カードリスト:漢 第2弾


SR袁紹

武将名えんしょう ほんしょ河北の覇者
袁紹 本初「天下が余の勝利を望んでおるのだ!
   無駄な抵抗はやめよ、孟徳ッ!」

名門・袁家の出身で、曹操とは幼馴染。都を混乱させた董卓が死に、群雄割拠の時代になった後は名だたる名士を配下にして、河北に強大な勢力を持った。同じく天下に号令せんとする曹操と官渡で激突。天下分け目の戦いを繰り広げた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略栄光の大号令漢の味方の武力が上がる。この効果は自軍の士気が多いほど大きい
必要士気7
Illustration : lack


河北の雄、袁紹が他の英雄達から遅れて初登場。

スペックは非常に平均的なコスト2武将のものだが、号令持ちにありがちな低武力は回避している。
同じコスト2槍の英傑号令持ちの劉備の大徳の劉備と武力と知力の数値が逆になっているのだが、
その分特技から復活が削除され、魅力のみになっている。
計略を使用するタイミングが非常に難しいので、低武力でも復活があった方が使いやすかったかもしれない。

栄光の大号令は、自軍の士気を参照して武力が変動する号令。
武力の計算値は自軍の士気-4か。士気12で打てば武力は+8される。効果時間は約8c。(Ver1.1.0A)

士気7の大型号令であることを考えれば、武力上昇は最低でも+6は確保したいところ。
つまり士気9以下の時にこの号令を撃っても全く費用対効果に見合わない。
また、仮に士気があってもこちらがラインを上げていない時に打てば攻城は取れず、
計略の仕様上、連打では攻められないため一度使えばまた使うタイミングを計ることになる。
最大効果の全体に武力+8は破格だが、それを如何に上手くマウントを取った状態で使うかに全ての問題が集約される。

幸い袁紹軍の武将は士気フローに優れた計略を色々と持っているので、それらを使って上手く士気を調整していきたい。
だが袁紹軍の武将達は非常に癖の強い性格をしたカードばかりでもある。
田豊、沮授など低武力や歩兵を採用すると、いくら号令で武力を上げても他の英傑号令などに押し負けてしまったりもする。
かといって顔良、文醜などの高武力だが低知力の武将ばかりで固めても、妨害やダメージ計略に止められやすくなり
なかなか一長一短なので、デッキ構築で弱点が分散するよう調整したい。

最大効果が強烈でも武力しか上がらない、そして連発はできないことから対策もされやすい。
また最大効果でも相手の同士気の計略を常に跳ね返せるような圧倒的さには欠ける。
赤壁の大火を食らえば袁紹も瀕死になり、かといってデッキが低武力に偏れば各種英傑号令と痛み分け程度でしのがれてしまう。
常に士気漏れを気にする必要もあり、守りでこの号令も打ちにくいため、留意点も非常に多く、
同勢力の漢鳴の大号令が非常に圧倒的なこともあり、やや影が薄い。
一応漢鳴の大号令と違い、上手く使えば1試合に最大効果で2回は撃てるので
ゲームプランに自信があるプレイヤーが使うと非常に強力な号令である。

C王允

武将名おういん しし
王允 子師「ようこそお越しくださった。
 精一杯、おもてなしいたそう」

若き頃に「王佐の才」と名士・郭泰から認められた漢の忠臣。董卓が都を掌握すると、司徒に任命され政務を執行した。しかし董卓の目に余る暴虐な圧政に国の存亡を憂い、秘密裏に董卓暗殺計画を立て、呂布を利用し、これを成し遂げた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 漢鳴
将器長槍術 復活減少 速度上昇
計略漢鳴の離間【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵の武力を下げる 漢鳴2以上:さらに移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 三好載克


貂蝉の養父であり、貂蝉と共に董卓と呂布を仲違いさせる「美女連環の計」を謀った漢の忠臣。

武力は1と脆いが、高知力に征圧2、伏兵持ちと上々のスペック。
漢軍1コス伏兵は中知力の伏寿か征圧力0でネタ枠の十常侍しかいないため伏兵採用でも十分考えられる。
将器は覚醒しなくても問題ないが、武力1槍兵にありがたい速度・長槍・復活と揃っている。

計略は、漢鳴版の離間の計であるがこちらは知力が低下しない。
その代わり本家よりも武力低下値が大きくなっており1回で十分な戦果を上げることが出来る。
漢鳴号令の裏の手やワラパーツとして採用しやすい。

同じ漢鳴妨害計略としては使用士気が安い上に計略の武力低下値が高く、素武力もある孔融がいるが、
あちらは効果に速度低下がなく敵に逃げられやすいという欠点を抱えている。
こちらは武力を補う序盤の伏兵と速度低下により相手を逃がさない確実な妨害と、差別化が図られている。
特に高武力弓兵との相性が良く、自身の兵種補完と計略の両方とかみ合っているので一緒に採用してみると良いだろう。

R王美人

武将名おうびじん
王美人「あの子が大きくなる頃、
 今より平和でありますように」

霊帝の側室。何皇后に次いで霊帝の寵愛を受け、のちの献帝・劉協を生む。しかし、何皇后から激しい嫉妬を受け、毒を盛られて殺害された。劉協は幼くして母を失ったが、その養育は霊帝の母である董太后が引き継ぎ、聡明な少年に育った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職-
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 突撃術 復活減少
計略漢鳴の雷撃【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
いずれかの敵に雷によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : 夢路キリコ


献帝の母親で、即位後に存命していれば皇太后になった女性。

漢の1.5コスト騎兵では唯一征圧力2を持っているが、最も武力が低い軍師型。
女性なので魅力を持っているが、計略も含めて蜀の徐庶を意識した様なスペック。

漢鳴の雷撃は漢鳴レベルに応じて威力と落雷の本数が変化するダメージ計略
1部隊に落とした場合、威力は漢鳴レベル0で知力1確殺、レベル1で知力2確殺(3は瀕死)、レベル2で知力5確殺、レベル3で知力16以上確殺。
落雷の本数はレベルごとに1→2→3→5と変化する(Ver1.1.0C)。

漢鳴レベルを上げる意味ではやや重いのだが、レベルを上げた時の威力がすさまじい。
漢鳴レベル0でも呂布などを退けるには十分だが、漢鳴レベルを1でも上げると破格の威力を誇る。

強力な計略なのだが、問題は自身の低武力スペックと士気が5であること。
また漢鳴デッキの場合一度使うとレベルがリセットされることもあり、使う計略の順番は非常に重要。
レベル1〜2ならよくて1試合に2回、レベル3は1試合に1回が撃てる限界なので
彼女の計略をどのレベルで使っていくか、プラン立ても必要となる。
皇甫嵩や曹操など、明らかにレベル3で使うことを推奨されている計略でないことで運用が逆に難しくなる。
相手のデッキや試合展開で流れを読み、使うタイミングを間違えないことが重要な切り札的存在なので
そのカードをどこで引くかで戦局が大きく左右される、ジョーカーのような役割を担うカード。


SR何皇后

武将名かこうごう唯我独尊
何皇后「許してほしければ・・・・・・
   分かってるわよねー?」

大将軍・何進の異母妹。屠殺家という下賤の出自だったが、賄賂を用いて後宮に入ることに成功。その美貌で霊帝に気に入られて、劉弁を生んだ。嫉妬により、献帝の寵妃・王美人を毒殺するなど、気が強く傲慢な性格であった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力 漢鳴
将器知力上昇 長槍術 速度上昇
計略美女の毒牙【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵の兵力を徐々に減らす。この効果は城に入る事で消滅する
必要士気4
Illustration : Nidy-2D-


黄巾の乱後、実質的に漢王朝にとどめを刺す混乱を招いた傾国の美女。
庶民から皇太后になるために政敵を毒殺したりして一時天下を握る、ある意味乱世の奸雄。

スペックは1コスト槍としては上々で穴がない。とりあえず枠が余ったら投入していいレベル。
将器は全て後述の計略も含めて牽制に有効なので、他に回す予定がないなら彼女に回してもいい。

美女の毒牙は群雄の李儒が持つ滅国の毒牙のような毒計略。
演義では自分を殺した相手に似た計略を持っているというのは皮肉である。
通常の知力の漢鳴レベル0では知力1も確殺できず、兵力は2割程度残る。
漢鳴レベル3で知力3まで確殺。知力4が兵力がミリ残る(Ver1.1.0A)。

効果だけでいえば物足りないが、他の漢鳴レベル参照計略も0で使えば非常に頼りないので
この計略は武力に依存せずに効果が出るという意味では心強い計略である。
特に漢鳴デッキで対処が苦しい号令に対して強く
確殺はできなくても連打をすれば十分な抑止力にもなる。

勿論漢鳴レベルを上げれば威力は上がるが、兵力が減るスピードは変わらず瞬間で落とせるわけではない。
また帰城されれば効果が終了することからレベルの上がった計略で後半攻勢をかける漢鳴デッキといまいち噛み合わない。
強力な号令を城際で撃たれた時にこの計略を撃つ、もしくは連打などでしのいでいくのが使いやすい。

漢鳴レベル0の時の対号令の抑止力に関してはトップクラスなので非常に頼りになるが
増援の法などを使われればこの計略での兵力減少はほとんど相殺されてしまうので過信は禁物。
劉備の大徳のような範囲の広い号令などは範囲に収めきれないので注意したい。

C何進

武将名かしん すいこう豚犬大将軍
何進 遂高「ブヒヒ、ワシってば
   今日もいい男なのだ!」

何皇后の異母兄。元々は食肉の解体をする仕事をしていた庶民だが、異母妹が霊帝に寵愛されると共に取り立てられ、ついには大将軍まで昇った。しかし自身は部下に頼るくせに優柔不断な性格で、最期は政敵の十常侍らに殺された。
コスト1
兵種歩兵
能力武力3 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 捕縛術 征圧力上昇
計略何進の大号令味方の武力が上がり、知力が下がる
必要士気4
Illustration : 長澤真


妹が宮中で毒殺などと大胆なことをしていたのに、こちらは優柔不断で小心者と全く似てない何皇后の兄。

スペックは歩兵で無特技とかなり厳しいが、コスト比高武力なのが売り。
1コストの槍消しや征圧などは最低限こなせるため、さほど悪くはない。

計略の何進の大号令は全勢力見ても珍しいコスト1が持つ号令。
範囲はやや特徴的で自身中心の横長長方形。縦幅が非常に狭いので部隊の範囲漏れにに注意。
武力+4、知力低下値は要検証、効果時間は約5c(Ver1.1.0A)。

効果時間にやや難があるが武力上昇は士気を考えれば高い。
詩聖の号令と違い自身も撤退しない上に、号令を入れることでデッキの総武力を落とすこともない。
知力が低下するため、範囲を調整出来る火計持ちなどの前では使えないが、
デメリットに関しては避けようがないというほどのものでもなく裏の手としては十分で仕込みやすい。

漢鳴デッキにはやや噛み合わないが、栄光の大号令のデッキパーツとしては有効。
同じような役割の田豊はコスト比低武力の歩兵なので、どうしてもデッキの戦闘力が落ちてしまう。
隙なき攻勢は士気が返ってくるのは嬉しいのだが、武力上昇が低く
栄光の大号令が撃てない時に隙なき攻勢で城を守るのには非常に手を焼いてしまう。
何進の大号令は、彼を採用してもデッキの総武力が下がらず、守りでこの計略を撃っても
次の攻め時にはその分の士気を取り戻しているので、栄光の大号令の邪魔になることなく運用できる。
勿論士気11以上でなら栄光の大号令のフルコンも狙える。

しかも勢力非限定なので、どんなデッキにも1コストで守りや攻めの一押しに使える号令を仕込めてしまう。
開幕の攻めに関しても、伏兵さえ踏んでしまえばほぼ警戒なく打てる。
1コストコモンの無特技歩兵と一見ネタ寄りの冴えないカードだが、実際使ってみるとなかなか有用なカード。

だがこの計略をメインや城を守る手としてあてにする場合、ダメージ計略持ちなどとの相性ゲーが増えてしまいがち。
明確な弱点が存在するので、それに目をつぶれるかどうかで取捨選択していきたい。

R顔良

武将名がんりょう袁家の二枚看板
顔良「ふ、歯ごたえのない・・・・・・
  私に挑む猛者はいないのか!」

文醜と並び「二枚看板」と称される、袁紹配下の将軍。官渡の決戦の緒戦である白馬の戦いで先鋒を務め、魏続や宋憲を一撃で討ち、さらには援軍としてやってきた徐晃をも撃退した。同僚の文醜とは義兄弟の契りを結んだ戦友である。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器突撃術 城門特攻 攻城
計略先陣の誉れ武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 前河悠一


袁紹軍の猛将・兄。
明らかに名前だけでイラストが文醜と差別されているが、これはSSQではなくもはや各媒体でのお約束。
勿論名前だけで彼がイケメンだったかは定かではない。

スペックは確かに武力はコスト比高めだが、低知力に征圧力1と寂しい。
一応勇猛は後述の計略にはありがたいのだが、それでも常にダメージ計略や伏兵には注意が必要。

先陣の誉れはただ武力が上がるだけの単純な強化だが、効果終了後に自軍の士気が+4される。
武力上昇は+4、効果時間は約6c。(Ver1.1.0A)

士気バックを含めて考えると、実質士気1で打てる強化戦法と考えてもらうとわかりやすい。
本人の武力が元々高いので、士気1で武力12になれるのは決定力はないものの戦場を荒らすには十分。
しかし、小覇王の蛮勇の制圧塗り替えと同じく、「効果時間終了時の付加効果」扱いであるため、
効果時間中に自身が撤退してしまうと士気は帰ってこない。
基本的に、武力上昇を相手に押し付け、相手計略を誘って士気差を作るか、部隊撃破で部隊差を作るか二択を迫っていく運用となる。
生存させられる自信がある場面なら、相手の強化計略に対応して使用し、被害を最小限に抑えつつ士気差を作っていくのもいいだろう。
いずれにせよ、効果時間中に撤退した場合、強化戦法の劣化版となるので注意。
ダメージ計略などを引き出して撤退すればまだいいが、迎撃や伏兵に遭うなど、相手の計略も引き出せず撤退した場合は
コスト2が落ちただけではなく、大きな士気差を相手に与える苦境を背負うことになってしまう。
先撃ちで荒らしていく能力が高いとはいえ、強引な突出はしないようにしたい。

生存させられれば士気対効果は非常に良いのだが、計略単体では並の武力上昇で効果時間も短く、
一気に戦局を変えるような爆発能力は持っていない。
あくまで、士気バックから後続する計略に繋げて初めて、大きな戦果を残すことができる部類。
大型の計略を狙う際に、タイミングが合わない時はとりあえずこの計略で士気漏れを止めて、
士気を無駄にせず攻めあがるなど、使い方次第で攻勢の維持を保つ事もできる。
主君の袁紹との相性はかなり良いほか、漢鳴ゲージ調整にも注意を払う漢鳴中心のデッキで、
サブ計略&総武力を固める際にも採用できそうである。

SR献帝

武将名りゅうきょう はくわ最後の希望
劉協 伯和「この手で漢朝を再興する。
   夢物語では終わらせない」

霊帝の子。暗愚な兄・劉弁とは対照的に、聡明かつ風格のある人物だったため、董卓に擁立されて9歳にして皇帝となる。董卓の死後は戦乱の都を脱して各地を転々とするも、皇帝を尊重する姿勢を示した曹操に保護された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力6 征圧力3
官職文官
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 守城術 募兵
計略漢王朝の希望【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
撤退中の漢の味方が1部隊復活する 漢鳴3:さらに武力と征圧力が上がり、撤退した場所に出現する
必要士気4
Illustration : ゆきさめ


漢王朝最後の皇帝。彼の即位前に漢は事実上壊滅していたが、国に幕を下ろす人物となってしまった。

スペックは非常に厳しく、特に見るものはない。
このコスト帯の征圧力3は珍しいのだが、弓兵という動かない兵種とマッチしているとは言い切れない。
これを生かすのであれば後半に攻め上がれる号令とデッキを組みたい。

漢王朝の希望は撤退中の味方を復活させる計略。
漢鳴レベル2までは復活した際の兵力が60%→80%→100%と変化。
漢鳴レベル3で武力+7、征圧力+3(要検証)、戦場に即復活する。効果時間約9c(Ver1.1.0A)。
撤退している武将が複数いると復活する武将はランダムである。

ノーリスクでの復活計略は五斗の米に次ぐ2枚目で便利だが、
漢鳴レベルが2までの場合、復活する際の兵力が微妙に変わるだけでほとんど差がない。
漢鳴レベル3で使った場合、上昇値は高めだがそれでも漢鳴の大号令より下回る武力ではそちらに士気を回すべきで
単体としては速度も上がらないのでそこまで高い征圧力がなく、超絶強化と言えるような威力はない。
Ver1.1.0A環境では漢鳴計略を超絶のように使う運用は難しく、復活武将がランダムなのもマイナス。
高コストと低コストが2枚落ちている状態では1コストの武力10以下を生むだけという悲惨な結果になりかねない。

現状では高めのラインに高武力を出し、相手にラインを上げさせずにぶつからせ、
撤退したらこの計略で復活させるという漢鳴レベルの上げ役を担ってもらう方が使いやすい。
ある意味では漢鳴レベルに強さを左右されない士気4計略なので、
終盤に他の武将のレベル3計略を連発して攻めたいなど、
他の武将のレベルを下げたくなかったり、レベル3までは計略を使えないカードの多いデッキに入れて、序盤をしのぎたい。


C黄祖

武将名こうそ
黄祖「くふふ・・・・・・江東の虎を討った
 オレ様に、怖いものなどないわ!」

荊州刺史・劉表に仕える将。襄陽の戦いにおいて、敵対する孫堅を討ったことから、孫堅の子である孫策や孫権から仇として狙われ幾度となく戦った。最期は孫権軍の猛攻によって江夏郡の城もろとも滅ぼされた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵 漢鳴
将器攻撃力上昇 遠弓術 守城術
計略漢鳴の遠弓【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と射程距離が上がる 漢鳴2以上:さらに騎兵に対してのダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 木下勇樹


劉表の部下が漢軍で参戦。
1や3の頃と同じで相変わらず弓兵である。

漢鳴の遠弓はレベルが上がるごとに武力の上昇値と弓の射程距離が上がる。
レベル0の状態で 武力+2 & 弓の射程距離が戦場縦幅6割程度に伸びる。
レベル3の状態で 武力+8 & 弓の射程距離が自城城門前から相手の城端まで届く。
特筆すべきはレベル2以上で騎兵に対してのダメージが上がることで、レベル3であれば武力8の騎馬を弓のダメージ判定6回で撤退させることが出来る。(Ver1.1.0A)
ただしあくまで弓の攻撃によるダメージ増加なので、騎兵に乱戦を仕掛けても与えるダメージ量は増えないので注意。
また騎馬以外の兵種にもダメージ量は増えない。
効果時間は約10c(Ver1.1.0A)と知力の割に長め。
他の1.5コスト漢鳴計略持ちと比べると存在もレアリティも地味ではあるが爆発力はある。

SR皇甫嵩

武将名こうほすう ぎしん漢の傑士
皇甫嵩 義真「漢の命運を守るため
   この身、すべてを捧げん」

後漢の勇将。黄巾の乱では波才を破り、張梁らを討ち取り、張角の首を取るという目覚ましい活躍を見せた。後に董卓が実権を握ると、かつて対立していたため誅殺を企まれるが、その潔い態度で董卓を感服させ、命を永らえた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技勇猛 魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の大号令【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の武力が上がる 漢鳴3:さらに兵力が回復する
必要士気6
Illustration : 西野幸治


号令持ちとしては、征圧力を犠牲にした分非常に優秀なスペック。
特技将器も全て優秀で、漢を代表する将軍の面目躍如と言ったところ。

漢鳴の大号令は漢鳴を参照した全体号令。
漢鳴レベル最大で打った時の効果は武力+9、兵力約4割回復。効果時間約9c(Ver1.1.0A)

最大効果は圧巻で、並の英傑号令なら踏みつぶしほぼ無敵といえる全軍での攻勢が可能。
効果終了後のデメリットが薄いため(漢鳴レベルの低下)、天啓の幻以上の圧倒的な戦闘力を誇る。
しかも、兵力回復があるので多少強引にラインを上げる事もでき、城際で打ってしまえば相手は士気を全部吐いても無傷では済まない。
前半に耐えて後半の大攻勢で一気にまくる展開で、一回の攻めで城ゲージ100%奪うことも十分あり得る。

また同勢力のR曹操の計略との重ねがけも強力で、2つの号令を漢鳴レベル最大で打てば
士気11で武力+15という破壊力抜群のデスコンボになり、この形になれば並の計略ではほぼ太刀打ちできない。

皇甫嵩自体が征圧以外は文武両道のスペックを備え、一騎打ちで落ちにくい勇猛も持っており
ダメージ計略も踏みとどまれば兵力も回復されてしまうので発動自体の阻止はなかなかに難しいが、弱点も存在する。
いくら計略が強固でも、法具の効果を無効化はできないので、連環の法は効果的。
こちらがラインを上げて計略を先打ちし、相手の号令を撃たせた後、連環の法で時間稼ぎをして城際での使用を避けるなどの立ち回りは有効。
知力が上がらないのでダメージ計略も有効だが、兵力回復があるため確殺が取れない場合は号令を撃たせた後に使いたい。

また知力上昇はないため妨害耐性はさほどでもなく、「十の因果」や「弱体化の計」など重ね掛けが可能な武力低下計略なら
何とか武力上昇を相殺程度までに持っていくことも可能ではある。
だがそれをするにしても、こちらが大量の士気や法具などを残しておかなければしのげない上
士気を温存しつつこちらも先にリードを奪っておかなければならないので条件は厳しい。
相手も漢鳴レベルを上げる計略は威力は大して高くはないので、前半はこちらの優勢になる展開が多いが
相手は落城さえしなければひっくり返す力はあるため、中盤までに落城させる狙いは慎重に行いたい。
それで落城させられず、士気も失ってしまえば待っているのはフルコンによる圧殺である。

しばらくは対策をしていないデッキでは脅威になることは間違いのない恐ろしいカードである。

C孔融

武将名こうゆう ぶんきょ建安七子
孔融 文挙「ふふん。優秀なボクが
 キミたちに後れを取るとでも?」

儒家の始祖である孔子の子孫。若くして並外れた才能と博識を持ち、儒学の教布にも努めた。朝廷では知識人の中心的存在となり、たびたび曹操の治政を批判したが、その内容は屁理屈じみたもので、ついには曹操の怒りを買って処刑された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力6 征圧力2
官職文官
特技漢鳴
将器復活減少 地の利 募兵
計略漢鳴の弱計【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵の武力を下げる
必要士気4
Illustration : 紺藤ココン


孔子の子孫の割にやけに高慢な文官

スペックは実質無特技と抑えめだが、最低限のものは持っている。
ただスペックのみでの採用は難しいので、計略を目的とすることになる。

漢鳴の弱計は弱体化計略。
漢鳴レベルによって武力低下が2→4→6→8と変化する。効果時間は知力5に約7C(Ver1.1.0A)。
範囲は自身と密着した前方円でカード3枚強の直径。劉焉の野望の謀略とVer1.1.0A現在はほぼ同等。

漢には劉焉の野望の謀略という強力な妨害があり、この計略もレベル1まではその下位互換でしかない。
とはいってもレベル1の士気4で-4は弱体化の計より効果時間は劣るが費用対効果は上で
レベル2なら野望の謀略とほぼ同じ効果で士気-1なので、レベルが1でもあればそれなりである。
漢鳴レベル3ともなると漢鳴の大号令すら士気4で相殺レベルまで持っていくことも可能で破格の性能。
漢鳴レベル3を使用してから漢鳴レベル0での連続使用でも士気8で武力-10なら破格の効果。
劉焉の二度掛けも同低下値だが士気が10かかることを考えれば二度掛けもなくはない。
勿論他の武将の漢鳴レベルが残っていることが多いので、同じ士気4計略ならそちらを使う場面も多いだろうが。

ちゃんと範囲に敵を多数入れてのレベル3の決定力はかなり高い。
曹操の天の鼓動が士気5で⁺6とこれもかなり破格の効果だが、士気4でこれをマイナスまで持っていく。
劉焉は常に効果が一定でなおかつ高い効果を持つが、この計略は1回の爆発力を求める場合に有効と言える。
ワラワラデッキや姜維などと当たり計略範囲に他部隊を収めにくい時、劉焉デッキは依存度が高く手詰まりになることもあるが
彼の場合1コストで仕込める分、他のパーツ、特に槍に選択肢を増やせるのもいい。

弱点は士気4計略だがレベル0の効果がかなり低いので漢鳴計略をためる手にはあまり適さない。
またレベル3はいくら高い武力低下値があっても漢自体があまり足の速いデッキにはなりにくいので
落とせずに逃げられてしまいやすいということ。
彼自身も足の遅い槍兵で1コストということもあり、戦場中央あたりで使えば当然相手を落とす前に逃がしやすい。
城際で使って逃げにくくするか、速軍の法または連環の法と組み合わせて踏みつぶすことも考えるといい。
また効果範囲もやや小さめでよほど不用意な相手か範囲の狭い号令持ちでない限り、全部隊をすっぽりは難しい。
相手をする側は彼の漢鳴レベルが3になっている時は、なるべく範囲内に固まらないことを心掛けたい。

レベル3の効果は天の鼓動を飲み込む威力なので、あとはどう相手を巻き込むかに視点を置きたい。
1コストの計略の中ではトップクラスの決定力を誇る手を仕込める要警戒の一枚である。

UC蔡瑁

武将名さいぼう とくけい
蔡瑁 徳珪「平和と惰弱は違うということ
    よそ者に教えてやろう!」

劉表配下の武将。荊州の有力豪族であり、劉表の腹心として荊州の統治安定に貢献した。劉備が劉表のもとに身を寄せると、荊州を乗っ取ろうとしているものと考え敵視。劉表の死後は甥の劉琮を擁立して、劉備らを追放した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器士気上昇 守城術 同盟者
計略漢鳴の麻痺矢【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : 前河悠一


演義で見せた卑劣な側面はどこへやら。
古参の武人色を打ち出す風貌で登場した、劉表陣営の最重鎮。
没年不詳となっていることから、劉表の主だった臣下が曹魏に組み込まれた後も、
功績を重ねて高位高官まで昇った、正史準拠での参戦となっているようだ。

カードスペックも、その経歴に恥じない充実ぶり。
制圧力こそ1だが、6/6弓+特技は、呉の精強な弓兵に混じっても
全く見劣りしないほど高いレベルで整った良バランスである。

計略は漢鳴系のもので、弓兵としてオーソドックスな麻痺矢効果がついたもの。
しかし漢鳴0での速度低下はほぼ皆無で、通常騎馬ですらオーラ維持出来てしまう。
派手さは無いが、漢鳴ゲージの繋ぎ役として場所を選ばず、とても使いやすい。

難点を挙げれば、武闘派に寄った能力ながら、将器関係がどれもサポート向きであることか。
単色による運用が強く推奨される漢軍では、同盟者の必要性は極めて薄く、他の将器効果もやや優先度が低い。
逆に言うなら、割り切って他の武将に将器効果を与えるチャンスが増えたと捉えてもいいかもしれない。

能力、計略は、ガッチリと中盤を支えるに足るものを備えているので、
1.5コスト枠に武力枠を揃えていきたいなら、優先的に採用を検討したい。


C蔡邕

武将名さいよう はくかい
蔡邕 伯喈「人の営みとは儚きもの・・・・・・
  ゆえに書き残さねばならん」

後漢の政治家。孝行心の篤い人格者で、天文や音楽など様々な学問に精通しており、皇帝や董卓から歓待された。しかし宮中での諫言は董卓に受け入れられず、やがて王允が董卓を誅殺すると、これに連座して獄死した。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職文官
特技漢鳴
将器復活減少 速度上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の局封【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い敵の武力を下げ、計略を使用できなくする
必要士気4
Illustration : 山本章史


蔡琰(蔡文姫)の父にして、後漢末期文人層の大重鎮。
文人でありながら知力はほどほどだが武力は最低値を回避しており、1コスト騎兵としては標準的なスペック。
将器も低コスト騎兵が雑用をするのに便利なものが揃っており、覚醒させれば優秀。
だが漢鳴デッキで多くの将が持つ、士気を楽にする魅力がないのがやや残念。

漢鳴の局封は弱体化と封印効果の妨害計略。
自分以外の漢鳴レベルが上がり、漢鳴レベル0で武力-3、2で-6、計略を封印する。
効果は知力7に約5c(Ver1.1.0A)。

単体の弱体化としてみれば物足りない性能だが、漢鳴レベルが0でもついてくる計略封印が目玉。
とにかく号令などから前半城を守るのに難儀する漢鳴デッキで一時的にそれを封じて相手の攻め手を止められる。
だが封印ができる時間は非常に短いので、その封印されている時間に相手を殲滅するのはこの計略だけでは難しい。
基本は士気を多く貯めておいて、相手の攻め時にこの計略を使ってまず漢鳴レベルを上げ
そこから他のレベルの上がった漢鳴計略を重ねていく方がよい。
この計略だけでは号令を封印しても何とかできるような武力低下値ではない。漢鳴レベルが0の時はなおさらである。

漢鳴の大号令などメイン計略を使うタイミングがはっきりしている計略に対してはかなりメタになるカード。
バージョンアップで明らかに一つの計略が暴れている環境では封印効果の足並み崩しは非常に厄介。
また皇甫嵩の漢鳴レベルを2で止めておき、こちらの攻勢時に相手のメイン計略を封じて漢鳴の大号令を叩き込むなど
上手く使えば非常に無防備な相手に攻勢を仕掛けるお膳立てにも使える。
攻めと一緒に使う時は、封印時間で相手を崩せるよう、強力な計略とセットにして使いたい。

漢鳴を無視しても、相手の計略を封印できる効果は独自性があるので
混色デッキでも使える余地はある。
スペックもワラワラデッキのパーツとしては重宝するので、邪魔になることはないだろう。

UC司馬徽

武将名しばき とくそう水鏡先生
司馬徽 徳操「よしよし、今日も良き日じゃ。
        ・・・・・・・・ふあ〜ぁ」

人物鑑定家。門下生に諸葛亮、徐庶らがいる。高名な知恵者で、天下の情勢に詳しかったが、政治に関わろうとはしなかった。誰に仕えることもなく隠遁生活を送っていたが、伸び悩んでいた劉備に伏竜・鳳雛こと諸葛亮と龐統の存在を伝えた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技伏兵 漢鳴
将器知力上昇 士気上昇 同盟者
計略水鏡の教え【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方の知力が上がる 漢鳴2以上:さらに征圧力が上がる
必要士気4
Illustration : 松野トンジ


「好々」という口癖が有名な仙人のような人物。本名より水鏡先生という異名が有名か。

スペックは1コストとしては平均的で、単純なデッキパーツとして問題ないレベルでまとまっている。
高知力の伏兵は序盤に守りに回りがちな漢のデッキではありがたい。

計略の水鏡の教えは味方の知力を上げる号令。
知力は漢鳴レベルごとに2→3→4→8と上昇。
漢鳴レベル2で征圧力+1、レベル3で征圧力が+3される。効果時間11c(Ver1.1.0A)。

計略は漢鳴レベル0や1では知力上昇値が低く、とても使えたものではない。
レベル2で何とか有用だが、魏で征知の教えが士気3であることを考えるとこれでも士気4の効果としては低め。
レベル3はさすがにかなり高い効果だが、戦闘力が全く上がらない計略をレベル3にしてまで使う場面も限られる。
いくら高い征圧力がついても、馬謖などの士気ブーストを使わない場合レベル3で撃てる頃には試合終盤に差し掛かっており
そんなに悠長に征圧戦を始めている余裕はない。

基本的には号令のサポートとして使うべきだろう。
どうしても先撃ちが必要なため栄光の大号令は組み合わせられないので、漢鳴の大号令が本命。
レベル3に上げて水鏡の教えを撃ち、漢鳴の大号令の強烈な武力で勝負をつけに行くか
レベル2から水鏡の教え→天の鼓動→漢鳴の大号令とつなぐかが現在の使用法になる。
漢鳴の大号令の場合、知力まで上昇し計略時間が伸びる上、妨害耐性まで上がってしまえばほぼ無敵なので
知力が上がることは大きな意味がある。

だがこの計略に一回士気を回す分、戦闘で後手に回り守城に使える手を放棄することになる。
撃つタイミングが難しい漢鳴の大号令で、試合終盤に後手に回っているともう攻め上がる時間がないことも多い。
攻めの爆発力を上げる分守りをやや薄くするデメリットが生じるので、採用は計画的に行いたい。
幸い本人のスペックが計略を使えなければ邪魔になるようなものでもないので
使えそうならコンボを狙うくらいの気持ちで採用しておくのもいい。

C十常侍

武将名じゅうじょうじ
十常侍「あたしたち、十人そろって十常侍!」

後漢末期、霊帝の下で専権を振るった宦官の集団。その悪政に漢の将来を憂う者も少なくなかったが、それらの者は十常侍によって処罰された。しかし何進の台頭を機に宮中内にも戦乱が起こり、その中で武力無き十常侍たちは残らず滅びていった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力9 征圧力0
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 征圧力上昇
計略十常侍秘奥義武力が上がる。戦場にいる味方と敵の合計部隊数が10以上の場合、さらに武力が上がる
必要士気4
Illustration : いちげん


中央に立つ1人を9人がヒマワリのように取り囲むユーモア溢れるイラストが目を引くが、実際は後漢の世を乱れさせ乱世へのきっかけを作った宦官集団。
スペックも極端で、武力と制圧を犠牲にしてコスト1最高知力9に伏兵・防柵という強力な組み合わせを手に入れている。
知力9の伏兵はダメージも高いが、柵と伏兵と言う組み合わせの関係上、
開戦時柵の表か裏に十常侍がいる事は丸わかりのため、低コストや高知力に処理されないよう注意が必要である。
戦闘面では何も期待出来ないが、横弓等のサポートはでき将器制圧を使えばやれることは更に増える。

計略は戦場の敵味方の部隊数を参照する。
1〜9部隊のとき武力+1
10部隊以上で武力+9
効果時間は約10c

敵の数が多い義勇ロードにおいては、計略使用で頼れるオカマ集団と化す。

SR朱儁

武将名しゅしゅん こうい漢の傑士
朱儁 公偉「蒼天の下に
 てめえらの居場所はねえッ!!」

後漢に仕えた武将。慎重ながら堂々とした用兵を称賛され、黄巾の乱が起こると皇甫嵩と共に各地を転戦。義勇軍を決起した劉備たちを配下に組み入れた。剛直な性格であり、董卓の専横に反抗して、独自に反乱軍を結成しようと試みたという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器突撃術 復活減少 速度上昇
計略蒼天之嵐武力と移動速度が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


横山三国志では劉備をいびる小物臭溢れるキャラだが実は優秀な将軍だった人。

スペックは張遼や馬超に匹敵する、武闘派の2.5コスト騎兵としては全勢力見ても最高級のスペック。
だが特技攻城というのが役割といまいち噛み合っていないのが残念である。

蒼天之嵐は騎兵強化。
武力+5に1.5倍速程度(連環の法で再突撃不能)の強化に自軍全員の漢鳴レベル上昇。
効果時間は約8c(Ver1.1.0B)。

計略に関して言えば超絶騎兵といえるほどのものではないが士気相応程度か。
やや強化された神速戦法程度の域を出ず、突撃ダメージアップがないため
レベル1〜2の孫堅の計略とも同等程度の威力に過ぎない。
特に連環の法でオーラがまとえなくなってしまうというのが非常に痛い。
騎兵単などなら一方的な展開に持ち込めるが、槍を向けられると弱く、移動速度低下妨害も厳しい。
何より漢鳴デッキが苦手な相手の序盤中盤の英傑号令を跳ね返せるような性能がないのが厳しい。

彼の計略の最も優れているのは「誰の漢鳴レベルもリセットせずに漢鳴レベルを上げられる」点だろう。
どうしても士気4の計略で漢鳴レベルを上昇させるとその計略使用者の漢鳴レベルは0になってしまうが
彼の計略の場合誰の漢鳴レベルを下げることもないので、後の計略の威力を下げることがない。
漢鳴参照計略の場合、レベル0は厳しいがレベル1や2でも十分実用範囲内になる計略もあるので
まず蒼天之嵐で漢鳴レベルを上げ、そこからレベル1からでも実用的な計略につないでいくような
最初に蒼天之嵐を使うことで、他の武将がレベル0で漢鳴計略を使わなくていいという流れを作れる点が優れている。

勿論スペック要員としても優秀で、劉焉などと違い騎兵のためデッキ構築がいびつになりにくい。
だが他の漢鳴計略よりやや士気は重く威力も控えめなので、あまり連発すると終盤の逆襲で士気が厳しくなる。
計略の使用は控えめにして、何か漢鳴レベル1か2で十分使えるような計略を仕込むのが吉だろう。

C少帝

武将名りゅうべん
劉弁「こ、こわいよう・・・・・・
     母上ぇぇ・・・・・・!」

献帝・劉協の異母兄。霊帝の死後、何進の助けを得て即位する。しかし何進は宦官に殺され、宦官もまた袁紹らによって皆殺しにされるなど、周囲の争いに怯えるばかりだった。のちに弟の劉協が聡明なことを知った董卓により廃位させられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職文官
特技防柵 漢鳴
将器遠弓術 防柵強化 守城術
計略漢王朝の悲鳴【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力が上がる。さらに効果終了時に対象の味方の周囲が自軍の征圧領域になり、撤退する
必要士気4
Illustration : 鹿澄ハル


このゲームや横山三国志などでは子供だが、実は献帝より10歳近く年上だったとされる。

スペックは1コストとしては無駄がなく、征圧力も2で防柵持ち。
序盤に守りに徹する漢鳴デッキで柵の存在はありがたい。

計略の漢王朝の悲鳴は投げ強化。
漢鳴レベルで変化するのは武力上昇値と撤退時の征圧領域の広さ。
漢鳴レベル0で武力+5、撤退時の征圧領域自身の周り9マス。
漢鳴レベル1で武力+7、漢鳴レベル3で武力は+12
漢鳴レベル3での撤退の場合、小覇王の蛮勇での塗り効果よりも一回り大きく、戦場の約3割を塗れる。
効果時間は約6c(Ver1.1.0A)。

単体効果の漢鳴計略としては武力上昇値はトップレベルだが、効果時間が短い。
一応漢鳴0でも高武力にかければ武力13程度には達するので相手の攻めをいなすことには使えるが
小覇王の蛮勇西涼の乱のように移動速度が上がらないので戦場中央付近で使っても相手を逃しやすい。
城際で使うことで高い効果を期待できるカード。

効果時間が短く、速度が上がらないため漢鳴レベル3でも殲滅力や攻城にはつなげにくいので
漢鳴レベルをためる目的か、レベル1〜2で小出しに使うことを検討したい。
弟の献帝との相性はよく、朱儁など高武力にレベル1で漢王朝の悲鳴をかけ撤退後に献帝で復活させ漢鳴レベルを上げ
またレベル1で漢王朝の悲鳴という、撤退後の征圧効果も合わせて戦場を荒らすコンボが使える。
その場合、魏の丁氏などの士気上昇計略を組み合わせたい。

征圧効果も高レベルでは1試合に1回が使用の限界なので、やはり武力上昇値が高いことが売り。
漢鳴デッキにこだわらず、文醜などと計略を合わせて短時間の爆発力に期待するのもよい。
必然的に足並みが乱れるので号令デッキには向かないので、上手く場を荒らすことを考えて運用したい。

C審配

武将名しんぱい せいなん
審配 正南「に、逃げない・・・・・・逃げないから
     汗を拭かせてくれ・・・・・・!」

袁紹配下。忠義に篤く、彼の二人の子供が曹操に捕らえられた時、寝返るのではないかと心配した袁紹だったが、その義理堅さを他の配下が擁護したという。袁紹の死後は袁尚に仕え、味方が離反していく中で、一人城に残り戦った。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力3 知力8 征圧力2
官職文官
特技防柵 漢鳴
将器防柵強化 守城術 募兵
計略流汗の計【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気6
Illustration : 木下勇樹


どちらかと言うと袁家滅亡の戦犯の部類だが、最後の死に様でやや肯定的になることが多い人。

スペックはコストを考えればかなり厳しく1コスト並。
後述の計略から魏の荀攸と似通っており王美人と同じく明らかに同系統計略の元ネタがいる。

流汗の計は汗で押し流す?精神知力ダメージを与えるというもの。
漢鳴レベルによって効果範囲が変化する。
漢鳴レベル0での効果範囲はほとんど袁術の自爆同然で、自身の左右1マス程度。
漢鳴レベル3で自身中心に左右に伸び、自身が戦場中央にいれば端まで届く
漢鳴レベル3でのダメージは知力4を確殺(Ver1.1.0A)。

なかなかネタ集が漂うカード表記の割に、漢鳴レベル3で使うと赤壁の大火並みのダメージが期待できる。
ネタ大水計のように範囲が前に伸びておらず、自分の真横に伸びるため、自城の最深部からでも流せる。
城に張り付いた時に無類の強さを誇り、攻城守城問わず張り付いた敵を一気に流せるのは圧巻。

なのだが問題は効果範囲が漢鳴レベル2になるまで使い物にならず、漢鳴の大号令が撃ててしまう士気6であること。
裏の手というには本人のスペックが低く、大水計のようにいつでも打てるものでもないので仕込みにくい。
更にVer1.1.0A現在は王美人の漢鳴の雷撃が壊れ気味な威力を発揮していることもあり
士気の重さや汎用性の低さからこのカードの居場所を彼女が奪ってしまっている状況。
袁家の武将としては珍しく、主君袁紹との相性は最悪。
一応忠臣扱いされている彼なのだが、計略が漢鳴寄りになっており全く噛み合わない。

威力自体は悪くないのだが、なかなか生かすのが難しい。
普通にやっていれば士気5で漢鳴の雷撃を撃てばいい、士気6あれば漢鳴の大号令に士気を回せばいいという状況になるので
馬謖や丁氏と組ませて潤沢な士気がある状態で使ってみるのもよいか。


R曹操

武将名そうそう もうとく超世の傑
曹操 孟徳「世が乱れるほどに
 天が、わが心を揺り動かす・・・・・・!」

宦官の孫でありながら、賄賂などの汚れを嫌い、洛陽北部尉に任ぜられると違反者を厳しく取り締まった。武芸にも優れており、兵卒が反乱を起こした時には、曹操自身剣を振るって数十人を斬り倒し、残りの者は恐れをなしたという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 突撃術 速度上昇
計略天の鼓動【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がる 漢鳴3:さらに効果対象が範囲内の味方全体になり、必要士気が上がる
必要士気4
Illustration : 竜徹


『治世の能臣』時代の曹操。彼の始祖は漢王朝創設の功臣のため当然の成り行きとして漢軍に参加。

スペックは魏の彼に比べればおとなしめで、スペックだけなら孫堅に劣るが
将器が全て騎兵にとって優秀なものばかりなので総合的な性能はなかなか。
孫堅とも役割が違うので、共闘することも多いだろう。

天の鼓動は漢に追加された三英傑の中では唯一漢鳴レベルを上げてから使用する全体号令。
通常は士気4だが、漢鳴レベル3の時は必要士気は5になる。
漢鳴レベル3時は士気5で武力+6、効果時間は約8c。(Ver1.1.0A)

漢鳴の大号令ほどではないがこちらも士気5号令としては破格の威力を誇る。
漢に追加された武将はスペックもよいものが揃っているので、最大効果では武神の大号令にも引けを取らない。
だが最大効果で使えるのは士気的に1試合に1回が限界なので、お膳立ての手間を考えれば使う時は確実な戦果を挙げたい。
なのでこの号令単独での使用より最大効果でもこの号令に合わせて計略を重ね掛けする攻勢に適している。

最も効果的なのは、同じく漢鳴参照計略としては破格の効果を誇る漢鳴の大号令。
兵種的にも合わせやすく、士気対効果が破格の号令二つの組み合わせは仮に一つの効果を相手のフルコンで相殺されても
二つ合わせれば確実にこちらのパフォーマンスが上回ることを意味する。
Ver1.1.0A現時点で最大効果のこの2つを無傷で止められるコンボは非常に限られると言ってよいだろう。

だが漢鳴の大号令と天の鼓動のコンボは使う前に他武将で士気4〜5の漢鳴レベル上昇計略を3回使い、
それから号令2つで合計士気11なので、なかなかに試合の士気管理は厳しい。
魅力持ちを増やしたり、法具で士気上昇の宝玉を入れたりしてなるべく一試合で使える士気量に余裕を持たせたいところ。
士気漏れが起きた場合、コンボでの戦術自体が破綻しかねないので厳禁である。

UC沮授

武将名そじゅ信義の知将
沮授「風の如く軽やかに、
 水の如く形を変えて、ってね」

袁紹に仕える参謀。その献策により袁紹を河北の一大勢力へと導いた。官渡の戦いでは進言を受け入れられず、敗戦し捕らえられる。能力を惜しむ曹操に口説かれるが、忠誠を誓った袁紹の下に帰ることを望み、脱走を図ったため処刑された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力9 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器防柵強化 征圧力上昇 守城術
計略称誉の弱計敵の武力を下げる。さらに対象の敵が撤退するたびに自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : さいのすけ


武力1は戦闘面での強みは無いに等しいが、高い知力と特技防柵を所持しており及第点のスペック。
そこへ将器守城弓持ちという特性が加わることで1コス弓としては十分なスペックとなる。

とはいえ漢軍の柵+守城弓は少帝,唐姫と多彩であり、武力1はやはり足をひっぱるため主に計略目的での採用となるだろう。
又、漢軍の初期排出カードの中で漢鳴絡みでない弓兵が、彼以外では袁煕と十常侍というネタ寄りの計略持ちしかいない。

計略は、必要士気5で武力-3、範囲直径がカード3.5枚分。
移動速度低下も無いためこれだけ見ると他の妨害計略と見比べても見劣りする感は否めない。
しかしこの計略の強みは、効果時間中に部隊を撤退させた場合の士気バックと知力8にも10c以上持つという二つの点にある。
特に、士気バックがVer.1.1.0Cで+1.5に上方修正され2部隊以上を落とせれば実質士気2と十分な費用対効果を得られやすくなった。

計略を打つ際には、前述の通り移動速度低下がないため逃さず撤退させられる部隊がいる時など主に防衛時になるだろう。
状況を見極めて2度掛けしたり同じく防衛時に光る文醜などと合わせて使用したりすれば士気が元より増える戦果を上げることも可能である。

主君である袁紹の計略とも相性抜群のため、栄光デッキへの採用も一考の余地があるだろう。
また、ワラパーツとしても優秀であり単色はもちろん効果時間や士気バックの特性から混色での採用も考えられる。

R孫堅

武将名そんけん ぶんだい孫呉の船首
孫堅 文台「疾きこと風の如く!
    逃がしはしねえ!!」

孫策、孫権らの父。江東一帯の反乱を鎮圧したことで名を上げ、黄巾の乱では同郷の朱儁将軍の下で戦い、黄巾賊の指揮官を撃破するなど、軍功をあげていった。その姿は虎や熊に例えられるほど、堂々たる偉丈夫であったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 漢鳴
将器兵力上昇 速度上昇 攻城
計略漢鳴の神速行【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と移動速度と突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : ジョージ


海賊退治で名を挙げた漢軍での孫堅。
孫子の末裔を称したからか、台詞が日本でもおなじみ『風林火山』を唱えている。

スペックは1.5コスト騎兵の武力枠としては申し分ない数値で、さらに勇猛も備える優秀な性能を持つ。
だが征圧力は1で将器での補填もできないので、もっぱら戦闘での貢献が主になる。

漢鳴の神速行は単体の騎兵強化。
自身以外の漢鳴レベルを上げ、自身に武力、移動速度上昇、突撃ダメージアップを与える。
武力は漢鳴レベルごとに2→3→4→6。速度は1.3→1.5→1.7→2.0倍でレベル2までは連環の法でオーラがまとえなくなる。
突撃ダメージは要検証だが、レベル3の場合計略使用時に武力で並ぶ白銀の獅子使用時の馬超よりダメージが大きい。
効果時間は約6c(Ver1.1.0A)

騎兵の強化要素を全て上げる大変贅沢な効果だが
漢鳴レベル0の時は突撃ダメージは自身と同武力相手で15%程度なのでさほど大きくはない。
弱くはないが武力、速度、効果時間もそれなりなので、士気4の計略の域に収まる性能である。
ただし突撃のできない状況では士気4計略としての費用対効果もおぼつかないのが難点。
だが漢鳴レベルが1でも上がれば士気4の枠を超えた強力な騎兵が誕生する。
レベル2の時点で白銀の獅子並みの火力が出る上、レベル3ともなると彼の火力は呂布に匹敵する。

非常に手軽に他武将の漢鳴レベルを上げられるので、初手のため役も中盤、後半の使用全て使えるため
劉備同様、漢鳴デッキに入れるカードでは扱いやすさはピカイチ。
この計略で他の武将の漢鳴レベルを上げ皇甫嵩や曹操が試合終盤に攻め立てる流れにつなげる仕事ができるのは
優秀な戦闘スペックと合わせて重宝する。

漢鳴計略をメインに据えるデッキパーツとしては間違いのないスペックと計略性能なので
非常に穴がなく、枠に迷ったら採用して問題ないカード。

R張奐

武将名ちょうかん ぜんめい
張奐 然明「漢の寸土といえど
   おぬしらには踏ませぬ」

漢に仕えた武将。異民族の侵攻を度々防ぎ、功績を挙げた。しかし、その忠誠心の高さを十常侍に利用され、宦官勢力を除こうと挙兵した竇武らを撃退してしまった。張奐はこの事を悔いて、以後、表舞台を退いた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵 漢鳴
将器長槍術 城門特攻 募兵
計略漢鳴の剛槍【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と槍撃ダメージが上がる 漢鳴2以上:さらに槍が長くなる
必要士気4
Illustration : lack


R張任

武将名ちょうじん忠勇義烈
張任「この一矢で
   貴様の野心を撃ち貫く!」

劉璋に仕えた武将。知勇に優れ、蜀に劉備を迎え入れることに反対した。劉備軍と対立すると、龐統を射殺し、一年以上籠城するなど大いに苦しめ、捕虜になっても降伏を拒み斬首された。劉備は張任の忠義に敬意を表して丁重に弔ったという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器速度上昇 征圧力上昇 募兵
計略漢鳴の剛弓【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、走射中の矢ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : ジョージ


演義では龐統を仕留めるなど、華々しい活躍を見せる劉璋配下の名将。
特技は漢鳴だけだがスペックは2コストで最高レベルの弓兵。
このスペックで将器の募兵は非常に相性が良く、開幕など士気を用いない白兵戦で心強い。

漢鳴の剛弓は単体弓強化。
自身以外の漢鳴レベルを上げ、自身の武力を上昇させ、更に剛弓に追加ダメージがつく。
効果時間は約6c(Ver1.1.0A)
武力上昇値は漢鳴0で武力+1、漢鳴3で武力+6。走射ダメージの各上昇率は要検証。

自身の高いスペックも相まってなかなかに高い戦闘力はあるのだが、
漢鳴0で使用しても武力上昇がたったの1しかないため乱戦されると非常に厳しく、相手に強化をされると対抗できない。
速度低下や射程上昇もないため、同じ相手に延々射続けることも難しい。

またVer1.1.0A現在、漢鳴レベルを最大にして使う計略持ちは自身と同じ弓兵に集中していることが多く
彼を採用すると槍を揃えにくいジレンマを抱えるので、デッキ構築を上手く工夫したい。
唯一槍の皇甫嵩とはその計略内容とスペックが噛み合うので、皇甫嵩の漢鳴レベルが上がりきるまで戦線を支える役目を担いたい。

漢鳴レベル上昇用に使用するのも上昇値が心もとなく、漢鳴レベルが最大でやっと実用性が出てくる。
漢鳴を使わずに、高武力弓兵と募兵の組み合わせを利用した単純なスペック採用としての機会が多そうである。

SR貂蝉

武将名ちょうせん憂国の才媛
貂蝉「ふふっ、もう魅了されちゃった?
   お楽しみは、まだこれからよ」

漢の司徒・王允の養女。その姿は容姿端麗で、楊貴妃らと共に、古代中国四大美人の一人に数えられている。暴君・董卓による漢王朝の衰退を憂い「美女連環の計」を用いて呂布と仲違いさせ、董卓の命を奪った。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力3 知力5 征圧力3
官職-
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 知力上昇 速度上昇
計略傾国の鳴舞【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)敵城にダメージを与える
必要士気6
Illustration : 芳住和之


漢鳴0:約6cで5%
漢鳴3:約2cで5%
(ver1.1.0B)


UC張邈

武将名ちょうばく もうたく動乱の義士
張邈 孟卓「・・・・・・すまん、オレはこの道を行く」

曹操、袁紹とは親友で、若い頃から慈悲深い人物であった。曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに親睦が深く、反董卓連合結成の際にも力添えした。しかし、動乱の潮流には逆らえず、後に曹操と敵対することになる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 知力上昇 突破術
計略一番槍武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気3
Illustration : さいのすけ


地味ながらも必要最低限のスペックは備えており、槍と柵が欲しい場合は選択肢になり得る。
似たような計略を持つ顔良ほど知力が低くなく、田豊ほど戦闘能力が低くない点は評価できるか。
計略の一番槍は武力+3、計略終了後に生存していれば士気が2返ってくる。
効果時間中に撤退してしまっては大損な上、単独使用ではたかだか武力8なので、あまり無理をさせない運用が求められる。

実質士気1で2コスト相当の強さになれると考えれば安いようだが、
栄光デッキで使うにせよ、漢鳴デッキで使うにせよ、1試合で使える総士気が決まっている以上、
あまり無駄使いも出来ないので、安易な乱発は禁物である。

持っている将器がこれまた本人の性能に輪をかけて地味。
特に知力上昇は計略使用時に士気が返ってくるタイミングがずれるため、プラス面とマイナス面を併せ持つ点に注意。
別のキー武将が良い将器を持っているなら無理に覚醒させることはない。

R陳琳

武将名ちんりん こうしょう建安七子
陳琳 孔璋「我が筆を天下へ放ち
    決戦の嚆矢とせん!」

後漢の大将軍・何進の主簿として仕え、何進の死後は袁紹に仕えた。官渡の戦いの前、袁紹のために曹操打倒を呼びかける檄文を作った。その檄文は曹操を激怒させるも、文才そのものは愛され、後に軍師祭酒として曹操に仕えることとなった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 長槍術 速度上昇
計略開戦の檄文敵の知力を下げ、自身に向かってくるようにする
必要士気4
Illustration : 黒葉.K


高知力伏兵と征圧2で低武力ながら妨害持ちとしてはまずまずのスペック。

計略は挑発に知力低下が付随されたものではあるが、範囲が少々特殊で、
戦場の4分の1ほどの広範囲円なのだが、自身より半カード前方あたりを中心としている。
イメージとしては隻眼の一喝に近く、範囲の回転も同様に可能。若干縦が長い楕円の模様。

知力低下は‐3で、範囲内の敵を一ヶ所に集めることが容易なため各種妨害ダメージ計略コンボとの相性がいい。
しかし漢軍のそれらはほとんどが漢鳴計略であり、自身は異なるため士気運用の問題から何度も狙えるものではない。
2勢力以上での出張も有効で将器同盟を持ってくれば火計や水計とのデスコンボが可能。
とりわけ袁術の自爆とは恐ろしいほどの好相性で、知力5以下の相手をまとめて確殺できる。

自身の低武力が災いし敵をまとめようとするとすり潰されかねないが、唐姫や少帝などの投げ強化コンボも有効か。

R田豊

武将名でんぽう げんこう因果の知将
田豊 元皓「獄に繋がれようとも
  我が言を曲げることは致さぬ!」

袁紹に仕える参謀。博学多才で権謀に富み、沮授と並んで「袁紹軍の二大知将」と評された。公孫瓚との戦いでは、その知略を発揮して袁紹軍を勝利へと導いた。官渡の戦いでも度々献策を行ったが、剛直な物言いが袁紹に嫌われ、投獄された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力4 知力9 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器復活減少 士気上昇 征圧力上昇
計略隙無き攻勢漢の味方の武力が上がる。さらに効果終了時に対象の味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : タカヤマトシアキ


袁紹が彼の策を取っていれば自分は負けていたと曹操を安堵させた、主君に恵まれなかった天才軍師。

そのスペックは典型的な軍師タイプのもので、知力9の高威力の伏兵持ち。
だが低武力の歩兵、しかも制圧力が1なので戦闘、制圧ともに活躍しにくいのが厳しい。

隙なき攻勢は計略終了時に士気を回収する号令。
効果範囲は自身と密着した前方円でカード3枚分ほどの直径。
武力上昇⁺2、効果時間約9c、効果終了時に1部隊ごとに士気が⁺1される。
士気上昇は上限があるようで、多くの部隊を入れても上限は4まで(Ver1.1.0A)。

単純な号令としての士気効率は最低レベルで、士気のバックがなければとても使えない。
最悪でも士気2はバックさせてようやく目をつぶれる費用対効果である。
だが低い武力上昇値とやや長めの効果時間がなかなかに曲者。
下手に前に出すぎてしまうとこの号令を使用中に全滅し、士気を回収できない最悪の結果になりかねない。
特に殲滅力の高い騎兵単や超絶騎兵のいるデッキでは注意が必要。

やはり士気を参照する主君袁紹との相性が抜群に良い。
士気があっても栄光の大号令が撃てない場合にとりあえずこの計略で士気漏れを防いだり、しのいだりに使える。
序盤にこの号令を使って邪魔な柵などを壊しておき、栄光の大号令を決める下準備にも使いやすい。
また士気12から栄光の大号令を撃てばその後にこの号令を重ね掛けできる。
武力⁺10の号令では効果終了後も部隊は残っていることも多く、実質士気8で強力なフルコンも可能。

使いやすい場面は2つで、全軍でラインを上げる際に自城近くで先に撃っておき
相手の城際近くに到着する頃に効果を切れるようにする運用と他の号令とのフルコン時である。
敵を引き付けた状態、敵陣に入った状態で使う場合、その位置が深いほど撤退リスクも高まる。
この号令で無理攻めをするメリットは薄いので、単独での戦果は欲張らないようにしたい。

使う時の注意点として、この号令を使っても効果時間中に士気が約2強たまるということである。
最大効果の士気バックが得られた場合、確実に使用時よりも士気がたまった状態になるため
単純な士気漏れ対策として使っても、士気12当たりでこの号令を使った場合
部隊を落とすか効果中に他の計略を使わない限り確実に士気漏れが起こる。
士気漏れ防止のためにこの号令を一応撃ったものの、結局士気漏れを起こしたのでは意味がないため
意外に士気漏れ対策としての運用は難しい。
なるべく士気11に達する前あたりで撃つことを心掛けたい。

SR唐姫

武将名とうき弘農王妃
唐姫「あたしに触れていいのは
   弁さまだけなんだから!」

少帝・劉弁に寵愛された妃。少帝が死ぬ直前に、「下級の者の妻にならないように」と固い約束をしており、故郷に帰った後も再婚話は頑なに断った。長安を手中に収めた李傕も唐姫を妻にしようと迫ったが、それも退けたという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力 漢鳴
将器知力上昇 遠弓術 守城術
計略漢鳴の討伐【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力が上がり、兵力が徐々に回復する
必要士気4
Illustration : クロサワテツ


スペックは典型的な計略要員で、低武力を征圧力2と有用な特技2つで補う。
防柵・魅力、更に将器に守城術も完備と1コスト弓に持っていてほしいものをすべて持っている。

漢鳴の討伐令は単体への投げ計略。
武力上昇値は漢鳴レベルごとに3→5→7→9と変化。効果時間7c。知力将器覚醒で8.5c。
なお、計略は自分自身も対象になり、兵力回復値も漢鳴レベルによって上昇する。(Ver1.1.0A)。

士気4計略なので漢鳴レベルを上げる運用にも使えるが、レベルを上げて使えばかなりの超絶強化にもなる。
使い方次第でデッキのカラーも変わってくるので目的に応じてデッキを組みたい。

レベル0で漢鳴レベルを上げる運用であれば、朱儁などの武力の高い武将を採用したい。
計略を使った顔良とのコンボも分かりやすく、やや士気を多く使うが、武力15の兵力回復はなかなかに粘り強く
序盤の守りなどにも最適である。

レベルを上げて使う場合は城門に高武力を差し込んで攻城を奪う運用に適している。
レベル2で劉備の漢鳴の大車輪を使って城門に差し込み、レベル3の漢鳴の討伐令で攻城させるなど
城際での粘りを生かした運用をしたい。
下手な号令ならこの計略一つで跳ね返せるので、守りに回してもいい。

将器に守城術があるため、将器を覚醒させれば柵持ちであることも相まって彼女一人いるだけでデッキの防衛力が非常に高くなる。
計略と横弓で城門を守りつつ、そのままカウンターで漢鳴の大号令の流れに持っていくような動きが理想形といえる。
また、Ver1.1.0BでSR朱儁が上方修正されたことも追風。
高コスト単体強化計略、且つ特技攻城持ちであるため、計略で城門を守っても良し、逆に城門に押し込んでも良しと高相性。
SR朱儁に限らず、戦場を『点』で守れるようなカードとの相性が良いため、R顔良やR文醜などと組み合わせてみるもの面白いかもしれない。

C陶謙

武将名とうけん きょうそ
陶謙 恭祖援軍はまだ来ぬのか・・・・・・!?
    ええい、ヤケ食いじゃ!!」

後漢末期の徐州刺史。戦乱を避けて力をつけたが、配下が曹操の父を殺す事件が起こり、報復として曹操軍の侵攻を受ける。劉備が援軍に駆けつけたものの戦況は芳しくなく、やがて病に倒れると、劉備に徐州を譲るよう言い残して死去した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職文官
特技復活 漢鳴
将器兵力上昇 征圧力上昇 同盟者
計略漢鳴の援軍【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方の兵力が回復する 漢鳴2以上:さらに兵力が上限を超えて回復する
必要士気4
Illustration : 池田正輝


乱世向きの人物ではなかったが名君と呼ばれた徐州守護。何故か食いしん坊キャラ。

スペックは平凡だが復活を持っているため扱いやすい。
征圧力1だが漢鳴デッキは後半の巻き返しで全て取り返しに行くので征圧はあまり気にしなくてもよいだろう。

漢鳴の援軍援軍の漢鳴バージョン。
漢鳴レベル2から兵力が上限を超える。回復量は漢鳴2で約7割、レベル3で10割回復する(Ver1.1.0A)。

単純に士気4計略なので、漢鳴レベルを上げる目的に使えないこともないが
実用的になるのはレベル2からで、上限突破なので確実に無駄にならない効果が期待できる。
回復量も通常の知力7の援軍並みでこれで士気が1軽いと思えば、レベル2で十分強力な回復計略。

お膳立ては非常に厳しいが特に恐ろしい流れが、陶謙→曹操→皇甫嵩とつなげる3連コンボである。
漢鳴レベルを2まで貯めた状態で攻め上がる際に漢鳴の援軍で兵力を上限突破で回復。
それから曹操の天の鼓動を漢鳴レベル3で使用しラインを上げきる。
最後に法具と合わせて皇甫嵩が漢鳴の大号令を撃ち、消耗した兵力を回復させてのとどめという流れ。
漢鳴の援軍で兵力上限突破された部隊に天の鼓動を使われれば、高威力のダメージ計略を使っても大した被害はない。
更にもう息も絶え絶えの相手に完全にラインの上がった状態で漢鳴の大号令は、決まれば相手は悶絶するしかない。
だが勿論それまでに漢鳴レベル0〜1の計略2つで自城を守らなければならないが、
落城さえしなければそれに見合う戦果は挙がる。
この運用の場合は盧植などの漢鳴レベルに左右されない威力の計略で自城を守っていく方がよい。

何気に勢力非限定で、自身も同盟者を持っているため
他に漢鳴レベルを上げられる計略とセットで出張すれば混色でも運用できる。
だがこの援軍は号令とセットで使うのに適するのだが、
Ver1.1.0A現在勢力非限定の強力な号令は暴虐なる覇道など数が限られる。
そのあたりのサポートを任せてもいいが、今後混色でも運用できる号令などが追加された時
まだまだ活躍の場ができそうである。

C董承

武将名とうしょう
董承「この剣で・・・・・・
  ぎゃ・・・・・・逆賊を斬る!!」

献帝の長安脱出に貢献し、その側近となる。宮中で権勢を振るう曹操を恐れ、勅命を受け曹操暗殺に踏み出した。王士服や劉備などの同志を集め、傀儡となった献帝を救わんとしたが、計画が事前に露見してしまい、一族と共に処刑された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力6 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器長槍術 復活減少 征圧力上昇
計略漢鳴戦法【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がる
必要士気4
Illustration : チェロキー


献帝の曹操暗殺令に劉備を誘ったことで、ある意味劉備と曹操の決裂を決定的にした人物と言える。

数値スペックは征圧力0の武力枠を除けば全勢力見ても1コスト最高クラス。
しかも将器がどれも1コスト槍に求めたい牽制、回転力、征圧をそれぞれ補完する。
実質無特技のようなものだが混色のワラワラデッキのパーツにも採用できそうである。

計略の漢鳴戦法は強化戦法の漢鳴バージョン。
漢鳴レベル0で武力+3、レベル3で+12になる。効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

ただ武力が上がるだけという効果に加え、本人が所詮1コストの武力しかないため、基本的に計略を使う事は無い。
彼の役割はもっぱらスペック要員としてのものになる。
ただし漢鳴を利用するデッキに入っている場合、いつの間にか漢鳴3になっているので
他の漢鳴レベルが高い味方が撤退した状況などでは使えなくもない。
元が1コストとはいえ、漢鳴3ならば武力15に到達するため半端な強化計略よりよほど強力。
敵対した場合は、主力の漢鳴計略持ちを倒したからと油断しないようにしよう。

R文醜

武将名ぶんしゅう袁家の二枚看板
文醜「まとめて地獄に送ってやるあああ!」

顔良と並び「二枚看板」と称される、袁紹配下の猛将。身の丈は8尺もあり、獣のような風貌をしていたという。趙雲と互角の戦いを演じ、張遼を弓で撃退するなど、その姿に恥じぬ武勇を持つ。同僚の顔良とは義兄弟の契りを結んだ戦友。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器長槍術 城門特攻 募兵
計略称誉の強襲武力と移動速度が上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 前河悠一


袁紹軍の猛将・弟。
名前だけで鬼のような風貌にされてしまっている。

漢では唯一の2コスト武力8槍兵だが、唯一の低知力。
このコスト帯の槍が彼以外皆バランスがよく、スペック採用もできてしまうので
スペックだけでの採用はやや難しいかもしれない。
やはり計略で差別化して採用を決めたい。

称誉の強襲は士気バックがつく単体強化。
武力+5、移動速度1.7倍程度(迎撃されない)効果時間7c
更に敵部隊を撃破する度に士気が1.5プラスされる。(Ver1.1.0C)

士気5の超絶強化としてもそこそこの性能をしており、移動速度も上がっているため
敵を逃がしにくいので士気バックを無視しても使いやすい強化計略。
敵を2部隊も撃破できれば実質士気2で使える上、速度も上がっているためそのままカウンターも狙える。
敵を逃がさないために将器は長槍術が便利だが、カウンター狙いなら将器の城門特攻も狙い目。

こちらの攻め時では城に隠れられてスルーされるだけで士気バックは難しく、次の手が止まってしまいやすい。
相手を逃がしにくいこちらの守りで使う方が高い戦果が見込める。
だが速度が上がっても武力は13どまりなので、相手の号令を跳ね返せるほどの威力はなく
効果時間もさほど長くはないので、乱戦だけでは彼一人で手早く敵を撃破するのは厳しい。
相手の号令の効果が終了した頃を見計らい、消耗した相手を逃がさず落としてそのままカウンターを狙いたい。
ワラワラデッキ相手ならどんどん使っていくのもいい。

単色では主君の袁紹の号令のパーツとして、栄光の大号令を使いにくい時、
特に守りで非常に重宝しそうである。
だが士気バックはどんなデッキでも有効なので、混色での採用も十分検討できる。
この計略に士気3程度の投げ計略と合わせて使えば、英傑号令も跳ね返せるが
その場合は部隊を落として士気を回収できなければ並以下の費用対効果なのでご利用は計画的に。

UC鮑信

武将名ほうしん
鮑信「未来の英雄の礎となる・・・・・・
 私に相応しい舞台ではないか!」

後漢に仕えた武将。先見の明があり、董卓の専横を見抜き先んじて軍備を整え反董卓連合に参加。曹操と共に董卓配下の徐栄と戦った。その後の黄巾賊の残党討伐では、窮地に陥った曹操を救出し、その命と引き換えに自身は戦死した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略一番槍武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気3
Illustration : lack


特技だが数値スペックは高めで、武力型騎兵が欲しい場合は選択肢になり得る。
漢鳴系では全勢力でも屈指のスペックと計略を持つ孫堅がいるため出番はあまり無いが、
士気バック計略を持つので、栄光の大号令デッキ等には相性がいい。

計略の一番槍は武力+3、計略終了後に生存していれば士気が2返ってくる。
効果時間中に撤退してしまっては大損なので、あまり無理をさせない運用が求められる。
似たような計略を持つ顔良ほど知力が低くない点はプラスポイント。

実質士気1で2.5コスト相当の強さになれると考えれば安いようだが、
1試合で使える総士気が決まっている以上、あまり無駄使いも出来ないので、安易な乱発は禁物である。

持っている将器は戦闘力を上げる突撃術、コンボ等に有用な士気上昇、騎兵には恩恵が大きい速度上昇と
別のキー武将が良い将器を持っているなら無理に覚醒させることはないが、それなりに有用なものは揃っている。


UC劉焉

武将名りゅうえん くんろう
劉焉 君郎「天め、我が道を阻むか・・・・・・
   ええい、やらせはせんぞ!」

後漢に仕えた政治家で、益州刺史として勢力を拡大した。益州に流れてきた難民を「東州兵」として育てて軍事力を強化すると、野心を露わにして独立体制を築く。しかし異民族の侵攻や自然災害など不運が続き、憂慮のうちに病死した。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力8 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略野望の謀略敵の武力を下げる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : ヨシモト


劉備が入蜀時に豊かさに驚いたという、益州繁栄の礎を作った名君にして野心家。演義では黄巾の乱当時の幽州太守。

スペックは平均程度の数値に魅力持ち。
抜きんでた強さはないが、欠点もない。
将器も無難なものが揃っており、全体的に堅実な能力。

計略は漢鳴レベルを上げられる弱体化の計
武力低下値は-5、効果時間は知力7に約8c
漢鳴レベル上昇効果を持つが、この計略は漢鳴レベルを持たない。
そのため漢鳴0で使用しても効果が変わらないので、漢鳴の始動役に最適。

特筆すべきは「士気5で武力-5」という驚異的な士気効率。
同じ士気5の弱体化の計が武力-4ということを考えると、破格と言っていい低下値。
士気5ながら士気6の英傑号令を相殺する低下値であり、効果時間も同程度。
範囲に入れる事さえ出来れば、同士気の計略で太刀打ちは難しい。

漢鳴レベルを上昇させる効果を持ちながら、単純な妨害計略としても士気相応以上の強さを持つ。
その強さは、漢鳴レベル上昇後でも妨害計略として使う価値があるほど。
漢鳴レベル稼ぎとして考えた時に士気5は決して軽くないことが難点と言えば難点だが、
本人の特技魅力がある程度のフォローになっている。
序盤に弱いという漢鳴計略の弱点を補って余りある、完成度の高い一枚。

R劉備

武将名りゅうび げんとく漢王室の末裔
劉備 玄徳「嘆き苦しむみんなの希望に
        オレはなる!!」

中山靖王・劉勝の末裔。15歳の時に同郷で名の知れた盧植の下で学問を学ぶ。若き頃から不思議な魅力を持ち、豪商の張世平と蘇双は、その器に賭けて大金を与えた。この軍資金をもって劉備は義勇兵として頭角を表すことになる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 復活減少 速度上昇
計略漢鳴の大車輪【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。さらに槍の無敵攻撃によるダメージが上がる
必要士気4
Illustration : タカヤマトシアキ


彼の義勇軍は厳密には漢軍ではなかったが、漢軍で参戦。
武力非最大武力ではないが中武力中知力に征圧2とバランス型のスペック。
漢軍は槍が多いがその中でも安定したスペックを持つ良カードといえる。

漢鳴の大車輪は自身の国・蜀でおなじみの車輪計略の漢鳴バージョン。
武上昇に加え車輪状態かつ車輪槍の接触ダメージが増加する。
漢鳴0:+2
漢鳴1:+4
漢鳴2:+6
漢鳴3:+9
効果時間は6.7c(Ver1.1.0C)

カード追加当時と比べ武力上昇値や効果時間が抑えられており単純に漢鳴レベルを上げる目的での使用はあまり適さなくなってきている。
とはいえ、車輪と車輪槍の接触ダメージ増加により数値以上の結果をもたらしてくれるので漢鳴1以上で使用すれば費用対効果は得られるだろう。
特に漢鳴3は相変わらず一人で何とかするだけの力があるので攻防で役立ってくれる。
もちろん、騎兵を相手にする際の車輪目的で使用するのであれば0からでも使用して良い。

将器も、武闘派の槍として有用なものが揃っている。
兵力や速度上昇は言うまでもないが、特に目を引くのが復活減少である。
戻りの遅い槍兵は一度撤退した場合が良いことも多く、他の部隊を生かしながらの運用も可能となる。

総合的に安定したスペックと計略により号令、バラ、ワラ等どんなデッキに入れても邪魔にはならない最上位の優良カードとなっている。



R盧植

武将名ろしょく しかん漢の傑士
盧植 子幹「世に絶望するな!
    希望を取り戻せ!」

漢の将軍。古今の学問に通じた学者であり、劉備や公孫瓚の師でもある。黄巾の乱では張角ら黄巾賊本隊を圧倒したものの、宦官への賄賂を断ったため官職を剥奪された。後に皇甫嵩が盧植の無実を訴え、再び尚書に任命されることとなった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 突撃術 地の利
計略先達の号令漢の味方の武力が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : 五十嵐睦


演義では若き劉備の師として扱われ、武人としても学者としても優秀だった賢人。

その逸話もあってかスペックは軍師型の低武力高知力のスペック。
武力は物足りないが、号令持ちかつ征圧2の騎兵なのでカバー出来る範囲。
とはいえ決して高スペックではないので、採用する場合は計略を意識してになる。

先達の号令は範囲内の味方の武力と漢鳴レベルを上げる号令。
武力上昇は+5、効果時間は約7c。(Ver1.1.0C)

漢鳴レベルを上げるだけなら士気4で出来るので、その点では士気対効果は悪いが
この号令は漢鳴レベルに左右されずに常に一定の効果を保ちつつ漢鳴レベルを上げられる点が強み。
漢鳴0で使う他の強化計略は武力上昇値がとても低く、前半の城の守りなどには非常に苦労するが
この計略は武力上昇、効果時間共に十分士気5の号令としての威力を満たしている。
また、計略に自身を含まないため、重ね掛けが可能。 相手が序盤に英傑号令などで攻めてきた場合の被害を最小限に抑え、後半の攻勢につなげていけるので
前半をしのぐことを重視するのであれば入れておきたい。

だが漢鳴レベルを上げる点では士気が重いので、後半にコンボで一気に攻める難易度は上がる。
例えば漢鳴の大号令と天の鼓動のコンボを狙うような運用は士気の都合上あまり適さない。
その場合は漢鳴2から先達の号令と漢鳴の大号令でコンボするなど、漢鳴レベル上げつつ撃てる号令という強みを生かしたい。
あるいは漢鳴レベル上げは盧植に任せ、他のカードは採用だけして、相手によって使い分けるという手もある。
あわよくばコンボを狙いつつ、難しそうなら号令で安定した立ち回りが出来る。

漢鳴レベルの低いうちからフルコンまで、幅広い状況で使っていける優秀な号令。

EX袁煕

武将名えんき けんえき
袁煕 顕奕「とりあえず、今日も平和だといいなあ」

袁紹の次男。幽州刺史であり、弟の袁尚が曹操に敗れた際、これを保護する。曹操の進軍が激しくなると遼東へ逃亡するが、公孫康のだまし討ちに遭い、その首は曹操に送られた。その子孫は生き延びて、袁氏の命脈を伝えた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術
計略袁家の乱・煕武力が上がる。戦場に「袁尚」か「袁譚」がいる場合、さらに武力と征圧力が上がり、ランダムで移動する
必要士気3
Illustration : 鹿澄ハル


袁紹の次男。
特技だが、Ver1.1.0A現在の漢コスト1弓兵では唯一の武力3を備えるので、この枠に武力弓が欲しい場合は選択肢になる。

袁家の乱・煕は自身の武力を+3する単体強化。
単独では必要士気と上昇値が-1した強化戦法といったような性能しかないが、
戦場に袁譚か袁尚がいる場合、武力+10に征圧力上昇(上昇値は要検証)という破格の効果に変貌する。
ただし、ランダム移動するようになるというデメリットがついてしまうのが難点。

出来るだけ有効な用法とすると、士気の安さと武力上昇の高さを活かしてラインを上げ切った後のコンボとして使用するか、
自城際で窮余の策として防衛に使うかといったところ。
袁煕は弓兵だが、ランダム移動状態ではまず弓は撃ってくれないと思っておいた方が良い。
しかし計略効果に移動速度の上昇はないため、確実に乱戦になる状況ならばそれなりに相手の兵力を減らす働きはしてくれる。

EX袁尚

武将名えんしょう けんほ
袁尚 顕甫「私こそ袁家の後継者である!
  ハーッハッハッハッハッ!!」

袁紹の三男。生まれつき容貌が優れていたため、袁紹と母・劉氏に贔屓される。父の死後は兄である袁譚と後継者争いを起こし、その隙を曹操に突かれ逃走。遼西の烏丸、遼東の公孫康を頼って再起を期すも、曹操を恐れた公孫康に討たれる。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術
計略袁家の乱・尚武力が上がる。戦場に「袁煕」か「袁譚」がいる場合、さらに武力と征圧力が上がり、ランダムで移動する
必要士気3
Illustration : 前河悠一


袁紹の三男。
特技だが、Ver1.1.0A現在の漢コスト1騎兵では唯一の武力3を備えるので、この枠に武力型騎兵が欲しい場合は選択肢になる。

袁家の乱・尚は自身の武力を+3する単体強化。
単独では必要士気と上昇値が-1した強化戦法といったような性能しかないが、
戦場に袁譚か袁煕がいる場合、武力+10に征圧力上昇(上昇値は要検証)という破格の効果に変貌する。
ただし、ランダム移動するようになるというデメリットがついてしまうのが難点。

出来るだけ有効な用法とすると、士気の安さと武力上昇の高さを活かしてラインを上げ切った後のコンボとして使用するか、
自城際で窮余の策として防衛に使うかといったところ。
計略効果に移動速度の上昇はないため、確実に乱戦になる状況ならばそれなりに相手の兵力を減らす働きはしてくれる。
ただ袁尚は騎兵なので、素早く乱戦を抜けてしまいあらぬ方向へ走り出してしまうリスクが他の二人より高いので注意。

EX袁譚

武将名えんたん けんし
袁譚 顕思「着実に功を立てれば
 父上も認めて・・・・・・くれるのか?」

袁紹の長男。父が曹操に敗れて病没すると、袁家の後継をめぐり、弟の袁尚と対立。袁尚に押しまくられると曹操に降伏し、袁尚を敗走させる。しかし、袁尚がいなくなった領土を無断で奪ったため曹操の怒りを買い、曹純に討たれた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術
計略袁家の乱・譚武力が上がる。戦場に「袁煕」か「袁尚」がいる場合、さらに武力と征圧力が上がり、ランダムで移動する
必要士気3
Illustration : 池田正輝


袁紹の長男。
特技だが、Ver1.1.0A現在の漢コスト1槍兵では唯一の武力3と征圧力2を兼ね備える武将なので
デッキの総武力や総征圧力が低くなりがちな場合は選択肢になる。

袁家の乱・譚は自身の武力を+3する単体強化。
単独では必要士気と上昇値が-1した強化戦法といったような性能しかないが、
戦場に袁煕か袁尚がいる場合、武力+10に征圧力上昇(上昇値は要検証)という破格の効果に変貌する。
ただし、ランダム移動するようになるというデメリットがついてしまうのが難点。

出来るだけ有効な用法とすると、士気の安さと武力上昇の高さを活かしてラインを上げ切った後のコンボとして使用するか、
自城際で窮余の策として防衛に使うかといったところ。
袁譚は足の遅い槍兵かつ計略効果に移動速度の上昇はないので、
確実に乱戦になる状況ならばそれなりに相手の兵力を減らす働きはしてくれる。

EX樊氏

武将名はんし
樊氏「仏頂面してないでさ、
 アタシの舞でも見て笑いなよ!」

趙範の兄嫁で未亡人。趙範が趙雲に降伏した際、同姓かつ同郷であることから、当時妻のなかった趙雲に紹介した。樊氏は中華一の色香の持ち主であったが、趙雲は「同族の兄は自分にとっても兄同然」と不義理を批判。結婚することはなかった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力3 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力 漢鳴
将器士気上昇
計略漢鳴の義兵【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い味方の兵力が上限を超えて回復する
必要士気4
Illustration : Nidy-2D-


スペックは数値を見れば低いが2つの有用な特技を持っていて、平均武力を確保しているのが強み。
柵や魅力はあって困るものではなく、どちらも低コストが持つほうが有利な特技
それを1人で同時に揃えられるのは嬉しい。

計略の漢鳴の義兵は単体回復計略で、漢鳴レベルに関係なく兵力上限突破効果がある。
漢鳴0の時は回復量は3〜4割程度。
漢鳴レベル3の時は回復量は200%以上で兵力ゲージは瀕死からでも真っ白になるが、
200%を超えることはない(Ver1.1.0B)。

漢鳴レベルを上げても武力が上がらないため、いくら回復量がすごくても相手に武力を上げられればすぐ溶けてしまう。
そのため漢鳴レベル0からこの計略で兵力を多少回復させるレベル上げにはあまり向いていない。
基本的にレベルを上げてから他の計略とのコンボで力を発揮することになる。

だが漢の場合単体超絶で爆発的な武力や攻城力を生み出す武将の選択肢が乏しく、相方候補が難しい。
似たような単体強化の唐姫は兵力回復量は劣るが武力が上がるため、兵力が上がるだけの彼女よりも強化としては使いやすい。
唐姫と違い勢力非限定の計略なので、Ver1.1.0B現在は混色の方が彼女の強みを発揮しやすいか。
特に城に張り付いていれば常に脅威となる区星などの攻城兵や暴虐なる覇道と合わせた張燕など、
一発の攻城力が非常に高かったり、爆発的な武力になれるワントップ攻城要員は相方として相性抜群。
攻城部隊の粘りをサポートする必殺の一手としてレベルを上げた状態で使いたい。

ちなみに漢鳴レベル3で使う場合、相手が瀕死になってから使わないと
兵力が白ゲージまでで止まるため回復が無駄になってしまう。
レベルを上げた場合、あらかじめ使うのではなく対象が瀕死になってから使うようにしよう。

EX伏寿

武将名ふくじゅ
伏寿「あたしがいなくなったら
    誰が陛下を守るのよ!」

献帝の皇后。伏皇后とも呼ばれる。献帝が李傕の元から逃亡した時は共に行動した。女子供でさえ容赦なく殺す曹操を恐れ暗殺を企てるも、それが曹操自身に露見してしまい、部屋から引きずり出されたあげく、幽閉されてしまった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力 漢鳴
将器士気上昇
計略漢鳴の再起【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
撤退中の漢の味方の復活時間が減少する
必要士気5
Illustration : 赤賀博隆


魏のEXカードの曹節が献帝に嫁ぐ前に皇后だった人物。

スペックは特別優秀とは言えない平均的なもので、漢鳴デッキに嬉しい魅力と士気上昇を持つ。
伏兵を持っているが知力は伏兵持ちとしては最低レベルなので、脳筋以外へのダメージはお察し。
それでも序盤に少しでも攻城は許したくない漢にとってはあるのはありがたい。

漢鳴の再起は全体再起計略。
漢鳴レベル1の時に、撤退している部隊の復活カウントを20カウント減少させる。
漢鳴レベル3で撃つと撤退直後の部隊が即復活する(Ver1.1.0A)。

漢鳴レベル1で再起の法の代用レベルにはなるので、十分使える。
士気は5と漢鳴の中ではやや重いが、号令などをしのぐためにラインを上げて相手を消耗させた後にこの計略を撃つなど
相手の攻めをいなすのには重宝する。
彼女を入れることで法具に再起を選ぶ必要が薄くなり、戦術の幅が広がるのもポイント。

特に漢鳴の大号令や天の鼓動を使う場合は入れておきたい一枚。
漢鳴レベルを3にし、ようやく攻め上がり漢鳴の大号令が使える士気がたまるのが大体30c前後あたりだが
この30〜20cあたりを敵に攻め込まれてしまうと漢鳴の大号令を使わないと守り切れなかったり
守りで漢鳴の大号令を使ってしまい攻め手がない、攻め上がってももう時間がないということも起こってしまうが
彼女を入れておくことで終盤の相手の攻勢でわざと部隊を落としてから即復活で体勢を立て直すタイムロスを最小限にできる。
勿論相手もそれを警戒するので、わざと落とさずに放置したり真っ先に彼女を落としにきたりで使えないこともあるが
1コストで仕込める攻め上がれずに負けるというリスクマネジメントには十分優秀な選択肢。

号令に仕込んでおけば再起が欲しいと思うことは必ずあることは間違いないので
レベルを1でも上げておけば十分使い道はある。
本人のスペックも悪くはないので仕込んでおくと何かと安心なカード。
夫の献帝との相性は最悪で、暗殺しようとした曹操とは割といいというのも皮肉である。