カードリスト / 第2弾 / / 趙氏


武将名ちょうし
趙氏「天を駆ける、竜のごとく進む・・・・・・!」

蜀の名将・趙雲の娘で、趙統らの妹。成長してからは、関羽の息子である関平に嫁ぎ、息子を生む。樊城の戦いで関平が敗走すると、息子を守りながら江陵城を脱出。荊州から益州まで逃げ切ったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略子龍の如く武力と移動速度が上がり、自身にかかっている、敵の計略効果を消す。さらに突撃オーラが出るまでの時間が短縮される
必要士気5
Illustration : 風間雷太


趙雲の娘で、関平の妻。
今作ではSR騎兵として登場。魅力持ちとはいえ数値は平凡、ただ征圧が2あるので総合的にはそこそこ。

強みは計略"子龍の如く"。
やや大型の神速戦法であり、旧三国で父が持っていた"精神統一"に近い、敵の計略効果を消す効果を持つ。
なお、実戦の表示だと「自身を浄化する」とかなりざっくり書いてある。
武力+4、移動速度1.4倍程度、効果時間は約8c(Ver1.1.0A)。
さらに突撃オーラが一瞬で出現するようになる。
こちらは姉妹作品である戦国の井伊直政などに趣が近く、槍オーラにさえ気を付ければ一方的に兵力を削れる。

相手が計略や奥義を発動しない限り、槍兵以外には最速の連凸ができる。
敵を逃がさない観点でいくと荒らし向きの計略であるが、妨害すっぽりされているところで反撃できるという意味では号令デッキにも合う。
だが戦国大戦の井伊直政の場合、タッチ突撃ではじかれた距離ですら突撃準備ができ一方的な推進力に変えられたが
三国志大戦にはタッチ突撃や、騎兵の突撃によるはじきがないので突撃を入れたら自分の手で離さなければならない。
突撃準備が短くなると言っても一瞬ではなく速度上昇もさほど大きくないので
相手の騎兵に同じ方向に追いかけられると突撃準備距離が足りずに失敗することもある。
本人の武力も計略を使っても9とさほど高くはないので、突撃の失敗はなかなかに痛いミスになる。
それなりの火力を出すためには、井伊直政を戦国大戦で使ったことのある人も少し癖が違うので使って覚えたい。
突撃を決めたら一瞬で離れ、最短で突撃準備をするという作業を自分で行う分
戦国大戦と同じ文面でも、実際はこちらはかなり忙しい操作とハンドスキルを必要とするカードになっている。

将器はかなり難しいところ。
長所を伸ばすなら突撃術だが、追加verで弱体化されたためそこまで絶対的なダメージは出せない。
騎馬としては耐久力に不安があるので兵力上昇も悪くはない。
酷使させることが多いので攻撃力上昇も価値はある。
総合して、明確なハズレ将器というのが無い武将の一人。