カードリスト / 第3弾 / / 樊氏(恋乙女の手助け)


武将名はんし恋する乙女
樊氏「趙雲くんの好きなとこなら
     いくらでも言えるよ!」

桂陽太守・趙範の兄嫁だったが、早くに夫を亡くした。後に劉備軍の趙雲が桂陽太守になると、趙範は樊氏と趙雲を結婚させようと考えた。乗り気な樊氏は何度か告白したが、鈍感な趙雲には、なかなか気づいてもらえなかったという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職-
特技魅力
将器遠弓術
計略恋乙女の手助け自身の射程距離が伸び、最も武力の高い味方の武力が上がる。対象の味方と自身が同一部隊を攻撃すると、さらに対象の味方の武力が上がる
必要士気4
Illustration : 椿いづみCharacter Voice : 小清水亜美


2019年1月からの【三国志大戦×漫画家コラボ】にてスクエニとのコラボカードとして追加された一枚。
絵師の椿いづみは人気漫画「月刊少女野崎くん」の著者である…と言うか、ほぼ同作品ヒロインの佐倉千代そのものだが、
作者曰く「未亡人という事で、大人の魅力とはなんぞや…と考えた結果胸を大きく描きました!」との事で、
厳密には千代と樊氏は少し異なるらしい。胸囲の辺りが。

見た目に反して武闘派であり、征圧こそ1だが武力知力はともに3あり、魅力もあるため総合的なスペックは良好。
将器は遠弓術、副将器は速速速で固定。1コストなので覚醒させても横弓くらいしか戦力にはならないが、
遠弓術を後述の計略と合わせると射程が物凄い事になる。
1枚目の樊氏は漢鳴持ちであったが、こちらは漢鳴系・士気系のどちらにも属さない計略を持つ。
士気バック計略は初期投資士気に対する効果が低い物が多いので、使うならば袁家側だろうか。

計略「恋乙女の手助け」はまず範囲内で最も武力の高い味方の武力が+2され、自身の射程が伸びる(1.7倍以上)。
計略を受けた味方と樊氏が同じ敵を攻撃している間、効果を受けた味方の武力がさらに+6され、合計+8となる。
敵を倒す、樊氏が撤退するなど、同じ敵を攻撃する条件を満たさなくなると+2のみの効果に戻る。効果時間11.7c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

いわゆる「条件を満たせば消費士気以上の効果、満たせなければ消費士気以下」なタイプの計略である。
なので漫然と使っても弱く、条件を満たせるときにのみ計略を使う必要があるのだが、「同じ敵を攻撃し続ける」と言うのは、具体的には
「弓を当てる」か「乱戦する」のどちらかである。計略を受けた味方が弓ならば樊氏が同じ敵をサーチして弓で射ればいいし、
計略を受けた味方が敵城門にねじ込んだ武将なら、乱戦しに来た敵を樊氏で射ればよい。
幸い計略による射程アップ効果は非常に高く(1.5倍以上)、樊氏は安全な位置から射撃をする事が出来る。
ただし原作での彼女はアシスタントである。計略名にも「手助け」とある通り、樊氏本人の武力は全く上がらないのでその点は注意。

弓サーチが難しい局面においては、計略対象と一緒に樊氏が乱戦しに行って強引に効果発動させる場面もあるかも知れない。

登場バージョン

Ver.2.1.0B (第十六回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.2.1.0D 同一部隊攻撃時の武力上昇値増加 +7→+8