カードリスト / 第3弾 / / 馬超(獅子奮刃)


武将名ばちょう もうき漂浪の士
馬超 孟起「この命がつづく限り、
  いつかは勝利に辿り着くんだ」

漢の名将である馬援の子孫を称する一族の出身。同盟者の韓遂と共に反乱を起こして曹操と対峙するも、敗北を喫して、父と一族200人を失った。流浪の身となった馬超は妻子や部下を置き去りにして劉備の元に帰順し、漢中攻略戦に従軍した。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器長槍術 復活減少 速度上昇
計略獅子奮刃武力と移動速度が上がる。一定回数槍撃すると、さらに武力と槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 宮下英樹Character Voice : 中村悠一


「センゴク」でおなじみ、宮下英樹氏が手掛けた馬超は旧作を彷彿させる剛槍を持っての参戦。

スペックは同勢力の張飛の特技勇猛が魅力に変わっただけで残りは同じ。
将器は計略と好相性な2種と、高コスト槍ではかなり珍しい復活減少がある。

計略「獅子奮刃」は条件付きの超絶強化。
武力が+2・移動速度が1.5倍。効果時間は13.8c、知力依存0.8c。
さらに効果中に3回槍撃を当てる事で、追加で武力+4、さらに槍撃ダメージ+7を得る(Ver.2.6.0E)。
下準備が必須な分、条件達成時は錦馬超の名に恥じない火力を捻出できる。

強化内容に長槍を持たず速度上昇も控えめな点が、この計略を難しくしている。
長槍効果が無い場合、攻城要員の援護は難しくなる。柵の奥にも届かず、騎兵へのけん制は厳しい。
いっぽうで速度1.5倍のみでは騎兵はおろか主将器速度の象兵にすら連続乱戦されて槍が出せない。
ある程度までなら将器で緩和できるため(可能なら副も含めて)プレイングに沿った物を慎重に選びたい。
勿論デッキパーツで助長させるのもいいだろう。

自在に槍を振るえるスペースが必須であり、面押しで居場所が無くなるとひどく脆い。
大号令を相手取る場合は、早めのアクションを心がけたい。速度号令はそもそも苦手。
味方の乱戦や象の弾き、柵、別途の計略による速度増減などあらゆる手段を用いて対処したい。
また自身より武力の高い相手に幾度も向き合うケースが多く、一騎打ち発生率が異様に高い。

計略とは関係無いが、ワントップが槍兵だと征圧で不利を強いられやすい問題もある。
関羽、呂布、文鴦など主だった高コスト槍にはそれぞれの解決策があるため目立たないが、非常に重要。
征圧面や攻城力の補強など、なるべく問題が表面化しない対策が欲しい。

参戦当初かなり控えめの計略性能で登録されており、長らく日の目を浴びる事は無かった。
しかし度重なる調整を受けた事で、現在は優秀な戦士へと変貌を遂げている。
特に総合火力は同コスト帯でも抜きん出ており、需要は大きく伸びたと言えよう。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 効果時間延長 11.3c→12.1c
Ver.2.1.0D 槍撃を一定回数した際の追加武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1B 移動速度上昇値増加 1.4倍→1.5倍
Ver.2.5.1D 効果時間延長 12.1c→13.8c
       槍撃ダメージ増加 →+9
Ver.2.6.0E 槍撃ダメージ減少 +9→+7

Menu

最新の20件

2020-04-09 2020-04-08 2020-04-07

今日の20件

  • counter: 45443
  • today: 9
  • yesterday: 22
  • online: 55