カードリスト / 第2弾 / / 曹彰(黄鬚の剛腕)


武将名そうしょう しぶん拳闘の将
曹彰 子文「死ぬ気で戦わなきゃあ
   俺の命には届かないぜ!」

曹操の四男。常識の枠を外れた腕力があり、猛獣と格闘し軽々とねじ伏せることができたと言われるほど武勇に長けていた。鮮卑族との戦いでは、二度と敵対する気を起こさないよう、ことごとく打ち破り、魏への服従を誓わせた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力5 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇
計略黄鬚の剛腕敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : Boichi


2枚目の曹彰は槍兵で登場。
初登場時のVer.1.1.0Bまでこのコストの槍で武力9最高知力は張飛と甘寧の4だったため、
登場時は征圧力が1ではあるものの、武力9の槍兵では単独トップの知力持ちだった。
現在はSR趙雲(子龍の勇槍)や、勇猛持ちなら数値で完全に上回る漢関羽などがいる為、純粋な数値トップの座は明け渡している。
特技でなく将器が攻撃力上昇に攻城力上昇の副将器3つで固定されており、
全勢力見ても最高クラスの戦闘力を誇る槍兵と言える。その代償か征圧力は1しかない。
計略・低征圧力を度外視して号令の攻城要員、槍消し要員に嬉しい魏待望の頼れる槍兵である。

黄鬚の剛腕は武力を参照するダメージ計略の基本形ともいえるもの。
効果範囲は火計のような前方長方形で、縦が火計より短め。
威力は通常の武力9の状態で武力3を確殺、武力4に9割、武力8に6割程度(Ver2.0.1B)。

確殺ラインは低めだが基礎威力が高めのようで
消耗している相手であれば高武力でもある程度撤退まで持ち込める威力がある。
それでも手刀防御のように吹き飛ばしなどの効果はないので
この計略を使う場合は確実に相手の戦闘力を削ぐ必要がある。
相手の計略で強化された相手に使うのはもったいないので
先撃ちで使うか、相手の計略の効果が切れて消耗したところが狙い目。

効果時間は短いが、一度に武力を6も下げられる郭嘉の十の因果は相性抜群。
コンボすれば士気8で武力9までは確殺なので大抵の敵は先打ちすれば片が付く。
採用するなら是非組ませたいが号令デッキの場合はデッキの総武力と相談して決めたい。

本人の武力が2以下の各種舞いデッキはもちろん、ワラワラデッキに対して強力な抑止力を持つ。
範囲が狭いために散開に弱く、決定打となるかは展開次第だが、相手の立ち回りを乱す程度の活躍は可能。
こういったデッキが流行したり、苦手意識がある人は一度使ってみてもいいかもしれない。