カードリスト / 第2弾 / / 曹沖


武将名そうちゅう そうじょ
曹沖 倉舒「これが難問?
   意外と簡単なんだね」

曹操の八男。幼少の頃から象の重さを量る方法を考案するなど聡明で、将来を期待されていた。曹操の愛情も深く、一時は嫡子の曹丕ではなく曹沖を後継者にしようと考えたいたほどであったが、わずか13才で早世してしまった。
コスト1.0
兵種象兵
能力武力2 知力8 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 士気上昇 速度上昇
計略神童の難問敵の征圧力を下げ、移動速度を上げる
必要士気4
Illustration : Jin


曹丕自身も皇帝即位後、「倉舒(曹沖の字)が生きていたら私は皇帝にはなれなかっただろう」
と述懐したほど神童として名高かった、曹操の息子。

テキストフレーバーの逸話を元にしたのかver2.0.0C現在、全シリーズ初にして唯一の魏の象兵。
いかにもな文官スペックだが移動力の高い象兵に征圧2はありがたい。
また、魏には水計など敵が自城に迫りすぎると計略範囲に巻き込めないものが存在するため、
象兵の弾きで強引に敵を押し戻せるというのもポイント。

計略の内容は癖の強い妨害計略で、相手の征圧力を下げる代わりに移動速度を大きく上げてしまう。
速度上昇は2倍。何と槍兵が迎撃を受ける程の速度になってしまう。
いかに征圧力を下げようと、これほどの速度で相手に好き勝手されてしまえばデメリットの方が大きい。
ただしこちらに槍が多ければ話は別。相手の行動を一気に制限できるようになる。
使いどころは難しいが挑発や長槍などで槍をちらつかせ迎撃を取るという一風変わった戦い方も面白い。
第3弾にて迎撃力が上がる計略持ちという相方を得たため、上記の迎撃を狙う戦術もやりやすくなるだろう。
但し、それでも魏と言うお国柄槍兵が不得手気味なのが難儀。狙うなら混色か。

なお小ネタになるがこの計略を二度がけすると、乱戦中でも迎撃が取れるほど速くなる。
勿論普通なら士気8払ってまで相手を強化するなどデメリットの方が大きいが、
うまく狙えば攻城妨害してくる部隊などを強引に始末できるため一応覚えておくといいかもしれない。

なお、魏唯一の象兵である為王淩の「尽忠報国」の効果を引き上げるには彼がほぼ必須。
逆に言えば彼が確実に1コスト取ってしまうと言う事でもあるのでその点は要注意。