カードリスト / 第3弾 / / 法正(虎威の報復)


武将名ほうせい こうちょく報復の軍師
法正 孝直「そこに座れ。
 私に踏み抜かれて絶命するがいい」

劉備の軍師。旧主・劉璋を見限り、劉備を益州に招き入れた。重職に就けられると、恨みを抱いた者に残らず報復する冷酷な面も見せたが、曹操に「なぜ法正を手に入れられなかったのか」と言わしめるほどの智謀で、劉備を漢中王の座に導いた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力3
官職文官
特技-
将器兵力上昇 知力上昇 遠弓術
計略虎威の報復蜀の味方の武力が上がり、敵の武力を下げる
必要士気6
Illustration : Tomatika


2枚目の法正はコストアップした弓兵で登場。

スペックはまさに軍師のそれであり、2コストにして不安な武力6。
知力は9と高めだが、それを最大限活用できる伏兵どころか特技を一切持たないところが悩ましい。
スペックのフォローか征圧力3と高めだが、これも弓兵である事を考えると最大限に活きない…
と、はっきり言わなくともスペック目当てで採用できる武将ではない為、その計略に目を向けることになる。
将器は少しでも相手を攻撃できる範囲を広げる遠弓術が無難か。
妨害効果を活かすならば知力上昇も一手だが、妨害の効果時間に癖があるので汎用性がやや下がるのが悩み。

計略「虎威の報復」は、範囲内の味方には号令、敵には妨害になるという特殊な計略。
味方は武力+4、敵には-3を与える。効果範囲は戦場4分の1程度の自身を含む前方円。
味方への効果時間は8.1C(知力依存0.3C)。
妨害効果の知力依存は割と高く、素だと知力7以上に対して加速度的に効果が下がってしまう。

特に条件もなくノーリスクで武力差7を付けるので、士気6の号令としては破格の性能。
とはいえ十分な効果を得るには敵味方全体を巻き込むつもりで使う必要があり、自軍も密集する傾向にあるのが大徳との違い。
広がって攻めてくる相手も苦手で、場合によっては士気効率の悪さを承知で妨害は相手の主力だけを巻き込めれば十分といった判断も求められる。

強力な計略要員ではあるものの、やはり問題は本体性能。
前述の通りスペック目当てでまともに採用できない武将である上に既に2コスト取ってしまっている。
「法正がいないときのフォロー」を最大限に考慮する必要が出てくる。
幸い、蜀は号令や超絶強化やダメージ計略・回復計略等に事欠かない勢力である為、上手く他のメンバーを揃えて
様々な局面に対応できるようにしたいところ。

Ver2.0.0Aでは、バグで武力上昇効果が蜀以外の武将にも適応されていた(2.0.0Bで修正)。

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力低下値増加 -2→-3