カードリスト / 第5弾 / / 曹操(五将軍の大号令)


武将名そうそう もうとく武皇帝
曹操 孟徳「覇道の輩よ。我がもとに集え!」

多彩な才能に恵まれた乱世の奸雄。有能な人材を熱心に登用し、一代で魏王の座まで上り詰めた。赤壁の戦いで大敗を喫したため、天下統一は叶わなかったが、その名は三国時代の覇王として後世まで語り継がれた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器士気上昇 地の利 速度上昇
計略五将軍の大号令味方の五将軍(于禁・楽進・徐晃・張郃・張遼)の武力と征圧力が上がる。さらに撤退している場合、撤退した場所に復活させ、同様の効果を与える
必要士気10
Illustration : 塚本陽子Character Voice : 平田広明


魏では通算11枚目となる曹操は、懐かしの「五将軍の大号令」を持ってやってきた。

魏の曹操の中では最も軽いコスト1.5。スペックは1.5コストにして4/9とやはり武力低め。
ただ他も征圧力2と魅力しかなく、後述の計略もあってあまり戦力としては当てにできない。
将器はサポート向けだが、自身が重コスト号令持ちかつ計略対象外なので士気上昇が第一候補。
地の利は特に優先的に覚醒させないのなら候補に挙がる。

計略「五将軍の大号令」は対象指定の号令。
魏の五将軍である于禁・楽進・徐晃・張郃・張遼の武力を+10、征圧力を+2する。
武将名のみの指定なので、群雄の張遼や漢の張郃も対象になる。
ただし最大士気を増やさないと使えず、五将軍に同盟者持ちはいないので同盟の法玉【装】は必須。
撤退していた場合は撤退した地点(敵陣の場合は同類の計略と同じく中央付近)に復活する。
効果時間8〜9c程度(詳細情報待ち)
(Ver3.1.0A)

どちらかと言えば防衛時やカウンター目当てで使うタイプの計略で、ある程度相手を自陣に誘い込んでからが本番となる。
相手が号令などで攻め寄せてきて曹操以外が全滅したあたりで使い、武力&征圧力上昇を活かしたカウンターが理想。
士気10使うだけあってほとんどの号令にはまず勝てる反面、試合中2回しか使えずそれ以外の事はほぼできないので作戦は読まれる。
攻撃の時にも使えなくもないが、速度上昇がないので他の号令計略と同じく全員のラインが上がった状態で使うのが好ましい。
復活地点からライン上げをすると敵城に着いてすぐに効果が切れる、もしくは法具連環を使われたら辿り着く前に切れてしまうので要注意。
言うまでもなく士気が貯まった時に曹操が撤退するのは厳禁である。

当然ながら自身を除く6.5コストは全て五将軍であることが望ましい。
…のだが、五将軍は絶対的に数が足りないのが最大の難点。
Ver.3.1.0B現在張郃は5枚・張遼は3枚・徐晃は3枚・楽進は2枚・于禁に至っては1枚だけである。
しかもコストの都合上、通常の対戦では五将軍全員をデッキに投入することは不可能。
それだけならまだしも、五将軍は軒並み強化計略持ちであり搦め手の類は一切入らない。
さらに誰一人魅力を所持しておらず、士気上昇の将器持ちすら復刻張遼ただ一人で士気の回転もかなり悪い。

デッキ構築の方針としては2つある。
1つは騎馬単編成にする場合で、殲滅力が高く征圧戦を得意とするが攻城力に難がある。
一応大斧徐晃を入れれば多少改善されるものの、それでも全体的に見れば低い。
もう1つが連弩兵の于禁や槍兵を採用したバランス型。
号令デッキとしては比較的シンプルな立ち回りができるが、弓兵が用意できないため操作量は多めとなる。
やろうと思えば5枚型や曹操だけ騎兵にする型も作れるが、ただでさえ厳しい選択肢が更に厳しくなる。

とにかく限られた選択肢で誰を選ぶか、相当デッキ構築に自信のある人向けの武将と言えるだろう。
敢えて五将軍以外の搦め手を少し入れるのも手ではある。後は新たな五将軍の登場に期待といったところ。

登場バージョン

Ver.3.1.0A

Menu

最新の20件

2020-11-27 2020-11-26 2020-11-25 2020-11-24

今日の20件

  • counter: 12418
  • today: 47
  • yesterday: 71
  • online: 67