カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 鄒氏(女僕の奉仕)


武将名すうし艶なる女僕
鄒氏「私にできることなら、何でも・・・・・・
     ご奉仕させていただきます」

張繍の叔父・張済の妻。類まれな美貌を曹操に見初められ妾にされる。しかし叔父の妻を妾にされたことで張繍は激怒し、反乱を起こす。曹操配下の典韋や息子の曹昂も討ち死にしたこの乱で、鄒氏も命を落としたといわれる。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器征圧力上昇
計略女僕の奉仕(メイドのほうし)最も武力の高い味方の武力と知力と移動速度と征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 村川梨衣


第十回双子星チャレンジの報酬は鄒氏(誘惑)の華装武将。メイドさん。
これもエプロン張魯等と同様、同一イラストレーターによる新規書き下ろしのコンパチ。
Ver.3.0.0Aで村川氏が再参加した為、台詞は全て新録になった。

スペックは通常排出の自分と同じだが、将器が征圧力上昇+赤3で固定。
征圧重視の主効果と攻城重視の赤3を併せ持ち、前線に出つつ隙を見て攻城を狙うといった攻めを重視した組み合わせと言える。
しかし計略は機会を窺って使える戦場全体の投げ計略であるため、自分が撤退している時間をあまり作りたくなく、
自城付近でも活躍出来る計略であるため若干ミスマッチ気味。

計略は幾多の武将を骨抜きにしてきた誘惑とは真逆の戦場全域への投げ強化計略。勢力限定はなく、2度がけも可能。
最も武力の高い武将に武力+6、知力+4、移動速度1.6倍、征圧力+2とあらゆる面が強化される。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0E)。
あまり考慮する必要はないが、3.0.0Aで自身も対象に含むようになったため自身未満の武力は対象にならず、最高武力の味方が自身と同武力の場合は自身と味方からランダムで掛かる。
自身に掛かった場合は計略が切れるまで再発動不可。

呂布を筆頭に高武力との相性が抜群に良く、総合的に強化されるので穴が少ない。
戦場全域なのも魅力的で、後方の塗りなどをこなしながら投げられるため反計にも強い。
同じ武力の武将だと対象がランダムとなるので、基本的にはワントップ型デッキとなる。

ただ一つ一つの効果を見れば士気5としてはそれなりで、一つに特化した超絶強化には敵わないことが多い。
そして群雄の高武力武将はだいたい何らかの超絶強化を所持している。
なのでメイン計略として運用していくよりはサブ計略として使っていくことになるだろう。
士気消費も軽めでデメリットも無いため、武将本人の計略を使うまでもない状況であればこちらで済ませたほうが戦況を有利にできる。
また知力上昇があるためコンボに使うのも強力。コンボ用としては士気は重めだが、消費した士気に見合うだけの戦力は得られるだろう。
ただ敵側の超絶強化を封じる誘惑の自身を採用できないのも悩みの種の一つ。
武力系の妨害を喰らっても計略が投げられなくなることがある点にも注意。

高武力武将とならば誰とでも相性がいいので単色・混色、兵種すら問わず様々なデッキに採用出来る。
総じて、スペックも悪くなく、1コストの裏の手として十分なポテンシャルを秘めた強力な武将といえる。

登場バージョン

Ver.2.6.0E (第十回双子星チャレンジイベント)

修正履歴

Ver.3.0.0A 計略対象に自身が含まれるように修正

Menu

最新の20件

2020-08-15 2020-08-14 2020-08-13 2020-08-12

今日の20件

  • counter: 21741
  • today: 65
  • yesterday: 77
  • online: 129