カードリスト / Ver3.59 / / 089_曹叡


武将名そうえい げんちゅうなし
曹叡 −元仲−魏の第二代皇帝。曹丕(文帝)と甄皇后との間に生まれた。曹叡が皇帝となると蜀・呉の侵攻や国内の反乱があいつぎ、戦地に赴き指揮を取り自ら防衛に当たった。しかし後年、魏の宿敵であった諸葛孔明が亡くなると政治に興味をなくし、暮らしは乱れ早死した。

「皇帝とは、つまらんものだな」
コスト1.0
属性
兵種弓兵
能力武力1 知力7
特技魅力
計略明帝の勅命戦場で最も知力の低い魏の味方の武力と知力が上がる。
必要士気5
Illustration : 戸橋ことみ

Ver2.1から復活した魏の第二代皇帝。イラストが2の時に比べ、かなり荒れた感じになっている。
魅力持ちとはいえ武力1弓では戦力としては期待できず、あと一歩なにか欲しかったところ。

計略は「勅命」の名の通り投げ計略。対象が特徴的で「戦場で最も知力の低い魏の味方」。
効果は武力+4、知力+5、効果時間26.5c(Ver3.59_C_3)
単なる長時間武力上昇としては士気5に見合わないため、知力上昇を活かしたいところ。
投げ計略なので戦場のどこからでも使えるのも強み。低知力が対象且つ知力上昇があるため、重ね掛けはやや狙い難い。
また、対象指定の条件の関係で、ダメ計や妨害の威力向上には使い辛いので、
対象の候補としては、知力依存が強い超絶強化持ち。例えばSR張郃あたりになるだろうか。
他には、武力15の全体弓を約8c放てるようになるR夏侯淵(乱れ撃ち)、
勅命の他に他の知力上昇手段と組み合わせることで、爆発的に武力が増えていくC朱霊など、
武力&知力上昇で、格段に撃破効率が高まる武将と相性が良い。
効果時間を延ばすだけでなく計略耐性も高まるので、超絶強化の決定力をより高めることができるだろう。
とは言え、単体強化の重ねがけの宿命として、雲散計略に弱く、また本命武将の計略を反計されたりすると戦況は厳しくなる。
特に曹叡本人の所属である、魏勢力との戦いでは相性が出やすくなるだろう。

知力コンボ狙いの計略持ちとしては、上位互換スペックの上により低士気で複数の知力を上げられるUC辛憲英がいる。
効果時間が長い、武力も増える、戦場のどこでも使える、というUC曹叡独自の利点で張り合っていきたい。

なお、UC曹叡も対象候補に入っているため、曹叡が最低知力ならば曹叡に勅命がかかってしまう。
知力8以上の武将に勅命を与えるためには、なんらかの方法で知力の調節をする必要がある。
ただし、明帝の勅命で曹叡の知力を上げてからもう一度使えばいい、などと思わないように。
三国志大戦の仕様で自分の計略が自分にかかっている間は、計略の再使用はできない。

Menu

最新の20件

2019-07-16 2019-07-15 2019-07-14 2019-07-13

今日の20件

  • counter: 61407
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 25