カードリスト / 第2弾 / / 張嶷


武将名ちょうぎょく はくき
張嶷 伯岐「オレたちが蜀を導く道しるべだ!」

蜀の武将。若い頃から勇壮で、南蛮征伐や北伐で智勇を振るい、異民族の討伐に貢献。南蛮の統治を任せられると慈愛と信義をもって多くの部族を帰順させた。中央に召喚された際は、涙を流して別れを惜しまれるほど異民族に慕われていた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力5 征圧力3
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 征圧力上昇 募兵
計略多勢奮激大車輪戦場にいる味方部隊数が多いほど、武力と兵力が上がる。さらに全方向に槍の無敵攻撃を行う
必要士気5
Illustration : lack


ややマイナーだが五虎大将軍と肩を並べるコスト帯で登場した蜀の高コスト槍。

スペックはコストを考えれば大人しいが、特技の攻城と将器が非常に優秀。
まず特技の攻城は、壁の攻城でもゲージの15%を削るので、攻城力は関羽に引けを取らない。
征圧力上昇で関羽と並ぶ征圧力4を持つことができ、募兵は攻城が得意な彼に非常に相性がいい。
攻撃力上昇も単純な戦闘力が上がるので、全て有用なものが揃っている。

多勢憤激大車輪は自身単体の槍超絶強化。約8c車輪槍を発生させる。
武力上昇値は戦場に出ている味方の部隊数+2。
兵力回復は要検証だが大体部隊数×10%程度。自身含めて4部隊戦場に出て大体4割ほど回復する(Ver1.1.0A)。

自身が2.5コストのため最大でもデッキには6枚しか採用できないので武力の最高値は16となる。
この最大効果で悪鬼の大車輪以上の効果にはなるが、3部隊以下での使用は少し寂しい効果となる。
蜀の場合高コスト槍を入れる場合、武神の大号令八卦の軍略など低枚数デッキが推奨されていた。
勿論それらのデッキで攻城力要員や征圧力要員として幅広い働きをするのもありだが
それらと組み合わせた場合計略の威力が下がるため、計略を生かす場合ワントップのデッキを組みたい。

5部隊以上いて使用すれば十分士気5計略として攻守共に高い効果を発揮できるので、彼以外の部隊は上手くサポートをしながら生存している状態を保ちたい。

彼の攻城をサポートしつつ後方での生存力の高い弓兵と非常に相性がいいので
蜀呉の連合同盟など弓兵が生きやすい計略ともシナジーが高い。