カードリスト / 第3弾 / / 党均


武将名とうきん
党均「お金も貰えるんだよ〜?
  嫌いな奴はトばしちゃえ!」

鄧艾の参謀。姜維の北伐に悩まされる鄧艾の命を受け、蜀の都・成都に潜入。黄皓が専横していることを知ると、賄賂を贈って姜維を呼び戻すよう唆した。やがて姜維は謀反の疑いから成都に召喚され、北伐を中断させることに成功した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技復活
将器復活減少 地の利 速度上昇
計略帰城の讒言最も武力の高い敵を一瞬で城に戻す。ただし敵軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : ともひと


フレーバーの逸話が原因で、人間の耳サイズの小人にされてしまった鄧艾の参謀。

スペックは完全の文官のそれであり、この低武力高知力で持っている特技は伏兵ではなく復活。
一応復活持ちの征圧力2は珍しいのだが、武力1の槍が征圧に走ったところで結果はお察し。
将器に復活減少がある為回転率は凄まじいが、わざわざ武力1を回す必要があるかは人次第。
なら計略でこの枠に割って入りたいところなのだが、この計略も非常に癖が強い。

計略「帰城の讒言」は相手にかけるタイプの転進計略。
範囲内の一番武力の高い相手を強制的に城に戻してしまうが、代わりに相手の士気を+3してしまう。

兎に角デメリットが目立つ為使いにくそうに感じるが、守城限定で見るのであれば使えなくもない。
一度自城から敵城に強制的に戻してしまえば、その部隊は再度自城に戻るのに相応の時間を必要とする。
また、先撃ち限定になるが号令役等のキーカードを戻してしまえば、残るのは武力そのままの部隊なので、
各個撃破もやりやすくなる。
超絶強化、特に相手の城にねじ込むタイプに対してもかなり有効で、城から出るまでの時間だけでも
効果時間を浪費させることができると言うのは他の計略ではなかなかできない。
主力計略を一点に絞ったデッキが、こちらの城に近づけば近づく程刺さり方が強くなると言える。

一方で、デッキに裏の手を相応に仕込んであるデッキに対しては有効に働かない。
また、消耗戦重視のワラデッキ相手に対してもかなり刺さりは悪い。
そうなれば手を一つ潰しただけで士気3を献上している事に他ならないので、後はやられたい放題である。

良くも悪くも、相手のデッキとの相性が露骨なまでに出るカード。