カードリスト / 第2弾 / / 夏侯覇


武将名かこうは ちゅうけん征蜀護軍
夏侯覇 仲権「この夏侯仲権、親父の背中に
    追いついてみせるッ!!」

魏の武将・夏侯淵の息子。一族の中でも弓馬に傑出していたといわれる。定軍山の戦いで父を劉備軍の黄忠に斬られた事から、亡き父の復讐を誓い、蜀征伐の際には先鋒を務めて奮戦した。後に征蜀護軍に昇進した。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力 攻城
将器兵力上昇 城門特攻 攻城
計略覇騎の共振魏の味方の武力と兵力が上がる。さらに騎兵の合計コストが高いほど兵力が上がり、それ以外の兵種の合計コストが高いほど武力が上がる
必要士気7
Illustration : 風間雷太


夏侯覇が遂に故郷である魏の武将として参戦。蜀に下る前よりも知力が高いのはご愛敬だろうか。
よく見ると目は魏を意識した赤と蜀を意識した緑のオッドアイになっており、彼がやがて蜀に下る事を暗示している…。

スペックは7/7と何とコスト2レベル。そのスペックを補うために征圧力は3だが、単体では強いとは言えないだろう。
但し特技攻城が高コストの槍兵とマッチしており一発で大量の城ゲージを持っていけるのはうれしい。
将器攻城を入れやすくする攻城術や戦闘力の低さを補える兵力上昇と優秀なものが揃っている。
号令持ちとしては嬉しい魅力持ちだが、勇猛は無い為一騎討ちには細心の注意が必要。

計略は兵力が回復する共振号令で、詳細は、回復効果がおおよそ騎兵コスト0.5につき7.5%ずつ増加。
武力上昇は騎兵以外のコストが多いほど高く、
8=武力+7(騎兵0コスト)
7〜6=武力+6(騎兵2コストまで)
5.5〜5=武力+5(騎兵3コストまで)
4.5〜=武力+4〜
となっている。
効果時間は7.5c(Ver.1.2.0D)
騎兵2コストそれ以外6コストで武力+6の兵力回復32.5%の組み合わせがハイパフォーマンスと思われる。

旧三国志大戦の回復号令の例からわかるように、この計略は城際で連続で打たれるとほぼ詰みに持ち込める強さがある。
まして本人の攻城力も高いため、総合すると非常に強力なカードに仕上がってる。
但し弱点として素のスペックが低く、また味方が全員揃ってないと効果が大幅に下がる共振計略であるため、
強みが発揮できる相手城際まで、1部隊でも撤退させない慎重な立ち回りを心掛けたい。
更に共振計略の宿命で士気7と重い消費である為、兵力が減ったからといって無計画に撃てるわけではない点にも気を付けたい。

追加当初から長い間彼を中心としたデッキが暴れまわっており、Ver.1.2.0Cで効果時間を下げられても尚第一線を張っていた。
Ver1.2.0Dにて遂に武力上昇の計算式にメスが入り、単純に騎兵以外合計コスト小数点切り上げ=武力上昇値ではなくなり、
長く暴れまわったデッキ形の騎兵合計コスト1・1.5が+7から+6に、騎兵合計コスト2.5の時が+6から+5に減少している。
少なくとも切り上げではなくなったらしく、地味に騎兵合計コスト3.5の時も+5から+4と減少している。
爆発力を削られた結果、夏侯覇自身のスペックの低さと、そこから来る素のデッキパワーの弱さが露骨に出るようになってしまい、
更に脇を支えていた反計計略の弱体化も同時に行われ、環境から一気に姿を消してしまった。
回復号令の強みはあれども、重く使い場所を選ぶ計略故に、落ち着くべき位置に落ち着いたと言える。