カードリスト / 第3弾 / / トウ艾


武将名とうがい しさい討蜀の功将
鄧艾 士載「天を知り、地を制し、
      我らは勝利する」

司馬一族に重用された武将。常に地形の把握に努め、政治面では大運河の建設や農政、軍事面では姜維の北伐の阻止に活躍した。蜀征伐を命じられると、鍾会が姜維相手に手こずる中、断崖絶壁を踏破して一気に成都を攻略。蜀を滅亡させた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力9 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器突撃術 地の利 攻城術
計略醒伐の神速行武力と移動速度が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 堀内賢雄


蜀討伐の英雄にして、哀しき最期を遂げる事になる鄧艾。

何と2.5コストにして武力9・知力9という凄まじい能力を持ち、更に特技攻城を保有と非常に豪華な性能。
その代わり征圧力は1止まりだが、色塗りを除けば戦闘力・計略耐性・伏兵耐性・攻城力と全てにおいて隙の無いスペック。
将器は計略を考えると突撃術が第一候補。攻城術もVer.2.5.0Cのエラッタにより特技攻城が追加され、選びやすくなった。
覚醒主体のデッキは初期武力が低く施設破壊が困難な為、高武力高機動を活かした施設破壊が容易になる地の利も優先順位は低いが候補となる。

何よりも晋の2.5コストは司馬懿は武力、文鴦は知力に不安を抱えている為、
武力・知力を高い水準で備えるという点は非常に頼りになる。

計略「醒伐の神速行」は覚醒レベルを上げる騎兵強化。
武力+6に加え、移動速度が1.7倍される。効果時間は8.8c、知力依存0.4c。
計略使用時に覚醒ゲージ+30%、効果時間中に敵を撤退させるごとに覚醒ゲージ+40%される(Ver.2.5.1C)

計略発動時にも覚醒ゲージは上がるのだが、真価を発揮するのはやはり敵を撃破した時。
この計略で敵を撃破すればする程覚醒ゲージの溜まりは早まり、それだけ覚醒持ちの真価も発揮しやすくなる。
勿論最大限に活かすならば突撃を利用すべきだが、幸い撃破時に鄧艾が触れていればいい為、
時には乱戦ですり潰してしまう事も視野に入れておこう。

だが1部隊も撃破できなかった場合は、最初に追加される30%の覚醒ゲージ増強しかない為、
その点では士気不相応の効果という事になってしまう。
覚醒デッキに入れる以上は乱発できる計略ではない為、漫然と使った結果ろくに覚醒ゲージを上げられなかった…
という事態はなるべく避けたいところ。

採用にあたって注意したいこととしてはコスト2.5にして制圧1という点が大きくのしかかることだろう。
コスト2.5の騎兵はVer2.6.0Eの時点で33枚いる(コンパチを除く)が、そのうち将器や特技覚醒でも補填できない純粋な制圧1は自身含め3枚しかいない。
加えて覚醒向けの計略ということで、覚醒持ちを入れるとどうしても制圧戦で不利なデッキになりやすいこと、ならば終盤の攻城で挽回しようにも(特技攻城はあるが)騎兵の自身が攻城力を下げてしまうこと、が課題となりやすい。
SR趙雲(子竜是在)、SR甘寧は潤沢なパーツでカバーしやすいが、自身はカードプールが少ない晋の覚醒軸で検討しないといけないのも辛いところ。
当然ながら制圧・攻城面以外の難点はほとんどないので、投げ計略をはじめとした晋の様々なサブ計略と相性が良い点を活かしていきたい。

追加当初は晋軍の「武力が上がる神速計略」はこれしかなかった為、
覚醒ゲージが溜まった後でも使い道は十分あったのだが、
Ver.2.1.0Aにて杜預が追加された事でその独自性が失われてしまった。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 効果時間延長 8.3c→8.8c
Ver.2.1.0D 敵撃破時のゲージ上昇量増加 25%→40%
Ver.2.5.0C エラッタ実施「特技変更 攻城追加」
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +5→+6

Menu

最新の20件

2020-04-02 2020-04-01 2020-03-31

今日の20件

  • counter: 62933
  • today: 11
  • yesterday: 36
  • online: 56