カードリスト / 第2弾 / / 賈ク(眩惑の誘導)


武将名かく ぶんわ魏寿郷候
賈詡 文和「悔いるのだな。
   私の敵になったことを」

魏の名参謀。董卓や張繍などの群雄に仕えた後、曹操の傘下に入った。権謀術数に長け、曹操と曹丕の二代にわたって重臣として辣腕を振るった。「三国志」の著者である陳寿は賈詡を「打つ手に失策が無し」と評価している。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器速度上昇
計略眩惑の誘導最も武力の高い敵の武力を下げ、自身に向かってくるようにする
必要士気5
Illustration :志水アキ


漫画家カードとして賈詡が参戦。恐らく「鉄鼠の檻」とのコラボ。

スペックは賈詡らしく知力偏重。一応高知力を活かせる伏兵持ちだが1.5コストにして武力3。
ただでさえお国柄状充実している魏において、スペック要員としての採用はほぼ不可能だろう。
その為、計略を主眼に入れた採用となる。

計略「眩惑の誘導」は挑発の一種。
対象の武力を-5して自身の方向へと引っ張る。自身が帰城、または撤退すると挑発効果は消えるが武力低下は消えない。
効果範囲は自身密着の、直径カード3枚分ほどの回転可能の前方円。
効果時間は知力依存が低く、大抵の相手に9cほど効く(Ver1.2.0E)

効果時間は挑発計略としては割と長め。
本人が騎馬と言う事もあり、敵の分断・キー武将の無力化など使い方は多岐に渡る。
また前述の通り挑発効果と武力低下の効果は別枠扱いである為、賈詡が撤退しても弱体化効果が働くのは強み。

問題は挑発計略にしては重い士気5である点。浄化や復活計略でも元が取れてしまう為、乱用は出来ない。
また「最大武力一人しか引っ張る事が出来ない」と言う点も割と難しい点であり、
力押しですり潰しにかかる超絶強化はもとより、号令持ち≠最大武力の事が多い号令デッキの相手も難儀。
更に賈詡自体のスペックが良くない為、武力-5があれども力負けの可能性は高い。

その計略の効果を最大限発揮するには味方との連携が必須。
その上で相手をどう動かし、勝利へ導くか明確なプランがあってようやく意味を持つ上級者向けのカード。