カードリスト / 第4弾 / / 楊肇


武将名ようちょう しゅうしょ
楊肇 秀初「な、なんで僕は
  いつも上手くいかないんだ・・・・・・?」

晋の武将。博識な人物で、司馬炎が即位すると近衛軍を統率し、働きが認められて荊州刺史まで昇進した。呉の歩闡が晋に帰順すると、その援護に向かったが、陸抗に阻まれて敗退。責任を追及され免官されて故郷に戻った。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器速度上昇 守城術 募兵
計略加醒の苦闘武力と移動速度と征圧力が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる。ただし城に戻れなくなる
必要士気4
Illustration : 伊藤未生Character Voice : 斉藤壮馬


悲しいかな陸抗の咬ませ犬以外の目立った出番のない男・楊肇。

第4弾で3枚も追加された5/6/2槍のうちの一人。彼の場合は防柵持ち。
一応、晋軍の1.5コスト槍では唯一の防柵持ちである為独自性はある。
将器は本人の計略との噛み合いは良い募兵があるが、本体の生存性能がやや弱いため
使い潰すか生き延びさせるかはデッキ構築の時点で考える必要がある。
城に戻れない以上守城術はあまり相性が良くない。

計略「加醒の苦闘」は自身強化。
武力が+4・移動速度が1.4倍・征圧力が+2に加えて覚醒ゲージが60%上がると言うもの。
更に効果時間は永続(Ver.2.5.1C)と、士気4にしては盛りに盛っている。
しかし代償が何もないわけがなく、計略を使うと自城に戻れなくなってしまう。

武力9・征圧4、迎撃されない速度上昇中の槍兵が戦場に居座るのは中々に厄介。ちなみに、盤面的には武神関羽と同じになる。
とは言え城に戻れないデメリットを抱えている上に素の速度が低めの槍である為、
摩耗すればその内落とされてしまう。幸い加醒計略なので撤退する事によるデメリットはそこまで大きくない。
逆に無理に生存させようものなら効果永続が祟って連打が利かない事が重くのしかかる場合もある。
覚醒ゲージ補強をこれ任せにしてしまう際は注意が必要。

一応、司馬攸の計略『加醒の転身』での帰城は可能。
生存を重視しつつ立ち回るなら、楊肇の計略の連打が利かない以上組んでしまった方が良いだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 覚醒ゲージ上昇値増加 50%→60%

Menu

最新の20件

2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 15584
  • today: 53
  • yesterday: 84
  • online: 68