カードリスト / 第3弾 / / 鍾会


武将名しょうかい しき野心の知将
鍾会 士季「頂点以外に、
  俺にふさわしい場所があるか?」

鍾繇の末子。神童と名高く、若くして司馬一族に重用された。期待に違わず軍政両面で活躍したが、溢れる野心を司馬昭や王元姫に警戒された。蜀を滅ぼす大功を挙げた鄧艾を貶め、降将の姜維と共に反乱を企むが、人心を得られず失敗に終わった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技攻城 覚醒
将器兵力上昇 突撃術 迅速攻城
計略翻意の号令晋の味方の武力が上がる。ただし征圧する領域が反転する。
必要士気5
Illustration : 塚本陽子


三国末期の野心家・鍾会。
すっかり各媒体で高慢ナルシストキャラが定着しているが、三国志大戦でもそれは避けられなかったようだ。

そのスペックは覚醒持ちの例に漏れずコスト比最低レベル。
しかしこのスペックが覚醒レベル3には8/8/3攻城騎兵と号令持ちなら3コストにいてもおかしくない武将に変貌するので
確かに自身の才に酔うだけの実力は発揮できる。
ただ覚醒が最大になっても不和だったとされるトウ艾に武力知力とも一歩及ばないというのがなかなか凝っている。
将器は難しいところだが、どれも特段必要と言うわけでもない為好みで決めて構わない。

計略「翻意の号令」はデメリット付きの号令。
武力+5が8c続くが、翻意の計を喰らった時のように征圧領域が反転する(Ver2.0.0A)。

士気5で英傑号令並みの武力上昇があるので破格の効果であり
しかも他の覚醒持ちと異なりレベルが上がっていない段階でも変わらずこの効果で使用できる。
反転効果は覚醒レベルが上がると征圧力も上がる仕様上、レベルが上がるごとに反転領域が広くなり使いづらくなるが
もう城に貼りついているか、守城時のローテのみに使用すればほぼ被害はないため、さほど重いペナルティではない。
また覚醒を多く入れたデッキの場合、開幕乙で来るデッキに非常に弱く、今後そこを狙うデッキの増加も予想されるが
士気5で英傑号令が撃てるこの号令は晋が用意できる開幕乙対策としてはかなり優秀な備えになる。

だが最大の問題は、この号令が覚醒ゲージの上昇を助けないこと。
効果は確かに優秀だが、覚醒持ちを入れて攻め上がる場合、早くゲージを貯められればそれだけ有利になり
序盤はゲージ貯めに専念したいのだが、そうなると尚更この号令を使えばゲージを貯めるのが遅れてしまう。
序盤の守りにはかなり頼もしい効果だが、できれば序盤に使いたくない号令という悩ましいポジション。
そしてゲージが溜まれば今度は覚醒持ちの計略がメイン計略になるため~いくら破格の効果とは言え、この号令はサブ扱いになってしまう。

そして最大の問題……と言うよりライバルが何の因果か胡烈である事。
あちらは覚醒こそないが最初から武力8であり、また計略こそ士気1重いが大体デメリット無しで武力+6を狙える。
晋の高コストが少ないと言う現状、優先度はあちらに押され気味。