カードリスト / 第2弾 / / 諸葛瞻


武将名しょかつせん しえん
諸葛瞻 思遠「貴方の方針では駄目なのです!
  わかってください、姜維殿!」

諸葛亮の息子。父の面影があり諸葛亮を知る人々から有望視された。姜維とは対立することもあったが、魏との戦が本格化すると綿竹へ出陣。父の木像を使って敵を混乱させ勝利するなど、命尽きるまで魏の兵と戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器突撃術 士気上昇 守城術
計略早熟なる司令蜀の味方の武力が上がり、征圧力が下がる
必要士気5
Illustration : 紺藤ココン


諸葛亮の息子が参戦。
低めの武力に征圧力1とスペックは低めだが、兵種が騎兵である点と全体強化持ちという点を考えれば、平均的か。
高い知力と伏兵はマッチしており、序盤の守りに嬉しい。
将器は騎兵には嬉しい突撃術や腐らない士気上昇など、それなりのものは持っている。

計略の早熟なる司令は蜀の味方の武力を上げ、代わりに征圧力を下げるというもの。
計略範囲は、自身を含まない回転可能な前方円。
武力+4・征圧-2を確認(それ以上下がるかは不明)。効果時間は約10.4c(Ver.2.0.0D)

効果は正直なところ魏の郭淮が持つ迅速なる司令の下位互換とでも言うべきもので、
効果時間こそ勝っているもののプラスの副次効果はなく、逆に征圧力低下のデメリットがついてしまっている。
そのため、このカードを生かすのであれば征圧力低下を逆に生かすようなデッキ構築が求められる。

真っ先に候補に挙がるのは、妻の劉安楽が持つ放漫なる号令とのコンボ。
征圧力が低いほど武力が上がる彼女の計略と組み合わせれば、最大で武力+10まで上げる事ができる。
コストも二人とも低コストのため、武力が高い高コストを採用する事ができるのも嬉しい。
ただし士気10を使う大型コンボという点と、何より本人は計略に含まれないため妻の計略分の武力+4止まりという点は注意。

一応、蜀単の他のデッキでもサブ号令持ちとして採用できなくは無い。
ほぼ確実に内乱が取られる城際の防衛時や、逆にこちらがラインを上げきってからの押しの一手として使うのであれば、
征圧力低下のデメリットもあまり気にならないだろう。

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 9.2c⇒9.6c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 9.6c⇒10.4c