カードリスト / 第2弾 / / 夏侯月姫


武将名かこうげっき月下の邂逅
夏侯月姫「月下のあたしは
  どんな男にだって負けない」

魏の名将・夏侯淵の姪。曹操と袁紹が官渡の戦いで激突している頃、劉備軍の張飛と偶然出会う。夏侯家の娘であると分かった後も、張飛は躊躇せず、敵国の娘という巨大な壁を乗り越えて結婚に踏み切ったといわれている。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 突撃術 同盟者
計略月光の目覚め戦場にいる魏の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : ニジ


故郷である魏にも追加された夏侯月姫。夏侯姓武将の共通項である赤髪も健在。

蜀の彼女との違いは槍兵から騎兵に変わり、併せて征圧力が-1された事。勿論魅力持ち。
一方で将器は騎馬と言う点で見ればだいぶ無難。同盟者も持つが計略の事を考えると相性は微妙。

計略「月光の目覚め」はようやく魏に追加された目覚め計略。
武力上昇値は参照武力/2+1で端数切捨て。
対象武力が13以上で更に移動速度1.7倍に加え、突撃ダメージが+20される。効果時間は7.5c(Ver1.2.0E)。

追加効果が複数ある為か、関銀屛の「神武の目覚め」同様士気4消費である点に注意。
武力制限はそこまで高くはない為、わりと目覚めるのは楽な方である。
特に王異(女傑の連撃)、郝昭に関しては長時間計略で武力13を満たし、撤退しなければいつでも目覚められると言う点で相性が良く、
曹操(覇者の求心)、曹彰(刹那の怪力)と言った号令や軽士気で武力13を満たせる武将とも組み合わせやすい。

問題は1コスト騎馬と言う超激戦区に存在していると言う事。
武力寄りから計略寄りまで網羅し尽されている中で、コンボ専用という立ち場はどうにも肩身が狭い。
魏と言う国自体に殲滅力の高い騎馬、瞬発力に長けた騎馬号令が多い点も悩みどころ。
使うのであれば1コストでマウントや殲滅を狙えることを活かした構築で活躍させたい。

Ver1.2.0Eで効果時間延長に加え、突撃ダメージ上昇値が+10から+20まで強化され大幅に爆発力が上がった。
突撃ダメージ+20は「走るダメ計」こと白銀の獅子(+15)や剛騎戦法(+19)すらも上回る単独トップ。
立ち位置は変わらないがこの決定力はかなり魅力的で、士気4を払う価値は大いに有る。
号令や超絶強化からの後押しに相応しい、決戦用の器に成ったと言えるだろう。
ただ本体がコスト1の素武力2であり、武力上昇は改善されてない為過信は禁物。
また速度上昇計略のお約束で、速度低下に弱い点にも気を付けたい。速度上昇が1.7倍とややマイルドなので猶更である。

しっかり突撃を活かせて、初めてその真価を発揮できる武将。
丁寧な突撃を心掛けたい。