カードリスト / Ver3.5 / / 071_歩隲


武将名ほしつ しざんなし
歩隲 −子山−孫権の幕僚。赤壁開戦の際、劉備との連合を勧める諸葛孔明に論破されるが、いざ本戦が始まると的確な指揮を執って曹操軍を散々に打ち破った。陸遜の後を継いで丞相となる。書物を片時も手放すことのない勉強家であった。

「まだまだ、学び足りません!」
コスト1.0
属性
兵種槍兵
能力武力2 知力7
特技大軍
計略英魂戦法自身の武力が上がる。この効果は、武将コストが高い呉の味方部隊が撤退している時ほど大きい。
必要士気4
Illustration : F.S

Ver2.1xC歩隲の互換。
計略は「ふんばれ!」→「英魂戦法」に変更。
勉強に取り憑かれたのか、すごく健康が心配になるイラストになって帰ってきた勉強家。
Ver2.1xでは特殊すぎてほとんど使われなかった号令計略だったが、今回は素直な強化計略である。
スペックはなかなか良好で、高知力の大軍持ちのため伏兵掘りが得意で多少の乱戦にも耐えられたりと、開幕の対応力は高い。

計略の効果はコスト3撤退中だと+10、コスト2.5だと+8と、リスクなしの超絶強化となりうる感じで悪くない。
知力が高いので効果時間が7.5Cと長いのも利点であり、大軍も相まってコスト1槍兵とは思えない活躍を見せる事も。
自爆計略の多い呉軍には相性抜群で、最期の業炎で焼き払ってから使う、屍にあわせて超高武力を狙うなど、組み合わせは多彩。
特に工夫せずともコスト1の士気4で兵力100%越えの武力2ケタが得られるので、高コスト不在時の時間稼ぎとしては十分である。

とはいえ高コスト部隊が撤退しているのが前提であるため、あまり攻めには向かない計略であるうえ、
高コストを採用しないバランス重視のデッキや、部隊の足並みを揃える号令デッキには噛み合わない。
コスト1の文官槍兵枠というのもかなりの曲者で、自爆計略なしでも選択肢に入る二張やSR小虎、超絶強化を引き継ぐUC張悌など
よりどりみどりで、高コスト自爆には英魂の大号令のR陸遜でダメ押しという用法が確立していて現状はなかなか厳しい。
計略をどう生かしていくのかをしっかり考えないといけないので、使う君主にも勉強が必要になるカードである。

Menu

最新の20件

2019-07-20 2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 40110
  • today: 2
  • yesterday: 2
  • online: 90