カードリスト / 第3弾 / / 曹爽


武将名そうそう しょうはく愚かなる大将軍
曹爽 昭伯「ボク様のすることに
     間違いはな〜い!!」

曹真の子。若い頃から曹叡の寵愛を受け、司馬懿と共に後事を託された。しかし腹心の何晏らに唆されて権力を独占すると、数々の失敗により人心を失う。その後も司馬懿を老齢と侮り専横を続けたが、クーデターを受けて処刑された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力1 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器復活減少 防柵強化 征圧力上昇
計略愚将の遊興最も武力の高い味方の征圧力が上がる。ただし武力が下がる
必要士気3
Illustration : ともひとCharacter Voice : 関智一


正しく親の七光りとも言える曹真の息子が、大戦初登場。
何と言うか、キャラクターが完全に某人気漫画のお坊ちゃま。ご丁寧にCVまで一緒なのは狙っているのか。
フレーバーテキストは大将軍つながりのあの人の影響であろう。

スペックもやはり親の七光りと言わんばかりに低いが、防柵と征圧力2があるだけまだマシか。
弓兵という事を忘れて塗りに投げ捨てる前提であれば、復活減少や征圧力上昇は候補に上がるが、
計略対象になる武将の将器を優先させる等して見送るのが無難。

計略「愚将の遊興」は勢力不問の投げ征圧力強化。
武力ー4と引き換えに、征圧力上昇値は士気3にしてなんと12。目に見えるレベルで征圧範囲が広がる。
効果時間は5c、知力依存0.8c(Ver.2.1.0D)。なお、自身を含む戦場全体なので自身に飛ぶと再使用できない。
そこに気を付ければ一応重ね掛けも出来るが、さすがに征圧力+24の代償が武力-8は厳しいので程々に。
また、効果時間も知力1相応に短い為、少しでも移動を躊躇ってしまえばろくに塗る事もできずに終わってしまう。
知力を上げれば効果時間は相応に長くはなるが、その分武力低下の時間も長くなるので、知力上昇からのコンボは現実的ではない。

そのため計略を使うのであれば、乱戦を避けて動き回れる騎馬をデッキ構築の段階で最高武力にしておくのがベター。
ただ魏単で組むならば、他に優秀でデメリットがない征圧力強化計略があるので、
武力低下のデメリットと過剰気味な征圧力上昇値の釣り合いが取れているか、いかに利用出来るかを良く熟慮してデッキを構築する事。

Ver.2.6.0Bにて自軍の征圧領域の多さに応じて武力が上がる曹丕(文帝の治世)が追加。
士気10を要する大型コンボではあるものの、戦場の広範囲を一気に塗り替えることで号令の武力上昇値を引き上げやすいのが強み。
内乱での領域リセットもなくなるので、征圧力+12で一度塗った領域を中々塗り返しづらいというのも地味に強力である。
しかし僅かな時間といえど号令中に最高武力武将が武力-4されるデメリットはやはり大きい。
また一気に塗り返す必要がある場面で文帝の治世を使うタイミング自体が殆どない為、裏の手というより奥の手に近い事は留意したい。

Ver.2.1.0Cまでは征圧力+12に対して武力-99と得られるリターンに対するリスクが莫大すぎて、まともな使い方はほぼ出来なかった。
Ver.2.1.0Dにて武力低下値が大幅に緩和されて使い勝手はやや改善。
それでも過剰な征圧力上昇を効果的に活かす手段に悩まされていたが、ようやく好相性な相手を得たと言える。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 征圧力上昇値増加 +8→+12
Ver.2.1.0D 武力低下値減少 -99→-4

Menu

最新の20件

2019-12-14 2019-12-13

今日の20件

  • counter: 29136
  • today: 18
  • yesterday: 41
  • online: 50