カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 公孫度


武将名こうそんど しょうせい遼東王
公孫度 升済「北の果て、遼東の地より
    我が王国を広げん・・・・・・!」

最北東の地・遼東の太守。元は冀州刺史だったが、免官されると徐栄の推挙を受け、遼東に移った。遼東の名族を次々と滅ぼして基盤を固め、董卓死後は独立勢力を築いた。軍事力も高く、曹操から官職を与えられた後も「遼東王」を称したという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力3
官職武官
特技攻城
将器突撃術 城門特攻 突破術
計略遼東王の威光味方の武力が徐々に上がる
必要士気7
Illustration : 一徳Character Voice : 速水奨


知る人ぞ知る遼東王(自称)が、三国志大戦初登場。
「こうそんたく」と読まれることもあるが、三国志大戦では「こうそんど」読みが採用された模様。
何故か遼東公孫家はサンタ風味で統一されている。しかも乗っているのは馬ではなくトナカイ。

スペックは征圧力3の代わりに2.5コストにしてほぼ2コスト並の8/4。
征圧力3騎兵なので征圧戦には強く、特技攻城がある為低めの攻城力もフォローされているがあまり無理は利かない。
将器はコスト比低めの戦闘力を補う突撃術が白兵では無難だが、攻城特技持ちであることに加え後述の計略との噛み合いが良い城門特攻も有力な選択肢となる。

計略「遼東王の威光」は号令版「呉下の阿蒙」と言えるもの。
計略発動時に武力が+2され、約1c毎に武力1が上がる。効果時間は11.7c、知力依存0.6c(Ver.2.5.1C)。
知力4では武力が+12されたギリギリで効果が切れる。なお、城内にいる間は武力は上がらないので注意。
知力上昇を重ねた分、武力20オーバーの時間が増えるので知力上昇計略、遊軍、法具を重ねて運用すると破壊力が増す。
城内では武力が上がらない都合上、守城戦よりも攻めに向いた計略と言える。
士気7と重いうえに本人が魅力を持っていない為、そうホイホイと撃てる計略ではないことには留意が必要。
また発動後に即武力+2、3c後に英傑号令同等の+5、その後8c間が英傑号令以上の武力強化となるため、ぶつかり合いで打った場合発動後の3c間が問題。
士気・奥義の運用から兵力管理まで様々な点で高度な立ち回りが要求されるが、うまく決まれば一気に落城まで持っていけるほどのポテンシャルはある。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 10.8c→11.3c
Ver.2.1.0B 効果時間延長 11.3c→11.7c
Ver.2.5.1C 初期武力上昇値増加 +1→+2

Menu

最新の20件

2020-08-11 2020-08-10 2020-08-09

今日の20件

  • counter: 53373
  • today: 16
  • yesterday: 43
  • online: 98