カードリスト / Ver3.59 / / 083_徐庶


武将名じょしょ げんちょく義侠の軍師
徐庶 −元直−劉備の初代軍師。若い頃は義侠心が厚く剣術にも優れ、人のために仇討ちを買って出るなど、侠者として生きた。その後、諸葛孔明らと共に学び、荊州で劉備と出会い、軍師となる。曹仁が来襲した際には兵力差を覆し、曹仁必勝の策「八門金鎖の陣」を破った。

「この脅威、如何にして払うべきか……」
コスト2.0
属性
兵種騎兵
能力武力6 知力9
特技伏兵 募兵
計略侠者の陣法【旋略】(カード方向で効果が切り換わる)
↑:範囲内の味方の武力が上がり、敵の計略の対象にならなくなる。
↓:範囲内の敵に雷によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。
必要士気7
Illustration : 三好載克

過去、魏のみに存在したSR徐庶がついに蜀カードとなって登場。侠者デッキのキーカード。
スペックはR盧植と同等。コスト2で武力6は低いが、高知力伏兵で騎兵なので十分な戦力になる。
一騎打ちの発生しない文官の募兵持ち騎兵なので、号令役として生存させやすいことも強み。

計略は、全体号令とダメージ計略を使い分けることができる豪華な仕様の旋略。計略範囲は自身中心円。
↑方向の全体号令は、武力+5、敵の計略から対象外、効果時間約9c(ver3.594_C)
士気7と少し重いが、+5英傑号令と同じ効果に加え、妨害計略やダメージ計略に耐性が付く上にデメリットも勢力限定も無い、という優れもの。
自身が人属性かつ敵計略無効なので、精兵や奮陣などの強化陣略との相性が非常に良い。

↓方向は、範囲内の敵部隊全てに雷を1本ずつ落とすダメージ計略。性質は落雷とは異なり、火計や水禍の計に等しい。
基礎威力15と非常に低いため、確殺は知力1(大軍無し)のみ。
脳筋の敵武将を詰め込んだワラワラデッキなどへの対処に使えなくもないが、あまり積極的に狙うものではない。
ただし、軍師R禰衡の指鹿為馬からのコンボは範囲の関係で凶悪な殲滅力を発揮するため、
武将は蜀単だが軍師は異なる偽装単色で、油断した相手を阿鼻叫喚に落とすのも一興である。

号令効果を最大限活用するために、高武力(脳筋)武将を多めに組み込み号令勝負では押し負けない編成にしたい。
また士気の重さを補うために、蜀には魅力持ちの武力要員が多いので、それらを上手く組み込もう。
その上で超絶強化に対する絡め手も組み込めば、対応力はかなりのものとなる。
蜀にも挑発計略などあるが、魏の雲散などを組み込むのもまた一手かもしれない。

蜀屈指の汎用性を誇るRの自分と名前が被っており、共用できないことが悩みのひとつ。
ただ、こちらもカードの完成度は高く、きちんとコンセプトを理解していればそう見劣りしないデッキが組める。
蜀を代表する大徳デッキと比較すると、広範囲に広がり面で攻める大徳デッキに対し、
侠者デッキは計略無効を活かし、陣略などを絡めて一点突破で押し切るデッキである。

Ver3.59A_2において、妨害計略の上方修正などにより使用率が急上昇し、10位以内にランクインしている。

Menu

最新の20件

2019-07-23 2019-07-22 2019-07-21

今日の20件

  • counter: 86622
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 93