カードリスト / 第3弾 / / 田豊(老師の布石)


武将名でんぽう げんこう先見の軍師
田豊 元皓「これは予言でも虚言でもなく
 儂の見立てた確かな未来にござる」

袁紹の覇道を支えた軍師。機略に富み、丁重な礼で袁紹に招かれると、冀州に肥沃な地盤を築かせ天下一の勢力に押し上げた。官渡の戦いには時期を見誤っていると反対し、数々の献策を行ったが袁紹の理解は得られず、敗れてしまった。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力10 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器兵力上昇 遠弓術 士気上昇
計略老師の布石漢の味方の武力が上がる。さらに対象の味方が計略を発動するたびに、対象全ての武力が一定時間上がる
必要士気6
Illustration : 芳住和之


2枚目の田豊は諸葛亮、司馬懿、曹操という三国志の天才達に並ぶ知力10で登場。
相変わらず武力は低いが、弓を持っただけ一枚目よりまだ戦闘に期待ができる。
この武力で一騎打ちが起きない文官なのは嬉しい。

計略の老師の布石は追加効果付きの長時間号令。
武力+2を30c程続ける号令だが、号令を受けた味方が効果時間内に計略を使用すると更に武力+2が6.3cつく(Ver.2.0.1B)。

士気6を使う割に武力上昇がわずかであり、しかも追加効果の武力上昇も効果時間も非常に頼りない。
単なる漢鳴計略を撃ったのでは、効果時間内に重ねる士気が底を尽きてしまい、すぐに息切れする。
この号令に漢鳴計略を重ねても全体は士気10使って武力+4なので、相手に踏みつぶされて士気差まで与える結果になりかねない。
そのためこの号令で重ねて追加効果を引き出す計略は、ほぼ士気回収計略に限定される。

序盤は一番槍など士気回収計略と重ねて相手の攻めを受け、士気を回収したら攻め上がり大型計略でとどめを刺す形が勝ち筋。
後半の相方は盧植や劉氏など、漢鳴に関係なく威力が出る計略がお勧め。
特に劉氏の諸刃の号令は、重ねると武力+10の号令となるため爆発力も出る。
栄光の大号令や王者の決断とのコンボも狙えないこともないが、上級者向けのコンボ相手だろう。

しかし効果時間の後半に攻勢をかけるにしても、その前に部隊が落ちてしまったらどうしようもない。
この計略で一番難しいのは、老師の布石を使った直後の部隊の生存である。
士気がないと生存させることはまず難しいため、この号令は次の計略が使える士気10〜12から打つことが基本。
可能であればこの号令を使う前に先に士気上昇計略を使っておき、老師の布石使用後に士気が帰ってくるようにできるとなおよい。
特に馬倫の賢婦の称誉は上手くタイミングを合わせると老師の布石を撃った直後に潤沢な士気を用意できるので相性抜群。
後の計略使用の回数が増えたり、強力な士気回収計略である王者の決断の蒼略とも組み合わせられたり戦術幅が広がる。

ただこの号令使用直後の最大士気6の状態で計略を重ねられるのはいいところ士気3の計略2つで、それでも武力+6と
相手の攻めをいなすにはやや不安の残る武力なので、プレイヤーの状況判断と技術が重要になる。
また相手の攻めを受けて、それが終わって体勢を立て直し、攻め上がって攻城するという一連の流れに対して
効果時間30cとは微妙に時間がギリギリだったりする。
基本的にこの号令中は大量の士気を消費するため、試合中に二度以上使うには士気回りが厳しい。
性質上フルコンをすることを強制されているので、法具を重ねるなど微妙な効果時間の中でできる限りのことをやりたい。

戦術眼の求められる上級者向けのカードだが、上手く号令などと合わせれば爆発力もある号令。
士気回収計略という序盤で撃つ布石が、後半の攻めにつながるため、
士気回収計略持ちが効果中に落ちるなどの展開は後の試合をかなり厳しくするので厳禁。

修正により現在30cまで時間が伸びより相手の攻勢をいなしてから反撃につなげやすくなっている。
時間が伸びたことにより効果時間中に武力17にもなる顔良を押し付け士気を吐かせてから回収した士気で号令につなげて押しつぶす等が非常に強力になった。
ただし顔良を採用するとダメージ計略に弱くなってしまうためなんらかの裏の手は入れておこう。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 22c→23.3c
       計略が発動するたびに発生する武力上昇時間延長 5c→5.8c
Ver.2.0.1B 効果時間延長 23.3c→30c
       計略が発動するたびに発生する武力上昇時間延長 5.8c→6.3c