カードリスト / 第3弾 / / 辛評


武将名しんぴょう
辛評「そこの凡サーイ!
    私の策を聞きなサーイ!」

袁紹軍の幕僚。官渡の戦いでは速戦を唱えたという。審配とは折り合いが悪く、一時は失脚に追い込んだ。袁紹が後継者を指名せずに死去すると、郭図と共に長男の袁譚を支持し、曹操との交渉にあたったが、袁譚に内通を疑われ憤死した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力6 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 長槍術 速度上昇
計略称誉の攻策最も武力の高い漢の味方の武力が上がり、強制的に前進する。さらに対象が攻城すると自軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : あなQ


袁紹軍から辛評が復活参戦。何故かサングラスをかけた、何とも珍妙な風貌の男である。
ちなみに字は「仲治」だが、旧作では触れられていたのに本作では何故か触れられなくなってしまった。
ようやく字も出て来た文鴦とは真逆である。

スペックは2/6/2と1コストとしては良好なスペック。但し無特技
このスペックの持ち主は大体特技持ちなので、物足りないと言えば物足りない。
計略は知力上昇が最有力か。

計略「称誉の攻策」投げ計略で、最も武力が高い漢の味方の武力+4される代わりに強制前進してしまう。
そして攻城する度に自軍の士気が1.5上がる。
計略時間 7.5c 知力将器時8.8c

特攻戦法のように攻城力が上がるわけではないので、高コスト槍などに掛けて擬似攻城兵にするような運用は出来ないが、重ね掛けをする事で攻城時の士気上昇値が上がるため、一度ハマってしまえば攻城→計略使用→攻城→計略使用で超武力の攻城部隊を生み出す事が出来る。
但し攻城出来てようやく活きる計略である為、お膳立てはしっかりと。