カードリスト / Ver3.0 / 群雄 / 005_紀霊


武将名きれい三尖刀の豪傑
紀霊袁術配下の武将。劉備軍との戦いでは関羽と一騎討ちになり、関羽と30合打ちあって引き分けたほどの武勇の持ち主であった。しかし、袁紹の下へ落ち延びる袁術を護衛していた際に、劉備の奇襲を受け、張飛に斬り殺された。

「われこそは袁術配下第一の将・紀霊であるぞ!」
コスト1.5
属性
兵種騎兵
能力武力6 知力4
特技募兵
計略多勢の攻め自身の武力が上がる。その効果は戦場にいる味方部隊の数が多いほど大きい。
必要士気4
Illustration : masaki

Ver2.xUC紀霊の互換。
全勢力のコスト1.5武力6騎兵の中で、唯一募兵を持つ武将である。

多勢の攻めは、戦場にいる味方の部隊数+2(Ver3.59_2)の武力上昇。
自分のみの場合は武力+3と強化戦法以下だが、5部隊でも+7、7部隊で+9となかなかの上昇値になる。
部隊数が増えれば最大武力が低くなるところを手軽に補えるため、多枚数デッキでの裏の手に向く。
ただし計略時間が7cと短く武力上昇以外の効果がないため、漫然と使うだけではあまり戦果はあげられないので注意。

コスト相応の武力6で中知力、募兵持ちというスペックも含めなかなかの良カードなのだが、
群雄という勢力そのものが紀霊の性質といまいち噛み合っていないのが難点。
安定した号令がない代わりに超絶強化が豊富で、コスト2枠が薄い代わりに2.5枠と1.5枠が充実しているお国柄なので、
足並みを揃えるのが前提の計略が生かしづらく、単体強化中心ならより強力なコスト2.5枠が優先される事が多い。
またコスト1.5枠は優秀なライバルが多い激戦区でもあることから、選択肢からは外されがちである。

前述の理由から群雄単色よりも混色の多枚数デッキに採用されるケースが多く、
武将コストの軽さとスペックの良さ、ワラワラと相性のいい計略という特性を見込まれ投入されていた。
しかしVer3.51Bで自身の計略と、低コストの攻城力減という二重の弱体化を受けてしまい使用率も低下している。

Menu

最新の20件

2019-07-16 2019-07-15 2019-07-14 2019-07-13 2019-07-12

今日の20件

  • counter: 60018
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 32