カードリスト / 第3弾 / / 楽チン


武将名がくちん
楽綝「この速さに追いつける奴は
  敵にも味方にも居やしねえ!」

楽進の子。父に劣らず武勇に秀で、諸葛亮の北伐では張遼の子である張虎と共に最前線に立つが、敗北を重ねた。公孫淵の乱・文欽の乱で功を立て揚州刺史に昇進するも、司馬家に対して疑心暗鬼となった諸葛誕に攻められ戦死した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力6 征圧力0
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 守城術 迅速攻城
計略魏武の継戦武力と征圧力と城内での兵力回復速度が上がる
必要士気3
Illustration : 前河悠一


大戦初登場となる楽進の息子。

武力・知力は考えられる限り1.5コストでは最上級の6/6。
更に特技も勇猛・攻城と揃っており、スペック・特技共に充実していると言うトンでもない性能。
但し、その反動で征圧力は0。しかも征圧力上昇の将器はない為必然的に塗れなくなる。

ただし、その欠点は計略でカバー可能。
計略「魏武の継戦」は武力+2・征圧力+2・城内回復速度上昇と全体的にマイルド気味の効果。
…なのだが、効果時間は何と99C以上(Ver2.0.0)である。
早い話が士気3溜まった直後に使えば、戦闘終了まで効果が持続すると言う凄まじい長さを誇る。
計略さえ使えば8/6/2 勇猛・攻城持ちの1.5コストが完成する事になり、自ら塗りに参加できないデメリットを消す事が出来る。

勿論撤退させてしまえばそこで終了である為、意地でも楽綝を撤退させない立ち回りが重要。
騎兵なので無理させない限りは撤退のリスクは少ないものの、迎撃のリスクは付きまとう。
挑発や、高知力ダメ計、高武力勇猛持ちとの一騎打ちなど、それなりに危険は多い。
士気は軽めで長時間とはいえ、考えなしに使い得という訳でも無いので注意。

総合的には、得手不得手を尖らせることで明確に役割を持ちやすくなっている。
征圧0についても、総征圧を重視しなくとも騎兵単デッキなどではカバー出来るため、計略使用を前提としない運用もありうる。
ただし効果時間の関係上、計略使用の有無はマッチング時点で決めておきたい。
父同様に、高いスペックでデッキの底上げを担ってくれるだろう。