カードリスト / 第3弾 / / 鍾会


武将名しょうかい しき野心の知将
鍾会 士季「頂点以外に、
  俺にふさわしい場所があるか?」

鍾繇の末子。神童と名高く、若くして司馬一族に重用された。期待に違わず軍政両面で活躍したが、溢れる野心を司馬昭や王元姫に警戒された。蜀を滅ぼす大功を挙げた鄧艾を貶め、降将の姜維と共に反乱を企むが、人心を得られず失敗に終わった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技攻城 覚醒
将器兵力上昇 突撃術 迅速攻城
計略翻意の号令晋の味方の武力が上がる。ただし征圧する領域が反転する。
必要士気5
Illustration : 塚本陽子


三国末期の野心家・鍾会。
すっかり各媒体で高慢ナルシストキャラが定着しているが、三国志大戦でもそれは避けられなかったようだ。
(現シリーズの前に販売していた三国志大戦TCGの時点で既にそんなキャラ付けがされていたが)

晋軍ではたった2枚しか存在しない2コスト騎兵。スペックは覚醒持ちの例に漏れずコスト比最低レベル。
しかしこのスペックが覚醒レベル3には8/8/3攻城騎兵と2コストとしては十分すぎるスペックに変貌する為、
確かに自身の才に酔うだけの実力は発揮できる。
ただ覚醒が最大になっても不和だったとされる鄧艾に武力知力とも一歩及ばないというのがなかなか凝っている。
将器は難しいところだが、どれも特段必要と言うわけでもない為好みで決めて構わない。
ただ2コスト騎馬のライバルが素武力8の胡烈である為、覚醒や計略で差別化を図りたいところだが、
本人を暗示するかのようにこれがなかなかの曲者。

計略「翻意の号令」はデメリット付きの号令。
武力+5が7.5~8c(覚醒による知力変動)続くが、翻意の計を喰らった時のように征圧領域が反転する(Ver2.0.0A)。

士気5で英傑号令並みの武力上昇を得られる点は破格だが、一方で征圧領域の反転は結構痛い。
征圧領域反転での塗りのデメリットはは、味方部隊の征圧力が低ければある程度軽減する事が出来る。
が、鍾会は覚醒持ちであり覚醒レベルが上がれば上がる程征圧力が上がってデメリットが大きくなっていく。
勿論覚醒持ちを増やせば言わずもがな征圧領域が広がって歯止めが効かなくなる。
その状態でも城に張り付いたり、城際のローテで使えば問題ないのだが、
逆に言えば低士気号令でありながらその状態でしか使う事が出来ないと言う事でもある。
総括すると、覚醒レベルが上がれば上がる程逆に使いにくくなる号令である。

故に、一般的な覚醒デッキの立ち回りには合わない。
効果は悪いわけではないのだが、覚醒持ちを入れて攻め上がる場合、早くゲージを貯められればそれだけ有利になり
序盤はゲージ貯めに専念したいのだが、そうなると尚更この号令を使えばゲージを貯めるのが遅れてしまう。
そしてゲージが溜まれば今度は覚醒持ちの計略がメイン計略になる上に自身の計略が局地化してしまう。

その為普通の覚醒デッキに仕込むよりは、自然に覚醒ゲージが上がるのを待ちながら立ち回るのに向いている。
低士気で高い武力を得られる事から、開幕で一気に落城を狙うデッキにも合う。
ある意味、晋と言う国の特性に(史実どおり)真っ向から叛逆している武将。

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長
       計略範囲拡大