カードリスト / 第3弾 / / 法正(虎威の報復)


武将名ほうせい こうちょく報復の軍師
法正 孝直「そこに座れ。
 私に踏み抜かれて絶命するがいい」

劉備の軍師。旧主・劉璋を見限り、劉備を益州に招き入れた。重職に就けられると、恨みを抱いた者に残らず報復する冷酷な面も見せたが、曹操に「なぜ法正を手に入れられなかったのか」と言わしめるほどの智謀で、劉備を漢中王の座に導いた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力3
官職文官
特技-
将器兵力上昇 知力上昇 遠弓術
計略虎威の報復蜀の味方の武力が上がり、敵の武力を下げる
必要士気6
Illustration : Tomatika


2枚目の法正はコストアップした弓兵で登場。

征圧力が高いものの、相変わらず武力が低く、しかも無特技という文官
この数値で伏兵が消えてしまったのは開幕を考えれば痛い。
また弓兵なのでその高い征圧力も活かしきれないのが悩み。

計略の虎威の報復は、範囲内の味方には号令、敵には妨害になるという特殊な計略。
効果範囲は戦場4分の1程度の自身を含む前方円。
味方は武力+4、敵には-2を与える。
味方の効果は知力上昇を使わない状態で約8c、
敵への妨害は自身と同知力程度の敵には号令効果とほぼ同時に切れるが、知力依存はほとんどない(Ver2.0.0A)。

武力差を6も付けるので士気6の号令としては平均以上の威力がある。
だがそれは相手を多く巻き込んだ時の話で、巻き込めなければ費用対効果の極めて低い号令。
そして妨害効果も‐2と小さいので、主力だけを巻き込めばいいというレベルでもない。
使うからにはほぼ全部隊巻き込むつもりで使いたい。

その範囲に収めるには、相手も号令デッキでなければほぼ無理で、号令デッキ限定の計略と言える。
ここが効果範囲の広さで散開する敵にも対応できる劉備の大徳との違い。
そのため散開してくるデッキや超絶強化に対する対策を別に用意しないとデッキ相性が色濃く出る。
とは言え、本人の武力が低いため単色で他の号令をデッキに仕込むのは向いていない。
この計略の使えない時のために仕込む計略は、他の号令より超絶強化の方がよいだろう。

Ver2.0.0A現在、バグで武力上昇効果が蜀以外の武将にも適応されている点に注意。