カードリスト / 第2弾 / / 何晏


武将名かあん へいしゅく正始の音
何晏 平淑「アァ、真っ白だ・・・・・・
   神の如き美貌じゃないか」

後漢の大将軍・何進の孫。祖父が十常侍らに殺害された後、曹操の養子になる。とんでもないナルシストだが秀才で、若くから難解な書物を好んだ。「老子道徳論」をはじめ何十篇にも及ぶ作品を著し、玄学の創始者として後世に名を残した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器士気上昇
計略弱体化の謀略敵の武力が高いほど、武力を下げる
必要士気5
Illustration : セツ


魏の槍兵としては平均武力に高知力という安定感があるスペックは嬉しい。
特技なのは寂しいが、後述の計略も含めて十分蔡琰や満寵と枠を争える。

計略の弱体化の謀略は相手の武力を参照して武力を下げる弱体化計略。
範囲は自身に密着した円で、直径はカード2.5枚分程度。
武力低下値は (相手の武力値)/2 で、端数切り上げ。
つまり『計略前後で武力が半減(端数切り捨て)』という状態になる(Ver1.1.0C)。
効果時間は自身と同知力に6c程度で、そこから知力-1ごとに効果時間は1c弱増えていく(Ver1.1.0B)。

低下値の上限があるかは要検証だが、漢鳴の大号令の皇甫嵩が武力8になるため
少なくとも武力-8以上ができることは確実。

とにかく武力が爆発的に上がる計略にめっぽう強い。
効果時間がそこそこ長く、並の英傑号令を先打ちした場合完全に相殺レベルにされてしまう。
また、武力上昇値が自身の素武力よりも高いなら超絶強化にも有効。
漢の意地などの速度の上がらない超絶強化には特に強く、天下無双・飛すら例外ではない。
なお、素武力7を超える武将にそのまま使っても武力-4の効果がある。
単純な士気対効果だけなら弱体化の計と互角であり、高武力武将が複数採用される少枚数デッキ相手には、
相手の計略使用後に限らず狙う場面が多くなるだろう。

ただし、効果範囲がやや狭く自身に密着しているため、相手との距離がある状態で計略を使われ、直後に散開されると弱い。
この計略だけで相手の攻めや守りを大きく弱体化させることもできるが過信は禁物。
足の遅い槍兵であることもあるため、計略を狙いすぎて近づきすぎると相手に計略を使わせる前に落とされてしまう。

このカードを相手にした場合、できる限り散開し号令や超絶の先撃ちは厳禁。
相手に覇者の求心などの号令がある場合、相手が号令を撃ってからこちらも号令などを撃ちたい。
逆に相手に号令がいない場合、こちらの妨害に対しては無力なので妨害中心に計略を使ったり
神速戦法などなるべく武力上昇の低い強化計略を中心にゲームメイクをしたい。
正兵の法など、武力上昇は低いが全体に効果のある法具などはこの計略で止めにくいので選択の余地あり。
効果範囲が自身に密着しているため、うかつに狙いに来た本人を落とすチャンスもあるので
そこはしっかり狙っていきたい。