カードリスト / 第4弾 / / 陸機


武将名りくき しこう洛陽三俊
陸機 子衡「黄耳、滅びる前によく見ておけ。
     我らが愛した孫呉の景色を」

陸抗の四男。はじめ父と共に呉に仕えたが、呉が滅びると、陸遜・陸抗らの功績を称えて呉の末期のふがいなさを指摘した「弁亡論」を著し、故郷に隠遁した。のちに晋に仕えると、その文名から顧栄・陸雲と共に「洛陽三俊」と称された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 速度上昇 募兵
計略望郷の駿傑敵の武力と知力と移動速度を下げる
必要士気7
Illustration : まじCharacter Voice : 杉田智和


陸抗の息子が父親と同じレアリティで参戦。ちなみに「黄耳」とは彼が飼っていた犬の事。

スペックは知力8伏兵・魅力持ちとは言え武力6と2コストとしてはやや頼りない。一応征圧は2ある。
将器は速度上昇が一番安定するか。

計略「望郷の駿傑」は呉では珍しい純粋な妨害計略。
範囲内の敵の武力を-6・知力を-4・移動速度を0.3倍にする。範囲は自身前方の円形で、直径はカード約3枚分と狭い。
知力1に対しては10c持つが、同知力辺りから目に見えて効果時間が落ちる(Ver.2.5.1B)。

効果自体は強力なものの範囲が狭く、また士気7の大型妨害である為重ね掛けもほぼ不可能。
撃つからには敵の主力を捉え、かつ確実に叩けるようにする必要があるだろう。

同じ様に武力・知力・移動速度を下げる魏の賈詡の離間の計と比べると、こちらは必要士気が1多いが武力低下と移動速度低下と計略範囲で勝る。
しかし賈詡はコスト1で裏の手として入れやすいが、陸機はコスト2なのでデッキに入れづらいのが難点。
また同勢力に赤壁の大火や火計など同士気のダメージ計略があり、そちらが優先して採用されがち。
このため、計略は数度の上方修正を受けたが、採用率は今一つといった現状である。
呉の妨害計略としての価値・運用法を見出だせるか、使い手のセンスが問われる一枚。

効果時間の目安 知力依存3秒

敵の知力12345678910
効果時間10c9.7c9.5c9.2c8.8c8.4c7.9c6.7c5.4c4.9c


登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 移動速度低下値増加 0.4倍→0.3倍
Ver.2.5.1C 範囲拡大

Menu

最新の20件

2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 18235
  • today: 111
  • yesterday: 144
  • online: 66