カードリスト / 第4弾 / / 朱然(反攻の大号令)


武将名しゅぜん ぎほう勇烈なる武人
朱然 義封「お前らに孫呉は渡さねえ。
 この朱然の武名だけ持って帰れ!」

孫権に仕えた武将。朱治の甥で、君主の孫権とは学友だった。防衛戦、撤退戦で活躍した歴戦の将であり、苦境でも常に陣頭に立ち兵を鼓舞した。若き頃からの孫権の臣下としては、最後まで生き残り、二世武将たちを引っ張っていった。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器突撃術 防柵強化 地の利
計略反攻の大号令味方の武力が上がる。この効果は戦場にある自軍の柵が多いほど大きい。ただし計略発動時に自軍の柵の強度が下がる
必要士気6
Illustration : 塚本陽子Character Voice : 子安武人


遂にRをすっ飛ばして通常排出SRにまで上り詰めた朱然。
そして旧作以来のダメ計以外の朱然である。

スペックは2.5コスト騎兵としてはバランス型。数値だけなら孫堅(天啓)の上位互換だったりする。
特技は計略を活かす為か防柵のみと寂しめ。
将器はどれも使い道自体はあるが、朱然の動かし方によって優先度が変わる。

計略「反攻の大号令」は防柵の枚数によって効果が変わる号令。
武力が3+防柵の枚数だけ上がるが、代わりに防柵が騎兵7回接触分(分かりやすく言うと素の柵は全壊する)
耐久値が下がってしまう。
なお、1枚も防柵が無かった場合は武力が+1しかされない。
また、法玉【装】によって付けられる城門防柵・前線防柵も枚数に含まれる。
(Ver.2.5.0A)。

使い方はなかなか難しい。
何せ武力上昇値が防柵の枚数に依存する為、破壊されればされる程効果が落ちていくのである。
つまり本来部隊や城を守る為に設置する防柵を、部隊や城を使って守り抜くと言うあべこべの戦術が必要になる。
一応、防柵さえあればいい為法玉【解】の防柵や防柵再建の法、全琮・呉国太・辛憲英の計略で
柵の枚数を維持・補充するコンボも考えられるだろう。

なお、意外な事に勢力限定が無いので他の勢力から防柵持ちを持ってくる事も可能。
他の勢力の防柵持ちには優秀な武将も少なくないので一考。

地の利持ちと陥陣営は天敵なので要注意。

尚、余談ではあるが旧作「2」では朱然の所持計略は「防柵再建」だった。城や部隊を守る為に防柵を築いていた彼が、
今作では自軍の武力強化とはいえども逆に自らの手で防柵を壊す事になろうとは、何とも皮肉である。
また、自身も地の利を持っているため、相手の柵も難なく壊せるという、ある意味「柵破壊者」になってしまった。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長
       防柵強度低下値減少