カードリスト / 第2弾 / / ホウ徳(回収屋の強襲)


武将名ほうとく れいめい回収屋
龐徳 令明「テメエに戦のイロハってやつを
        学習させてやる」

蜀軍に挑む「回収屋」。義侠心を持つ熱血漢で、女子供には甘い。愛馬は自身が鍛え上げた毛並みの綺麗な白毛馬。その過去は、馬騰が率いた最強の精鋭部隊の生き残りで、その武勇は馬騰軍の筆頭とされていた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇
計略回収屋の強襲武力と移動速度が上がる。ただし走射できなくなり、効果中に敵を撃破すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : 岩原裕二


ネタは同氏の漫画『Dimension W』より、主人公のマブチ・キョーマ。
ネタでは正確無比の投擲術で敵を仕留める所から、弓を握り回路ではなく敵将の首を狩る「回収屋」になった。
原作に準拠するならば複数の矢を手投げで同時に仕留めそうではある。

スペックは呉を代表する武闘派弓兵の太史慈から勇猛を取っただけのものと良好である。
将器EXカードなので兵力上昇、副将器は速度×3で固定。
弓兵と兵力は噛み合ってないように思えるが、コスト2武力8の高いコストパフォーマンスに兵力を持つのは希少である。
ときに肉壁にすることも視野に入れるのならば覚醒させるといいだろう。

計略「回収屋の強襲」は自身強化計略。
武力+6・移動速度1.6倍になる代わりに走射はできなくなり、敵部隊を撤退させると効果が終了してしまう。
効果時間は約9c。

同じく敵部隊撃破で効果が終了する仇討ちの覚悟と比べると元のスペックの代償からか武力上昇値が低く、計略使用時には逆転されてしまう。
騎兵の趙娥と違い突撃でダメージを稼ぐこともできないため、思いの外満足な成果が上げにくい。
弓自体の強化がない上に、迎撃対象になる速度上昇が致命的に使いにくい。
そのため、乱戦しにいくより移動速度上昇を活かしてつかず離れずの距離で弓マウントするほうがいいだろう。
走射ができなくなるデメリットも射撃対象変更時に走射で射殺してしまうことがなくなるのでこのためのものだろう。
しかし、士気5払って武力14になるというのはそこまで強力ではなく、大体の場合他に使うべき計略が残っている事が多い。

とはいえ、やや長めの効果時間と移動速度を生かして、守城時の乱戦限定のローテ要員とする使用法もある。
今まで魏のコスト2武力8の弓兵は知力1の曹彰しかいなかったためスペック要員としての採用が基本となるだろう。
ただし、最大の難点は第1弾の自分と共存できないこと。あちらも2コスト騎馬としてスペックがとても優秀なだけに悔やまれる。

余談だが、TVアニメも放送されたが、その際のCVは小野大輔氏だった。本作では残念ながらオリジナルの声優ではない。