カードリスト / 第5弾 / / 胡奮(夜叉の刻威)


武将名こふん げんい玄奥なる威武
胡奮 玄威「敵は斬る。それだけだ」

胡烈の兄。生粋の武人であり、西では姜維の北伐、東では諸葛誕の乱を鎮圧するなど、地方を問わず軍略を振るった。晋成立後は北方の異民族に対する防備を務め、次いで南方の呉征伐にも参加。一軍を率いて荊州を平定した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力8 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器突撃術 突破術 守城術
計略夜叉の刻威自身と最も武力の高い味方の武力が上がる。対象が特技「刻印」を持つ味方であれば、さらに兵力が上がる。ただし自身か対象の味方が撤退すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : チーコCharacter Voice : 佐藤拓也


1枚目は汎用計略だったが今回は独自計略を持って参戦した胡奮。

スペックは刻印持ちゆえに非常に高く、同コストの艾と比較して知力-1、征圧力+1、特技攻城→勇猛(+刻印)という形。
攻城力以外は実質の上位互換だが、撤退のリスクが上がっている点には注意したい。
将器は基本的に突撃術か突破術の選択となるだろう。

「夜叉の刻威」は自身と相方を強化するタイプの計略。
基本効果は自身と範囲内の最高武力の味方の武力を+6する。勢力限定なし。
刻印持ちの場合、兵力が約30%回復する。効果時間は7.9c(Ver.3.0.0A)。

一対舞闘の速度上昇が兵力回復になり、特技魅力持ちが刻印持ちに変わった形。
一対舞闘は速度上昇を活かして敵を殲滅していくことができたが、こちらは回復なので消耗戦を得意とする。
刻印持ちはスペック優秀な人材が豊富なので素武力でも押し込むことが可能、あとは計略を添えてトドメをさすといった形となる。
問題は自身が高コストの騎兵であるため、相方をどうするのか、ということ。
兵種バランス的には槍兵が理想だが、コスト1.5以下だと壁役としてはやや弱く、コスト2以上だとデッキが歪な形になりやすくなる。
騎兵を相方にしてもいいが、その場合速度上昇がないのが痛い。

ちなみに、弟の胡烈(夜叉の暴剣)を対象にすると特殊台詞になる。やはり兄弟での運用を前提としているのだろうか。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

Menu

最新の20件

2020-06-06 2020-06-05 2020-06-04 2020-06-03 2020-06-02 2020-06-01

今日の20件

  • counter: 10405
  • today: 46
  • yesterday: 54
  • online: 77