カードリスト / 第3弾 / / 黄忠(老当益壮)


武将名こうちゅう かんしょう義心の老将
黄忠 漢升「この老いぼれの血が
  義心で沸き立っておるわ!」

蜀の老将で、弓の名手。関羽と互角の一騎討ちを演じた後、劉備に仕えた。老齢ながら常に最前線に立ち続け、定軍山の戦いでは法正の策に従い、敵本陣の背後の高所から奇襲を仕掛け、魏を代表する勇将・夏侯淵を討ち取った。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力6 征圧力3
官職武官
特技防柵 勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 遠弓術
計略老当益壮(おいてますますさかん)武力が上がり、兵力が上限を超えて回復する。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気5
Illustration : 前河悠一Character Voice : 堀内賢雄


五虎将最年長が久々のSRとして登場。

スペックは2.5コストとしてはかなり苦しいが、蜀ではようやく追加された(通常排出の)武力8弓。
低めの数値を補う為に征圧力は3、更に特技も防柵・勇猛・攻城と充実している。
将器はどれも弓兵らしいが、計略が上限突破の兵力回復である為兵力上昇の優先度は下がる。

計略「老当益壮(おいてますますさかん)」は「3」におけるUCの彼が所持していた超絶強化。
…なのだが、当時の効果は陳到が「不撓不屈」として持って行っている為実質別計略である。
武力が+7・兵力が上限を超えて90%回復するが、効果終了時に兵力が50%減少してしまう。
効果時間は9.2C(Ver.2.1.0D)。

計略効果自体は士気5と考えれば十分ではある。
ただ、様々な方面から非常に使いづらい印象が目立つ。
一番目立つのは役割とスペック・特技・計略の恐ろしいまでの噛み合わなさ
後方で固定砲台として活躍させたい高武力弓兵、動き回ることで活きる征圧力3、敵城に張り付くことが前提の特技・計略と、
よく言えば「何でもできる」が、実際には「何をさせても中途半端」というバランスになってしまっている。

また、似たような事をさせるのであれば2コストに自分がいるのが難儀。
弓兵として仕事をするだけなら武力+1程度しか違いがなく、0.5コストのコストアップのメリットが余りにも薄い。
さらに計略中は武力が並んでしまうというオマケ付き。

その為か、Ver.2.1.0B現在は非常に苦しい立場にある。
Ver.2.1.0Aで追加された蜀のSRは全体的に苦しい立場にあるが、特に悩ましい立場にある点は否めない。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.2.1.0D 効果時間延長 8.3c→9.2c
       兵力回復量増加 80%→90%