カードリスト / 第3弾 / / 陸抗(臨機応変)


武将名りくこう ようせつ羊陸之交
陸抗 幼節「この長江を越えることは
      何者にも許しません」

陸遜の二男。父の死後、斜陽の呉を支えた名将。蜀滅亡後、最前線の指揮を執り、西陵の戦いでは二重の包囲網を敷き、城を包囲しつつ晋の増援到来を阻止する離れ業で羊祜に勝利。後に羊祜とは好敵手になり、酒や薬を贈り合ったという。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 遠弓術
計略臨機応変呉の味方と敵の部隊数に応じて効果が変わる
呉≧敵:呉の味方の武力と攻城力が上がる
呉<敵:敵の武力と攻城力が下がる
必要士気6
Illustration : 風間雷太


2枚目の陸抗も号令持ち弓兵として登場。

スペックはコスト帯の平均値で、号令持ちとしては十分及第。
その決定力の高さを生かすためにも、将器は知力上昇がお勧めだが、他二つも役割にあっている。

臨機応変は効果範囲内の武将の数によって二種類の効果のある号令or妨害。
範囲は自身を底にした回転可能の前方円。
味方が敵より多く範囲にいる場合は号令になり、武力+5、攻城力約1.4倍、効果時間は通常知力で約7.9c、知力11で約8.6c。
敵が味方より多い場合は弱体化妨害になり、武力-4、攻城力0.35倍、効果時間は通常知力で知力10に約4.7c、知力3に約7.7c(Ver2.0.0D)。

まず号令は一般的な士気6の英傑号令と同等なので、ぶつかり合いに関しては手腕などとあまり変わるところはない。
ただ攻城力が非常に高く、ワンチャンスでの決定力の高さは今までの呉にない威力がある。
ただ先に出ている攻城力上昇号令の勇略采配に比べると、士気の差があるから仕方がないが、効果時間が通常の号令並み。
美周姫の号令と同じくこの号令で攻城を複数取るには、
ラインを上げきった状態で、しかも相手を消耗させて撃つというお膳立てが必要になってくる。
しかしワンチャンスで試合をひっくり返すパワーがあるため、かなり優秀な号令と言える。

逆に妨害に関してはやや評価が厳しくなる。
武力低下が士気を考えると低めで同士気の号令を相殺できない上に、
効果範囲が若干狭いため全部隊を巻き込めない。
また攻城力低下もこちらは相手の攻めを無力化するとまではいかず
高知力相手には割と早く効果が切れてしまう。
これが王者の決断や英知の大号令などの
強烈な号令の効果をワンスルー出来る程度の攻城低下率や効果時間があればよいのだが
残念ながらそれらの号令をこの妨害を撃ってワンスルーというのはかなり無理がある。
勿論士気12支払って連打という手もあるが、大抵何らかの別の手が残っているだろう。

総合して、この計略は臨機応変を謳っているものの、実際は攻めはいいが守りに難がある。
守城時には攻城力上昇が死ぬとはいえ、この号令で守ってもいいが
手腕のように、号令は攻城力を抜きにすれば特別強い効果があるわけではないので
守りに関しては別の手を用意してもいい。

問題は本人が高コスト弓兵であること。
号令の場合、手腕や駿弓、麻痺矢など主力コストの弓兵が号令を持っていると、デッキバランスが崩れやすい。
特にこの号令は彼がデッキの最高コストになることが多いので、基本彼は号令時は攻城役に回るだろう。
その状態で、彼を突撃から守る槍や、騎兵、守りで使う裏の手要員など考えるとデッキはキツキツ。
豊富な裏の手や兵種を仕込んだデッキにすることはかなり難しい。
ヒントとしてはこの号令の場合攻城力が目玉になるので、低コストの攻城力を上げてもそれなりにしかならず、城際で潰されやすい。
低コストを排除し、高コストの攻城力を生かせる低枚数デッキの方が大抵の場合長所を発揮するだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0C 計略範囲拡大
      【効果対象が敵の場合】攻城力低下値増加 0.5倍→0.35倍
Ver2.0.0D 【効果対象が味方の場合】攻城力上昇値増加 1.3倍→1.4倍