されないが2つから刺さるようになる。覚醒させた象を入れる場合は気をつけよう。

勢力限定はないため混色が可能で、全勢力から選りすぐりの女性武将を採用しての編成も視野に入る。
ただし同盟者の将器を持っている女性はVer1.1.0A現在、魏R丁氏・呉R陸鬱生・群SR鄒氏(堕落への誘い)のみなので注意。

SR孟獲

武将名もうかく南蛮王
孟獲「ガーッハッハッ!!
  肉だ、肉持ってこーい!」

南蛮の地を治める王。蜀に対して反乱を起こし、中原では絶滅していた戦象を使った軍を率いた。南蛮の地の利を活かす戦術で、侵攻してきた諸葛亮と七回に及ぶ合戦を繰り広げたが、諸葛亮の器に心服し、蜀への帰順を誓った。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技復活
将器復活減少 復活減少 復活減少
計略南蛮王の大号令群雄の味方の武力が上がる。象兵であれば、さらに兵力が徐々に回復する
必要士気7
Illustration : 風間雷太


新兵種の象を引き連れ新シリーズに帰ってきた南蛮王。Ver.1.1.0Aで追加された。

将器を覚醒させる事が前提なスペックなのか、単純な数値は2コスト並みで物足りない。
仮に覚醒させなかった場合、復活時間25秒でこの数値なので計略込みでも2コス並みに弱くなってしまう。
一方で特筆すべきは特技復活と、将器復活の両立。副効果2つのUC以下では何枚かあるが、R以上では本カードが初。
はじきによる強制的な押しの強さと、W復活による回転力で、相手陣に強引に攻め込む運用に適してる。
低知力だが復活速度のおかげでダメ計には強く、征圧1もはじきによる塗りやすさがあるため、数値ほど比べ欠点も感じにくい。
トータルで見れば、象兵の特徴を活かしやすい性能になっている。
ただし、妨害計略には成す術がないので注意。

その将器は3種類とも「復活減少」となっており、事実上の主効果固定となっている。
EXやSTといった将器完全固定のカードは存在したが、通常排出で将器が固定されたカードとしては初となる。
…となると、問題は副効果だが、大当たりは当然活活活。3秒縮まるのでトータル-14秒となり、全武将最速の16秒復活が可能になる。
だが、兵力をはじめ他の3種揃いもスタイルによるが相性は悪くない。要は信号機でなければ将器は強い方と言えるだろう。

計略は群雄の味方全体を+5し、象兵なら兵力回復も付与する号令。効果時間は7.9c(Ver1.2.0A)
元々硬い象兵にリジェネが付き、驚異的な硬さで相手を圧倒することが出来る。

なお群雄では初のノーリスクの大型号令となる。
象兵以外の効率は落ちるものの、他勢力の英傑号令と渡り合える貴重な計略となる。
Ver1.20にて象兵が追加され、待望の象単が数パターン組めるようになった。

総合して、象兵の強みを存分に生かせるスペックと計略となっており、バランスの良い一枚。

修正履歴

Ver.1.1.0B 兵力回復量増加
Ver.1.1.0C 効果時間短縮(知力依存度低下)
Ver.1.2.0A 効果時間延長 7.5c→7.9c

R孟優

武将名もうゆう
孟優脳筋の相手は疲れんだがねェ。
  ・・・・・・ま、とことん付き合うさ」

南蛮王・孟獲の弟。敵対する蜀軍に対して、偽りの投降を行い、諸葛亮を生け捕りにする計画を企てるも失敗。逆に諸葛亮に捕らえられたが、解き放たれた。その後も孟獲は蜀軍と戦うが、孟優は最後まで兄と共に戦い抜いた。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力6 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器復活減少 城門特攻 同盟者
計略はじき戦法武力と移動速度が上がり、敵をはじき飛ばす距離が伸びる
必要士気3
Illustration : 西野幸治


この人も諸葛亮に兄共々弄ばれたのだが、何故か脳筋を見下すフレーバーテキスト。
新兵種の象兵で一応一計を案じたということからか、兄よりも知力が高く
いきなりの登場でコスト比かなりのハイスペックを備えている。

将器も城門が一歩劣る以外は優秀で、覚醒の価値は十分にある。

計略のはじき戦法は象兵の性能を上げる単体強化。
武力+2に移動速度が約2倍に上昇、更に象兵の突撃時に弾き飛ばす距離を延ばす。
距離はカード3枚分程度で効果時間は4.2c(Ver1.1.0C)。

武力上昇は少なく敵を吹き飛ばしてしまうので追撃はかけにくく、この計略での殲滅力はほとんどない。
この計略の真骨頂は敵の殲滅ではなく、大きなはじき飛ばしである。
守城時に相手の攻め上がりの足並みを強引に乱したり、攻城中の敵を無理やりはじいて攻城をリセットさせたり
攻めでもこちらの攻城を妨害する敵をはじき飛ばして攻城を入れるサポートができる。
特に武力しか上がらない類の単体の超絶に強く、延々はじき飛ばして全く仕事をさせないこともできてしまう。

守りが苦手なデッキ攻城を入れたいデッキにとりあえず入れるだけで働け、しかも士気が軽い。
おまけにこの効果は立ち回りでは防ぎにくく、単純な強化で何とかできないので相手にすると厄介。
本人のスペックも高いので多くのデッキに採用できる。
群雄の場合攻城兵や陥陣営など、一撃の攻城で勝負が決まるようなカードもあるので
強引な攻城を狙う場合はこのカードのサポートも加わると非常に恐ろしい。
新兵種ながらいきなりスペック計略ともに非常に優秀なカードが登場している。

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間短縮 5.8c→4.2c

R盧氏

武将名ろし妖しき仙女
盧氏「米は体を、教えは心を
  生かすもの・・・・・・なのじゃ♪」

五斗米道の教祖である張魯の母。益州を席捲していた劉焉に近づき、張魯との関係を取り持った。これにより張魯は拠点を漢中に置き、教団を統一することに成功した。妖術を用いて、少女の姿を保っていたといわれる。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器復活減少 防柵強化 士気上昇
計略妖狐の導き撤退中の味方の歩兵が復活し、征圧力が上がる
必要士気6
Illustration : 匡吉


計略は歩兵限定で全部隊兵力6割で復活、効果時間は約10c、復活した部隊のみ征圧力が+2される。
分かりやすく言えば歩兵限定の太平要術太平要術と違い自身が撤退しないのは良いが、歩兵限定という制約が非常に大きなデメリットとなる。
Ver1.2.0C時点ではコスト2歩兵は全勢力見ても一枚のみ、コスト1.5歩兵が数枚程度で残りはコスト1が殆どを占めているので、どうしても決まった形のデッキになりやすく、
乱戦しか攻撃手段を持たない歩兵では、兵種アクション強化や移動速度強化等の計略を使われると、それだけで壊滅しかねない程のピーキーさを持つ。
せめて一部隊は歩兵ではなく兵種アクションを持つ部隊を入れた方が安定するかもしない。

太平要術は兵力が徐々に回復するのに対し此方は征圧力+2。効果そのものは強力だが復活した部隊のみ追加なので、やはり歩兵にしか付与されない。
本人の能力も張角と比べると防柵を持った代わりに大幅に知力が低下しており、他の歩兵も低知力が多いことが災いしてまとめてダメージ計略で倒される危険性が高い。
他勢力の歩兵を持ってこようにも、群雄以外では計略が強すぎる・特殊すぎる故に歩兵にされてる武将が多く、混色で組むメリットは薄い。

EXカードとしてコスト3歩兵の名探偵呂布こそ追加されたが、彼を入れるとワントップ型になりがちな為、様々な投げ計略を入れたほうが相性が良く、
復活にしても息子の張魯の方が相性が良いと、逆に彼女の起用率を低下させる一因となってしまっている。

複数の味方に征圧力+2自体は強力なので、使うのであれば槍兵より早く槍兵より若干高い攻城力で攻城を狙いつつ盤面を塗る戦術で押すのが良いと思われる。
どちらかというとネタカードにやや近い、実質的に趣味の1枚な為、戦場で見ることは稀だろう。

C阿会喃

武将名あかいなん第三洞元帥
阿会喃「ドッタンバッタン
   大騒ぎダーヨー!」

南蛮王・孟獲配下の三洞元帥の1人。金環三結、董荼那らと共に5万の軍を率いて蜀軍を攻撃するが、張翼に捕らえられる。諸葛亮の策により釈放され、策通り見事に孟獲を捕縛するも、釈放された孟獲に恨まれて殺された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 遠弓術 復活減少
計略野襲の遠弓武力と射程距離が上がる。さらに敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気4
Illustration : Daisuke Izuka


某動物園にいそうなキャラクターになってしまった、南蛮の将が一人。

スペックは弓版厳白虎。
ただ、弓の1.5コスト武闘派の復活弓としては既に李傕がいる。
困った事に将器が二つも被ってしまっており、単純にスペック要員として見るならばあちらに分がある。
採用するならばあちらには無い復活減少や知力3、計略を重視したいところである。
征圧2は弓なのであまり活用の機会が無いが、デッキの総征圧に悩むのであれば一考。

計略は野襲の遠弓。武力+3に遠弓効果がついて、撤退させると城ダメージが奪える。
城ダメージは2.5%(Ver.1.2.0C)と、弓矢で一方的に攻撃できる影響で他の野襲計略に比べるとダメージが低い。


SR侯氏

武将名こうし白馬の天騎
侯氏「伯珪、あたしも天下に連れてって!」

北方の雄・公孫瓚の妻。その馴れ初めは、侯氏の父が公孫瓚の容姿と才覚に惚れ込み、娘婿に迎えようと考えたことからだった。その後、公孫瓚は盧植に師事して、一群雄へと成長。侯氏は公孫瓚を精神的に支えたとされる。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略白馬陣味方の移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 赤賀博隆


公孫サンの妻がかつての夫の計略を携えてVer.1.2.0Aにて追加。
スペックも三国志大戦初代の夫のものに準拠している。
将器はどれも扱いやすいが、速度上昇については計略と重なるため優先度は下がるか。

計略は速度を上昇するのみのシンプルな号令。
12C程度、上昇量については情報待ち。(Ver1.2.0C)

軽めの士気の号令だが、号令コンボとして組み込むよりは、
征圧戦・消耗戦に持ち込んだり、相手の号令から一度引いてからのカウンターを狙ったり、先撃ちする事で相手の士気を吐き出したりと、
場荒らしや裏の手として単体で使う事の方が多い。12C程と号令としては長めの時間なのも、そういった戦術と相性が良い。
計略名のように速度を最大限に活かせる騎兵が中心となるが、兵種制限はなく、どの兵種でも移動速度が上がるのは優位に立てるので、大体どのデッキでも役に立つ。

武力は上がらないので安易な乱戦は勿論、騎兵の突撃や象の突進等も移動速度増加でやりやすくなっているが威力自体は上がっていないので、真正面からの激突も避けたい。
敵を上下左右に揺さぶりながら有利な形に持っていこう。

UC公孫越

武将名こうそんえつ
公孫越「天を翔け、勝利をこの手に!!」

北平の太守・公孫瓚の弟。公孫瓚が袁紹と共謀して冀州を奪った後、冀州分割を申し入れるための使者となったが、任務から帰る途中、袁紹の兵の闇討ちによって射殺された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略攻城術の号令味方の武力が上がり、敵と接触しても攻城ゲージが増えるようになる。ただし強制的に前進する
必要士気5
Illustration : ヨシモト


あまりにも哀れな最期を遂げてしまった公孫瓚の弟が、大戦初登場。
一応さんぽけにおいて先行登場しているものの、そちらでも呆気ない最期を遂げてしまっている…。

スペックは2コスト7/5と2コストとしては平均レベル。
但し、2コスト騎馬では群雄勢力どころか全勢力初の攻城持ち(Ver1.2.0C現在)である。
下記の計略とは上手く噛み合っていると言えるだろう。

計略は武力+4に加え、味方に将器攻城術を疑似的に与える代わりに、強制的に敵城に向かって前進してしまう。
過去作に存在した特攻号令に近いが、あちらと違い攻城力を上げる効果は無い。
また、この計略による攻城速度は攻城術よりもやや速い。
なお、攻城術系の攻城ゲージ上昇効果は重ね掛けができず、一番効果が大きいものが選ばれる。
つまり、攻城術≒攻練の旋律<攻城術の号令である為、この計略が最優先となる。

乱戦しても攻城ゲージがじわじわ蓄積され攻城が成立する効果は、攻城兵だと与えるプレッシャーが絶大になる。
ただし旧シリーズの特攻号令と異なり、城門に重なる形で攻城してもシステム上城門を叩けるのは1部隊だけで他部隊は城壁扱いなのは注意。

ちなみに、肝心の兄・公孫瓚との相性は物凄く悪い。

R兀突骨

武将名ごつとつこつ烏戈国王
兀突骨「ウヌー、蜀軍、小サイ!!」

南蛮・烏戈国の王。身の丈3メートルに近い大男で、身体は鱗で覆われ、生きた獣や蛇を食べるという特異な人物。蔦を編んで油で固めた鎧を着た「藤甲兵」を率いて蜀軍との最終決戦に参戦し、諸葛亮を大いに苦しめた。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力9 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略無敵藤甲武力と移動速度が上がり、武力ダメージを軽減する。さらに敵をはじき飛ばす距離が伸びる
必要士気6
Illustration : ヨシモト


三国志ではカルト的な人気を持つ兀突骨が登場。
その設定を拡大解釈されたか見た目は完全にスーパーロボットにされてしまった。どう見ても3メートルどころの騒ぎではない。
他にも撤退台詞が明らかに爆発してしまっていたり、復活台詞が起動音(しかもノイズ入り)だったり、色々な意味で突き抜けている。

南蛮の例に漏れず2.5コストの9/1と脳筋だが征圧2を備え、勇猛・攻城を持つ。
特に攻城力が凄まじく、深壁でも12%程を削り取れる。
将器も強力なものが揃っており、戦闘面では最強の象兵といえるだろう。
反面伏兵、ダメ計、妨害など知力が絡むものにはとことん弱い。復活が無いため、戦線復帰に時間がかかるのも難。

計略は無敵藤甲。武力+4、はじき距離3倍?、移動速度上昇2倍?(迎撃対象)、武力ダメージ減7割?、効果時間約5.8c。
はじき戦法の強化版で、象の長所を色々と伸ばしてくれる計略。守備に強い。
武力ダメージ軽減効果があるため強化状態の敵に突入させるのが効果的。
迎撃されるが刺さっても2割ほどで済むため、迎撃上等で槍兵を弾き飛ばすのも有り。

ただ、超絶強化とはいえたかだか武力13であり、敵を弾き飛ばしてしまうことも多いため殲滅力は低い。
号令とぶつかっても散開されると局面で厳しくなり、効果時間差もあって苦しい展開になりやすい。
そして、この計略では自慢の攻城力をほぼ活かせない。攻城時は硬くなるだけの強化戦法であり、素武力のローテでも易々と凌がれてしまう。
ダメ計挑発などの妨害がいるとそもそも使用すら躊躇われ、はじき戦法のように小回りが利かない。
等々、士気6に見合う性能とはいえない。

現状では最高武力の象兵として他の号令と合わせての攻城役として運用するのがよい。

C帯来洞主

武将名たいらいとうしゅ
帯来洞主「おっ、でっけー魚釣れた!
 今度は敵を釣ってみるかー!」

孟獲の妻・祝融の弟。蜀軍の南蛮征伐が始まると木鹿大王や兀突骨など、孟獲と関係が悪化していた豪族のもとに赴き、協力を取り付けた。孟獲を縛り上げて油断を誘う一計も案じたが、諸葛亮にあっさり看破された。
コスト1.0
兵種象兵
能力武力3 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 地の利 募兵
計略象の護り武力ダメージを軽減する
必要士気4
Illustration : 松野トンジ


魏に先んじられていた、本家群雄待望の1コストの象兵。
脳筋だが武力3復活と上々のスペック。
南蛮王の大号令や呂布ワラを筆頭に様々なデッキに採用される余地があるだろう。
将器は積極的に覚醒させるものではないが、強いて言えば柵に強くなる地の利を仕込んでおくのがオススメ。

計略は防護計略で4c、約50%ダメージ減。
2倍の耐久力を得られるが、黄巾の群れ(士気3、100%回復)でも同じような結果が得られると思うと微妙か。
兵力の残っているうちに使いたいところである。

UC張琪瑛

武将名ちょうきえい
張琪瑛「今日も元気だ、
  お米が美味しいっ!」

五斗米道の創始者・張魯の一人娘。馬超が曹操に敗れて張魯の元に身を寄せると、馬超を取り込むために結婚が計画された。しかし「馬超は結婚で縛ることはできない」と家臣が諫言したことで計画は取りやめとなった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 復活減少
計略お米をどうぞ!自身を除いたいずれかの味方の兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 祀花よう子


どこかで聞いた事があるようなフレーズを口走ってしまった、張魯の娘が参戦。

スペックは1コストにして3/4かつ魅力持ちとなかなかの高スペック。
代わりに征圧は1だが、幸いにしてあまり征圧を活かさない弓兵なのでこの辺は気にしなくてもいい。

計略は投げ「黄巾の群れ」とでも言うべき回復。範囲は戦場全体。
…なのだが、問題は対象が戦場にいる味方武将からランダムで選ばれると言う点。
自分は選ばれない為、回復対象となる部隊を1部隊だけ出せば確実にその部隊を回復させる事は出来る。
無論戦場の味方部隊が増えれば増える程狙った部隊に飛ばなくなってしまう為、単純な殴り合いや総力戦には不向き。
総合的に見ると4枚デッキやワントップ型と言ったデッキ向けだろう。


R張遼

武将名ちょうりょう ぶんえん彷徨う武
張遼 文遠「最強の武人に従うは
   最強を目指す将兵のみ!!」

董卓の配下であったが、董卓が呂布に殺されると呂布の傘下に加わり、その流浪の旅路に付き従った。同じく呂布配下の高順と共にその武を轟かせ劉備や夏侯惇を敗走させた。後に呂布が曹操に敗れて処刑されると、張遼は曹操に降伏した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 知力上昇 速度上昇
計略撃昂の勇武武力と移動速度が上がり、敵を撃破するたびに以下の効果が追加される
1隊:さらに武力が上がる
2隊:さらに武力と移動速度が上がる
3隊以上:敵を撃破するたびに兵力が回復する
必要士気5
Illustration : 春乃壱


コスト2としてはやや物足りないスペックだが、将器に知力上昇を持っており覚醒させることで文武両道型となる。
計略効果の底上げにもなるので、将器は実質1択となるだろう。

計略効果は使用時武力+2、移動速度?倍、効果時間知力将器付で約24.5c
1部隊撃破で更に+2。
2部隊撃破で更に+2、移動速度?倍。
3部隊撃破で兵力+30%

即効性はないが部隊撃破でどんどん強くなるタイプの計略。
ゆえに1部隊撃破する直前で使うのがセオリー。
あとは堅実に突撃を決めていけば士気相応の活躍は容易。
ただし武力上昇自体は2部隊撃破での合計+6で頭打ちで、それ以降は兵力回復のみになり
また速度上昇は緩めという事もあって、他の神速系騎馬にはほぼ押し負ける程度の火力しかない点に注意。
時には撤退を避けるために下がるなど、効果時間の長さを生かした立ち回りを心掛けたい。

SR鄭

武将名てい
「これで、いち、にぃ……
  いっぱい回目の勝ちだぜ!」

姜と共に賊軍を立ち上げた女賊。荒くれ者を率い、各地の混乱に乗じて勢力を広げていった。その勢いはすさまじいものであったが、やがて討伐軍の前に敗れ去った。その敗北を、夢占い師・周宣が言い当てたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 長槍術 速度上昇
計略野襲の剛槍武力と移動速度と槍撃ダメージが上がる。さらに敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気5
Illustration : 竜徹


姜と同じく周宣の話に名前が出ている他に具体的な記述は今の所存在してない女性の賊軍。
姜が「猛牛」に対して、こちらは「餓狼」。

スペックは武力は平均レベルだが、知力は賊らしくやや低め。
何の因果なのか、柵を除けば同じ声の女山賊と同じ性能だったりする。
1.5コストとしてはあまりスペックはいい方ではない為、基本は下記の計略もうまく活かす形になる。

計略は武力+7、移動速度1.5倍、槍撃ダメージ+?、敵撃破時の敵城ダメージ3%、効果時間約8c(1.2.0A時点)。
消費士気5で武力+7というだけでも結構な強さな上に、槍撃ダメージと移動速度も上がり、一方的な連続槍撃が出来れば相手の武力を問わず完勝できる強さを誇る。
更に敵を倒すと城にもダメージを与えられるので、攻城しに行かなくても大丈夫と至れり尽くせりな計略。効果時間も8c前後と長くはないが短くもない丁度良い持続時間である。
さすがに単体で号令を捌けるほどではない為、過信は禁物。
将器の長槍術・速度上昇とも相性が良い。

採用する場合は、コスト的にも自身をメインに据えるよりは、他のカードをメインにしてメインの弱点を彼女が補う形が理想か。
ただやはり1.5コストでこれ程の計略を仕込めると言うのは大きく、初登場からいきなり群雄第2位の使用率を誇るまで大躍進している。
その為運営に目を付けられてしまい、Ver1.2.0 において敵撃破時の敵城ダメージを5%から3%まで下げられてしまった。

C董荼那

武将名とうとな第二洞元帥
董荼那「オ、オ、オラは
 ハヂ知らずじゃナイアルヨ!!」

南蛮王・孟獲配下の三洞元帥の1人。阿会喃、金環三結と共に諸葛亮率いる蜀軍と戦ったが、魏延らの夜襲を受けて張嶷に捕らえられた。諸葛亮に釈放された董荼那は、再び蜀軍に立ち向かうも、不義を馬岱に罵られ退却した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器知力上昇 速度上昇 地の利
計略野襲戦法武力が上がり、敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気4
Illustration : あなQ


何故か完全におバカキャラにされてしまった、南蛮の将が一人。
特に頭の花まで再現されてしまった3Dグラフィックと、明らかに悪乗りしている杉田氏による戦闘台詞は必見・必聴。

遂に群雄に追加された1.5コスト武力6の槍。加えて槍では嬉しい復活持ち。
反面知力も征圧も1しかないが、なんと将器に知力上昇がある。おバカキャラとは一体…。
しかしこれにより征圧1こそどうしようもないものの6/4と、殊の外優秀な1.5槍になりうる。

計略は野襲計略の基本形と言えるもの。

UC樊稠

武将名はんちゅう
樊稠「戦ばっかりじゃ滅入っちまう。
     おまえも一杯どうだ?」

董卓に仕えた猛将。董卓死後、李傕・郭汜と協力し、献帝を掌握。長安を占領して朝廷を牛耳った。馬騰と韓遂が挙兵すると、これを迎撃。韓遂を追い詰めるが、彼が同郷の友であったことから、わざと見逃し、談笑しながら別れたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略捨陣の号令群雄の味方の武力が上がり、計略範囲内が敵軍の征圧領域になる
必要士気5
Illustration : 伊藤未生


董卓四天王の一人が、満を持して初登場。
これで四天王の残りは、張繍の叔父である張済のみとなった。
しかし、裏書の後、彼は李傕に内通を疑われ殺されてしまう…。

スペックは2コストとしては無難な武力7・それなりの伏兵・計略耐性を持つ知力5・征圧力2を併せ持つ。
その一方で特技は弓兵の癖に勇猛・攻城と、やたらと前線で攻める事に特化している。

計略は範囲が直径約10マスの特大円、武力+5、効果時間は6.7Cから7.5cに伸びた。
士気5計略としては破格の効果だが、範囲内の自軍征圧領域が全て敵のものになるデメリットを持つ。
(確定ではないが)内乱1発を犠牲にして広範囲の英傑号令が撃てる、といったほうがわかりやすいかもしれない。

Y軸中央ラインに長居させたい高コスト弓兵には痛いデメリットが目下の課題。
そのケアを考えると攻めているほうが制圧領域を塗り直しやすく扱いやすいだろう。
また、自身が敵城に近づけば近づくほど円の前方が敵城内に埋まるため、塗り替わりのデメリットを軽減可能。
特技を持つ自身の攻城が入ればデメリット分を払拭できる点も大きい。狙うなら全力の補佐を。
群雄勢力は各コスト帯に優秀な白兵要員が居るため、号令に立ち向かい士気差を狙っていくスタイルも面白い。
相手の動きに対応しやすく塗り替えが容易な騎兵編重の構成も優秀で、董白の退路遮断などを仕込むのも有効だ。

将器は計略を軸にし攻城も狙うなら兵力上昇、低武力槍を追い払い騎兵を補助するなら遠弓術がいい。
じっくり考えて自身のデッキに合う将器をチョイスしよう。

UC馮氏

武将名ふうし
馮氏「ぐすっ・・・・・・わたし・・・・・・」

袁術の妻。美しく純粋であったことから、袁術の寵愛を受ける。これを他の側室が妬み「袁術の前では常に涙ぐむように」とそそのかし、純粋な馮氏は実行する。側室たちは馮氏が罰せられることを期待したが、逆に袁術の寵愛は深まったという。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力 防柵
将器兵力上昇 知力上昇 士気上昇
計略野襲の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
敵が撤退するたびに敵城にダメージを与える。ただし自身が撤退すると自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : クロサワテツ


「馮方娘(女)」と言う名の方が有名な袁術の嫁が参戦。

特技に低コストが持ってると嬉しい防柵と魅力を持っているが、それを踏まえてもスペックは最低クラス。
単純に乱戦しかできない歩兵でありながら武力が1しかないため、戦闘面で役立たせるのは非常に難しい。
一応知力と制圧力は高いため、開幕の伏兵踏みや色塗りには使えなくはないが、やはり少し乱戦されるだけですぐに撤退してしまうため立ち回りは非常に気を付ける必要がある。

その分計略は強烈なもので、ゲームの勝利条件である城ゲージを、敵武将を撤退させるだけで減らせるものである。
内容は過去作の野戦の舞いの改良版で、必要士気が増えた分、味方は自身が落ちるとき以外は自城にダメージは負わなくなっている。

但しその割合は一定ではなく、相手は1部隊ごとに6%ダメージだがこちらは舞姫だけとはいえ撤退時には15%ものダメージを受けてしまう(Ver.1.2.0C)。
イメージしやすいように比較対象を出すと相手はコスト1.5歩兵の城壁一発分のダメージで、こちらはコスト???の??一発分である。

最初に述べたようにこのカードは素の戦闘面では役に立ちにくいため、このカードを採用する場合はこの計略が目的となるのだが上記の弱点が非常にネックとなる。
何せ武力1なため耐久力がほとんどなく、相手にコスト1.5以上の弓兵が一部隊でもいる場合、法具等で遠弓効果を使われるとほぼ確実に撤退まで持ち込まれてしまう。
これは殆どの舞姫に共通する弱点なのだが、このカードの場合自分の城ダメージまで付加されているのでこの弱点は致命傷になりかねない。

また他の舞いと違い、味方武将の能力を向上させる類の効果は一切ないために戦闘面でも不利になりやすい。
その為このカードを採用する場合は、デッキ構成から試合運びまで慎重に考える必要があり、総じていうと上級者向けのカードに仕上がっている。

相性のいいのは、超絶強化持ちやダメージ計略などの破壊力のあるカード、また素武力の低さを補える高武力のカードもいい。
変わったところでは高知力の伏兵などをあえて温存し、舞った後に攻めてきた相手の主力カードにぶつける等の戦略も面白い。
とにかく使い手の腕やセンスが試される一枚である。

修正履歴

Ver.1.2.0C 敵が撤退した際の敵城へのダメージ増加 / 自身が撤退した際の自城へのダメージ減少: 5% / 20% → 6% / 15%


C忙牙長

武将名ぼうがちょう
忙牙長「ギャウゥゥゥ・・・・・・ワン、ワン!」

南蛮王・孟獲の配下。武勇に優れ、截頭の太刀を軽々と振り回す猛将。蜀軍の南蛮征伐で、王平との一騎討ちに勝利し退却に追い込む。が、それは諸葛亮の罠であり、敵陣に誘い込まれた末に待ち受けていた馬岱に一刀で斬られてしまった。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 地の利 募兵
計略野襲の跳躍【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力が上がり、敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気4
Illustration : 長澤真


何故か犬人間にされてしまった、南蛮の将が一人。

スペックは厳白虎をそのまま象に変えたもの。
将器は単純に火力を上げる攻撃力上昇が無難か。

計略は野襲計略の一つ…なのだが、何と【飛翔】とあるように計略時に飛ぶ。象が飛ぶ。
同じ計略カテゴリの呂布の「天下無双・飛」同様の仕様なので、飛んでいる間は一切の当たり判定が消えるのも同じ。疑似的に計略を回避する事も可能。
護衛や囮、柵等を飛び越えて瀕死の武将を狙い、野襲の効果を確実に発揮するのが主な用途か。
計略テキストにある武力差ダメージは、これも天下無双・飛と同様あくまで副産物といえるダメージ量なので、野襲効果を主体とした使い方を意識しよう。

ライバルは同じコスト1.5象として高い完成度を持つ孟優。
孟優は特技に復活は持たないが将器に復活減少を持つ為、スペックで勝てる要素が少ない。
こちらを採用するからには孟優が持つはじき戦法とは全く違う計略の性質を活かした戦い方を心がけよう。

UC狼姑

武将名ろうこ
狼姑「アタシとキミ・・・・・・故郷と蜀。
   どっちも仲良しでいたいな」

南蛮の旄牛王の娘。豪族の冬逢に嫁いだ。冬逢は蜀に対して反乱を起こすが、張嶷の計略により誅殺。妻である狼姑も連座する恐れがあったが、張嶷は狼姑に危害を加えなかった。これを恩義に感じた狼姑の一族は蜀に忠誠を誓ったという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器復活減少 速度上昇 同盟者
計略攻練の旋律最も武力の高い味方の武力が上がり、兵力が減少する。さらに敵と接触しても攻城ゲージが増えるようになる
必要士気4
Illustration : オーミー


群雄の通常輩出されるコスト1としては初の武力2で魅力持ち(2種類の董白を含めれば3枚目)の騎兵。
将器に士気上昇はないが、計略の特性上仕方なしか。

攻練の旋律は最も武力の高い味方に武力+5と攻城術を付与する投げ計略。効果時間は約8カウント。
公孫越の計略より武力上昇が1高く、消費士気も1軽いが、対象武将の兵力を25%削ってしまう。
将器未覚醒の武将に4回かけて撤退を確認。Ver 1.2.0C)
発動時の兵力によっては攻城できず撤退→士気丸損という悲劇が容易に起こりうるので、
増援の法や回復計略を用意する、他の武将に守ってもらうなどして攻城役の兵力に注意を払おう。
当然、瀕死の武将に誤爆するなど以ての外である。

勢力や兵種に制限はないので、攻城兵にかければ乱戦しても攻城ゲージが止まらない悪夢が相手を襲う。
しかし、兵力を失うリスクがある以上、使える局面かをしっかり見極めて使いたい。

修正履歴

Ver1.2.0C 兵力低下値減少 30%→25%

EX姜

武将名きょう
「敵に背を見せるな、進めーっ!!」

鄭と共に賊軍を立ち上げた女賊。後漢の権威が衰えて戦乱がはびこると、これに乗じて各地を荒らしまわった。女性が頭領ということで、最初は軽視されていたものの、あまりの勢いに大がかりな討伐軍が編成された。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器知力上昇
計略女賊の猛威武力が上がり、征圧力が徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 織田non


夢占い師である周宣の話に鄭と共に名前が出ている。具体的な記述は今の所他には存在してない。

知力を除けば、中武力征圧2魅力持ちと上々のスペック。
問題の知力も将器を覚醒させれば解消できるので相手を選びながら選別するといいだろう。

群雄1.5コス騎馬の覚醒なし征圧力2以上は武力4の鄒氏のみであったため武闘派征圧2として新たな選択肢となる。

計略は、武力+7で徐々に征圧力が上がるというもので効果時間は10C程度の超絶強化扱いとなっている。(Ver.1.1.5B)
知力依存もそこそこあるので征圧戦を仕掛けたい時は将器を覚醒させてみても良い。

しかし、戦処女の号令では多色になりやすくスペック面で他国の女性騎馬武将に引けを取らないとは言い難いため、
単色での戦処女デッキのパーツとしての採用が考えられるだろう。
その場合、群雄の中での騎馬最高武力であり、鄒氏の同名枠を消費しないため槍の武力を下げづらい点が有難い。

修正履歴

Ver.1.1.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.1.1.5B 武力上昇値増加 +6→+7

EX貂蝉(気まぐれ)

武将名ちょうせん蛍火の美女
貂蝉「甘くないわ。二つの意味で」

古代中国四大美女の一人で、後漢末期の名士・王允の令嬢。天下無双の武将・呂布を引き抜くため董卓の側室となる。時に従順に、時に我がままに振る舞って両者の心を動かし「美女連環の計」を成功へと導いた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職-
特技魅力
将器遠弓術
計略気まぐれな昂揚戦場にいる味方部隊数に応じて、いずれかの味方の武力が上がる。対象に自身が選ばれた場合、戦場にいる味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる。この計略は効果中でも再度発動することができる
必要士気4
Illustration : コトヤマ


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
ネタはイラストレーターのコトヤマ氏の漫画「だがしかし」のヒロイン、枝垂ほたる。

スペックは女性では珍しい脳筋スペック。
C李傕とは復活と魅力のトレードオフになっている。デッキによって使い分けよう。
また群雄の女性武将であるため、戦処女の大号令にとってはありがたいスペック。
彼女の登場でデッキ総武力を落とすことなく女性単を組みやすくなっている。
後述の計略も部隊は他勢力も参照するので魅力を重視するデッキでの出張もできる。

気まぐれな昂揚は戦場にいる部隊から対象をランダムに選ぶ単体強化計略。撤退中や城内にいる部隊は後述の効果にカウントされず、対象にもならない。
戦場にいる味方の部隊数に応じて武力が上がる。上昇値は味方部隊数×1で、部隊数がそのまま上昇値。
この効果は本人でも本人以外でも変わらずに上昇する。効果時間は約8.5c。
もし対象が彼女自身の場合、使用直後に部隊数×1の士気上昇が得られる(Ver1.1.0c)
自身に効果が及んでも、効果時間中にこの計略をまた撃つことが可能。

この計略の大当たりは彼女自身が対象に選ばれた時である。
仮に6部隊が戦場に出ていてこの計略が彼女にかかると、武力12の弓兵が出来上がる上に
士気がこの計略の消費士気をチャラにし、更に+2される破格の効果がある。
逆に他のカードにかかってしまった場合は、6部隊もいれば悪くはないが、4部隊以下で使っても見るものはない。

だが選ばれる部隊が完全にランダムなので、狙ってこの破格の効果を自身にはかけることはできない。
かと言って抽選確率を上げるためにデッキの枚数を減らすと
効果が部隊数に依存するので高い効果が得られないというのがよくできている。
枚数を増やせば低コストが増えるので、強化計略も武力上昇が高くても士気相応程度の効果にしかならない。
総じて非常にギャンブル色が高い計略である。

非常に使いどころが難しいが、これだけの武力上昇があって士気が上昇する可能性があるのは面白い。
やはり自身にかかった時の士気上昇が目玉なので、使うなら枚数多めのデッキの方がよい。
4部隊程度のデッキでこの計略を使うなら、先陣の誉れ等の士気バック確実な計略を使った方が早いし確実。
外れた場合の強化を生かすためにも、デッキパーツは武力スペックを重視して選ぶのが吉である。

当たりを引けた時はかなり嬉しいが、ハイになって無駄な連発などをしないよう心掛けよう。

EX董白(復刻)

武将名とうはく
董白「覚悟おしッ!
 おじいさまに言いつけてやるッ!」

「三国志大戦3」
漢王朝崩壊の主役であり、権力を手中に収めてからは暴虐と贅の限りを尽くした魔王・董卓の孫娘。祖父・董卓から自分の領地を与えられるなど、この世の考えうるすべての物を与えられて育った。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略退路遮断敵を自城に戻れなくする
必要士気2
Illustration : 音楽ナスカ


三国志大戦3からの復刻カードとして登場。

スペックは将器も含めてEXの自分と同一。
どちらを使うかは絵柄の好みで。

本人のスペックも1コストの魅力騎兵としてはかなりいいスペックであり
典型的な『書いてあることが強いカード』の一枚。

コンパチブル武将

Ver.1.0.5C EX(R)董白(退路遮断) ※龍玉商店にて入手可能


EX呂布(復刻)

武将名りょふ ほうせん
呂布 奉先「我に敵無し。
 我が前に立つ者、すべて屍と化す」

「三国志大戦3」
裏切りを繰り返すも、その強さゆえ「飛将軍」と称えられた、三国志最強の武人。虎牢関の戦いでは、関羽、張飛、劉備の三人を一度に相手して圧倒する、まさに鬼神の如き強さを発揮した。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器速度上昇
計略天下無双・飛【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気7
Illustration : 獅子猿


三国志大戦初代〜3の天下無双呂布の復刻カード。計略は天下無双・飛なので注意。
将器を除けば第1弾SR呂布(天下無双・飛)コンパチ。運用はそちらを参照。

将器が第1弾SRの自分に無い速度上昇+速速速。ゲーム中最も素早い最高武力の武将である。
騎馬同士のタイマンでは先に突撃を喰らうことがなくなるため、有利な突撃合戦や最高武力を活かした乱戦、追撃、離脱の選択権を握れるのは非常に強い。
誰も逃げられず死ぬまで追いかけてくる様は恐怖そのもの。
「人中の呂布、馬中の赤兎」と呼ぶに相応しい、最強の騎馬といえるだろう。

一方で、乱戦の強さは兵力上昇や攻撃力上昇に及ばない。
将器を選べないという贅沢な悩みもあるため、採用はデッキパーツやプレイング、カード資産等と相談して決めたいところ。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR呂布(天下無双・飛)

EX呂姫(無双天騎)

武将名りょき無双の戦姫
呂姫「強敵との戦か……腕が鳴るな!」

呂布の娘。呂布が李傕・郭汜に長安を追われた際、厳氏と共に龐舒にかくまわれ、徐州を手に入れた呂布と再会した。のちに袁術の息子との政略結婚を持ちかけられるも、自分より弱い者に従うのが嫌だったのか、これを拒絶した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力3 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器征圧力上昇
計略無双天騎武力と移動速度と兵力が上がり、突撃オーラが出るまでの時間が短縮される
必要士気6
Illustration : 村上ゆいち


2018年3月19日発売のムック本、三国志大戦英傑録第一集の特典となっているEXカード
他のEXカードと同じく将器は固定で、彼女の場合は征圧速速速。

計略はSR趙氏の持つ子龍の如くの亜種といったところ。
効果は武力+10、兵力+40%、速度+30%、3.6c(知略知略で4.4c)。
効果時間の短さがネックで、+10とは言え単純に乱戦しても元の武力がコスト相応であるため士気に対した成果を上げづらい。かといって無理に突撃を狙えば槍を出されたり広範囲で散らばっていたりされることでほとんど何も出来ずに終わることすらある。
その分破壊力は凄まじく、連突がしっかり出来れば士気以上の戦果は充分に見込める。
主力計略とするには厳しいが、裏の手として入れるにはスペック含め充分な能力となっている。

EX於夫羅

武将名おふら軍場の荒鷲
於夫羅「懐かしき山河よ・・・・・・
   私は必ず取り戻してみせる」

遊牧騎馬民族・匈奴の右賢王。反逆者に自国を奪われ、帰る国を失った後も群雄割拠の時代を戦い、独立勢力を保った。黒山賊とともに袁術の陳留進出を支援したが、袁術が曹操軍に大敗すると、曹操に帰順した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術
計略孤軍戦法武力と征圧力が上がる。ただし征圧する領域が反転する
必要士気4
Illustration : ジョージ


スタンプキャンペーンのEXとして登場。

(Ver1.2.0C時点で)群雄二枚目となる武力8槍。
実は全勢力でもコスト2帯の槍で武力8征圧2を持ちながら知力3以上は希少だったりする。
将器は長槍術と速度×3で固定。

計略は士気4で武力+7、征圧+10。効果時間は6c程度。(Ver1.2.0C)
士気4で+7という効果は破格と言える。
ただし、効果中は征圧領域が反転し敵の征圧領域になってしまう。
この征圧上昇は凄まじく、劉備の大徳並みの範囲にまで広がる。即ちその範囲が敵征圧領域になってしまうということである。
同じく大範囲を敵征圧領域にしてしまう計略にはUC樊稠の捨陣の号令があるが
あちらは即座に征圧し返す事も可能なのに対して、於夫羅は効果時間中は征圧し返す事もできない。
効果時間は長くはないが、計略を使うなら実質的に内乱1回は被弾する覚悟が必要になるだろう。

城際で使えば範囲の半分は戦場からはみ出るので優勢を取るのは厳しいが劣勢になりにくくデメリット部分を軽減できる。
こちらの内乱確定の時や、敵の高コストが攻城してきて内乱以上のダメージを受けそうな時等の瀬戸際防衛で使うのが無難。
ただしタイミングを見誤ると内乱を二回受ける羽目になる可能性がある点には注意。

反転はしているが征圧力そのものは大きく増加しているので、蜀のR蒋琬の征戦の号令との計略相性はかなり良い。
上限が設定してあるらしく武力+9で打ち止めだが、一時的に武力24になるためぶつかり合いではそうそう負けないだろう。
混色かつ士気9使う上に、孤軍戦法自体の効果時間が長くないのが弱点ではあるが…。

EX馬超(全軍突撃)

武将名ばちょう もうき
馬超 孟起「倒れし者の魂を背負い、
      俺は戦い続ける!」

「三国志大戦3〜蒼天の龍脈〜」
馬騰の息子。父をも凌ぐ勇猛な気性の持ち主で、異民族にも一目を置かれる。処刑された父の仇を討つために曹操に戦いを挑み、討ちとる寸前まで追い詰めた。その勇姿から「錦馬超」と呼ばれた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力1
官職武官
特技勇猛 魅力
将器征圧力上昇
計略全軍突撃味方の騎兵の武力と移動速度と突撃ダメージが上がる
必要士気7
Illustration : 獅子猿


三国志大戦3からの復刻カードとして登場。

群雄では第1弾Rの自分に続く武力9騎馬。
武力知力は同じだが、征圧力はこちらの方が低い事には注意。
将器は征圧力上昇と兵×3で固定。2.5コストで征圧1は物足りないため、覚醒が前提になるだろう。

計略は味方の騎兵の武力と速度と突撃ダメージを上昇させる号令。
士気7で武力+2、速度x倍程度、突撃ダメージ+15%程度。効果時間は5.5cほど。(Ver1.2.0C)
計略を使った時の爆発力は凄まじく、3回も突撃すればほとんどの相手を撃破できる。
集団突撃を決めればまさに瞬殺であろう。
しかし武力上昇は士気7と思えない程低く、効果時間も短い。
槍を振り回されたりして思うように突撃できなければあっという間に効果時間が終わってしまう。
どうやってこの計略の爆発力を生かしていくか、使い手の腕が問われる一枚。

デッキとしては騎馬単がセオリーになるが
騎馬以外には効果がかからない点を逆に利用し、他兵種を入れて突撃のための壁として扱うという手もある。
乱発できる計略ではないため、全軍突撃が生かせない相手への選択肢も用意しておきたい。

EX呂布(名探偵)

武将名りょふ ほうせん日清食品「名探偵呂布」
呂布 奉先「謎が俺を呼び、
  俺がまた謎を呼ぶ!」

日清食品「名探偵呂布」
知力1の頭脳だが、武力100の肉体を持つ探偵。貂蝉ちゅわんを奪われた事を切欠に、董卓の策にかかるも"無知の知の計"で破るなど、頭脳(?)と力技で数々の難事件を解決した・・・・・・という噂。
コスト3.0
兵種歩兵
能力武力100 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇
計略腕立豪雨(プッシュアップ・スコール)ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気12
Illustration : 長沢克泰うどん


二つ名の通り、日清食品とのコラボEX(LE)カード。
基本スペックは無双呂布の兵種が歩兵になり、計略も衝撃の必要士気12
有用なカードが少なくない現シリーズのEXカードとしてはかなりネタ色が強い。
一方でポリゴンモデルの再現力の高さや、カップヌードルの宣伝を忘れないあたりはコラボ相手への配慮がなされている。
カードデザインも武力10の隣にもう1個0(つまり武力100)が書かれているが塗りつぶされているのも細かい。

将器は攻撃+城城城の城殴り重視型。
何気に全シリーズ通して初の3コス歩兵で、覚醒させ武力10城門1回でちょうど25%強と、4回殴ると落城する。
武力11相当の肉壁は、士気を払わないとそうそう落ちないしぶとさを誇る。

計略は戦場全域に及ぶ知力ダメージ計略。もちろん敵全部隊対象。
計略カテゴリーと戦場での演出は「水計」だが、計略ムービーは衝撃波動のものと同じ。
ただしため計略となっており、ため時間はカップヌードルらしく3c…ではなくどん兵衛のような5c(Ver.1.2.0D)。
初代作のEX諸葛亮(コスト2で8/1の伏兵持ち歩兵)のように知力1のダメ計なのでダメージはお察し……ではなく、
さすがに士気12も使うだけあり基本ダメージは結構高い。
同知力で100%前後(将器無し確殺)、知力依存が低いので知力+5相手でも8割以上(知力依存推定±4%以下)と、
高知力に対しても兵力満タンからは殺しきれずとも大ダメージを奪うことはできる。
「決まれば」敵部隊を壊滅に追い込めるが、呂布本人がダメージ計略に弱い、溜めが長く逃げられやすい、
再起を使われると士気面で完全に不利になる等々、挙げるとキリがないくらい欠点も多い。
ネタとロマンの塊のような計略なのは間違いないだろう。

ちなみにこの「腕立豪雨」はれっきとした原作の技。
見た感じただの腕立て伏せなのだが、プッシュアップの要領で積乱雲を作ると言う名探偵呂布らしく奇想天外な技。
なお、実際に呼んだのは日本列島全域を覆う超巨大台風である…。

修正履歴

Ver.1.2.0D ため時間短縮 6c→5c

EX趙氏貞(多勢の大号令)

武将名ちょうしてい越南の女傑
趙氏貞「あんちゃま助けるために
     ひと肌脱ぐよ〜!」

兄・趙国達と共に呉に対して反乱を起こした女傑。交州九真郡で反乱を起こすと、呉軍と半年にわたる激戦を繰り広げた。反乱は失敗に終わったが、後世、救国の英雄として祭り上げられた。身長は9尺、乳長は3尺と大柄な体格だったという。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力7 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力 攻城
将器攻城
計略多勢の大号令味方の武力が上がる。この効果は味方部隊数が多いほど大きい
必要士気6
Illustration : めろん22


2枚目になる趙氏貞。
スペックは征圧力は低めだが武力・知力は号令持ちとしては及第点で、さらに有用な二つの特技を持つ。
また、特技攻城将器攻城術を兼ね備えているため、城ダメージの与えやすさ・威力が大きいのも有難い。

計略の多勢の大号令は勢力を問わない全体強化で、武力が範囲内の味方の数×1上がる。効果時間は約8c程度。
必然的に最大効果を得ようとするとワラワラデッキになるので、各国のオーバースペックを集めて号令で一気に城ゲージを奪うのもいい。
また普通に5枚でも士気6としてはノーリスク号令なのでこれも実用範囲だが、味方を減らされた状態では満足な効果が出ないので過信は禁物。
他にも、魅力持ちや将器の士気上昇を盛って開幕から攻め上がる構成も選択肢に入る。
ワラワラなら悲哀も裏の手として仕込みやすいのも○。手にとってじっくり実用を考えてみてほしい一枚である。