カードリスト / Ver3.1 / / 030_丁原


武将名ていげん けんようなし
丁原 −建陽−荊州刺史で、呂布の義父。武勇があり、戦争では先頭に立って戦った。王朝を支配しようとする董卓に反発し、呂布らを率いて大勝するが、董卓に赤兎馬を贈られたことで裏切った呂布に殺害されてしまった。

「へっ、俺には呂布がいるんだ。怖いもんはねえよ!」
コスト1.5
属性
兵種騎兵
能力武力5 知力4
特技防柵
計略戦乱の一番槍自身の武力を上げる。さらに効果終了後に士気が上がる。ただし最大士気が下がる。
必要士気3
Illustration : 仙田聡

やたらと自信満々な態度が鼻につく呂布の義父も参戦。
どちらかと言うと正史の「武芸に長けていても学は無く、役人としての能力も大してなかった」姿に近いか。

非常に地味なカードだが、全勢力でも数少ない柵持ちの武闘派騎兵。
特に後半の一発勝負となりがちな逆境デッキにおいては、序盤〜中盤のしのぎに使える柵はかなり貴重な特技である。

計略は、実質消費士気1で武力+3というだけで、最大士気-1の出費に足るほどの効果かは疑問が残る。
特に速度上昇もなければ勇猛もないため、一騎討ちで負けたり追いまわされて潰されたりして大損になる危険性が怖い。
普通に使っていくよりは、逆境計略の布石として最大士気を下げるためのものと割り切ったほうがいいだろう。
士気下げ要員としてだけ考えるなら、同じコスト1.5のC陶謙のほうが安全に攻撃できる弓兵なので使いやすいが、
逆境デッキでは不足しがちな騎兵である点は強みであり、機動力と戦闘力を優先するならリスク覚悟で採用する価値はある。

しかし漢軍のコスト1.5は様々な強力カードがひしめく超激戦区。
単純な武闘派騎兵としてみると、優良スペックで決起の神速計略持ちのR孫堅やUC劉虞が人気を集め、
逆境デッキの最大士気下げ要員としても、前述のC陶謙やVer3.59_1で計略にメスが入ったR田豊などが立ちはだかる。
追加当初からVer3.59_1現在にいたるまで、脚光を浴びることなく埋もれているのが実情。

Menu

最新の20件

2019-07-24 2019-07-23 2019-07-22 2019-07-21

今日の20件

  • counter: 31681
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 92