カードリスト / Ver3.0 / EX / 018_周瑜


武将名しゅうゆ こうきん美周郎
周瑜 −公瑾−その美しい容貌から「美周郎」と呼ばれた、三国志屈指の名軍師。赤壁の戦いで曹操を破るなど、劣勢下にあってもその智謀で数多くの戦を勝利に導いた。また音楽の才にも通じており、酒に酔っていても奏者の演奏の違いに気づいたという逸話を持つ。

「愚かなる敵よ、我が策に酔いしれるがよい」
勢力
コスト2.0
属性
兵種弓兵
能力武力5 知力8
特技防柵
計略赤壁の大火範囲内の敵に炎によるダメージをあたえる。ダメージは互いの知力で上下する。
必要士気7
Illustration : 風間雷太

エンターブレインより発売の「三国志大戦頂上対決列伝」に付属されているEXカード。
種別レアリティはEXだが、ゲームで使用する場合はUC扱いである。

全体的な武力インフレの環境のなか、柵があるもののコスト2武力5というのはなんとも頼りない性能。
「美周郎」の通り名を持っているにもかかわらず、魅力が無いというのは中々笑えない冗談である。
Ver1時代の陸遜と同じスペックにしたということなのだろうか…。

同名のR周瑜と比較して、コスト・兵種・属性・計略が同じなのにスペックが全体的に弱体化。
武力-1と知力-2と伏兵と魅力を犠牲にして防柵を手に入れた、とも表現できる。
特に知力減少が大きく、計略の威力がかなり低くなっており、知力3すら稀に焼け残ることがある。
ほぼ唯一と言える強みは柵を得たことであるが、お国柄もっと使いやすい武将で柵をまかなえるため、有り難味は少ない。
最高知力の伏兵と最高威力のダメージ計略というプレッシャーを与えられるRのほうが圧倒的に強いだろう。

Menu

最新の20件

2019-10-24 2019-10-23 2019-10-22 2019-10-21

今日の20件

  • counter: 54349
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 81