カードリスト / 第3弾 / / 司馬孚


武将名しばふ しゅくたつ
司馬孚 叔達「我が心、惑わず。
  ただ魏のために尽くすのみです」

司馬懿の弟で、魏の政治家。温厚な人柄ながら、君主に対しては筋の通った諫言を行ったという。魏の政治を正すために兄のクーデターに協力したが、魏朝への忠誠は篤く、司馬一族が権勢を握ってからも、最期まで揺らぐことはなかった。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力8 征圧力3
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 募兵
計略滅私の号令味方の武力が上がる。ただし自身の武力が下がる
必要士気6
Illustration : 池田正輝


大戦初登場となる司馬懿の弟。ちなみに三男である。
司馬一族である為晋軍での参戦と思いきや、魏への忠誠心の篤さが評価されたか魏所属。

スペックは2コストとしては若干苦しい数値。最低限の武力6があるだけまだマシか。
征圧力は3と高いが、弓兵なので恩恵は薄い。総征圧力の底上げに活かしたいところ。
重めの号令持ちである為、魅力を持っているのは嬉しい。
将器は計略を考えるなら知力上昇だが、どれでも問題ないだろう。

計略「滅私の号令」は勢力不問の号令。
他の武将の武力を+6、自身は武力を-6(以上?)する。効果時間は約8C(Ver2.0.0A)。
武力上昇は士気6としては十分だが、代わりに自身の武力はほぼ0になってしまう為戦闘はまずできなくなる。
一応横弓はできるが、ダメージまでは期待しない方が良いだろう。

このような武力低下があるのは痛いのだが、
自身が撤退したら効果中の部隊が全撤退、のような致命的なデメリットでないだけまだいい。
とは言っても、自身の武力-6というのは単純に考えると
武力+5の英傑号令と打ち合った場合、普通のデッキではデッキ総武力で負けることが多い。
この号令を生かすのであれば、低枚数のスペック自慢を集めて
同士気の計略に押し負けないようにした方がよさを発揮しやすい。

だがVer2.0.0現在は士気6で武力差6をつけたり、士気5で武力+5出来る号令なども登場している。
上昇する武力は劣っても速度や兵力を上げて数値をカバーできるような号令も珍しいものではなくなってきている。
魏にも同じコストで撤退と戦闘不能という違いはあれど、魏国の礎という強力な号令がある。
魏国の礎と比べるとデメリットがあって武力+6だけ、しかも士気6は士気効率がいい計略とは言えない。
効果時間や武力でもう一声欲しい感は否めず、あまり積極的に使いたいポテンシャルは持っていない。

使うとしたら英知の大号令でのファイナルアタックを狙うまでの急場しのぎなど、
かなり限定的なものとなってしまうか。