カードリスト / Ver3.1 / / 051_太史享


武将名たいしきょう げんふくなし
太史享 −元復−太史慈の子。孫呉の忠臣であった父の遺志を受け継いで、孫権に仕えた。父・太史慈ほどの武勇は持ち合わせていなかったが優れた政治手腕を発揮して、呉の南方の統治に励み、孫権を支え続けた。孫権が亡くなった後も重用され、越騎校尉に昇進した。

「僕にも、勇敢な父の血が流れているのですから」
コスト1.0
属性
兵種騎兵
能力武力2 知力5
特技なし
計略再起の擁護者撤退中の味方を1部隊復活させる。さらに復活した部隊の武力を上げる。
必要士気4
Illustration : 吉田ちひろ

どう見ても、朱治の血を引いているようにしか思えない太史慈の息子。
計略もVer2.0x時代のC朱治が持っていた再起の擁護者である上、
計略時の台詞もC朱治の孫呉の祈り発動時と同じと、SEGAも狙ってやっているとしか思えない仕様。

その能力はほかの復活計略持ち武将と比べると優秀な部類に入る。
単純にスペックだけを見ても、呉においては貴重なコスト1武力2騎兵と言うのもポイント。
知力も5とそれなりで、妨害・ダメージ計略の耐性や伏兵掘りの生還率では淩操を上回る。

計略は、勢力問わず、撤退している武将をランダムに復活、
かつ9cの間(城内含む。最速で出城した場合、マップ上では約7c)、武力+2するというもの。
主に蛮勇などの自爆計略のフォローや高コスト武将を狙い撃ちした各種ダメージ計略への対抗手段などに有効で、
特に水計や火計への対策としては2部隊復活させても士気8と、さほどの士気差とならずに対処できる。
また弱点をフォローできる計略に雑用係として融通の利くコスト1騎兵、同じ人属性といった点でR孫策とは相性抜群。
計略士気や自身コストの軽さから混色でも使いやすく、他のメンバーを高武力で固めた少数精鋭型デッキも散見される。

しかし士気差が取れない乱発は論外だし、士気差ばかり稼いでも攻め手に割く士気まで使ってしまっては本末転倒である。
ただでさえ大型計略が多く、また計略依存度も高い呉のお国柄もあり使いどころはよく考える必要があるだろう。
また対象の勢力や兵種などを問わないのは融通が利き便利だが、狙った武将のピンポイント復活ができない点には注意。

Ver3.5ではコスト1騎兵枠にR呉夫人というライバルが出現したため、使用率は分散傾向にあるようだ。

なお、能力値や裏面のテキストは文官っぽいが、しっかり一騎討ちが発生する。太史慈の息子なので当然といえば当然なのだが…。
計略を使うかどうかはもう少し様子を見て…なんてケチっていると取り返しが付かなくなる事もあるので要注意。

Menu

最新の20件

2019-10-18 2019-10-17 2019-10-16 2019-10-15

今日の20件

  • counter: 58261
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 85