カードリスト / 第2弾 / / 諸葛均


武将名しょかつきん
諸葛均「わしは孔明ではないぞ。
    おぬしの目は節穴か?」

諸葛亮の弟。兄と共に荊州に移り住み、隆中の庵で暮らしていた。家の留守をしていたところに劉備たちが訪ねてきた時、はじめ兄と間違えられた。兄が三顧の礼を受けると、同じく劉備に仕え長水校尉にまで出世した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 同盟者
計略征戦の助け最も武力の高い味方の武力と征圧力が上がる
必要士気4
Illustration : 玄丞Character Voice : 佐藤拓也


兄二人が非常に優秀なのに一人だけ目立たない諸葛亮の弟。

スペックは最低武力の弓兵とかなり厳しく
蜀では元々このコストは槍が非常に粒揃いなので、弓が選ばれるケースはなかなかない。
伏兵もこのコスト帯で蜀は10枚も伏兵持ちがいるため目立つものではない。
主将器も兵力上昇, 遠弓術も活かせるとは言い難いので、後述の他勢力を考慮した時の同盟者で用いるくらいか。
なのでほぼほぼ計略に目を向けての採用となる。

計略の征戦の助けは投げ計略。
効果は武力+5、征圧力+2。効果時間12.1c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1D)。

蜀の場合投げ計略は大抵自身撤退のデメリットを含む伝授計略が主なので
撤退しない投げ計略は使いやすい。
登場時から複数回の上方修正を受け、上昇値・効果時間共に士気4としてはかなり優秀なものになっている。

まずコンボ相手として思いつくのは征圧力を参照する甘夫人の龍の怪力。
この計略とコンボして使えば武力は16に達し、それが征圧力3の騎兵として暴れられる。
だが士気8を払ってまでそればかり狙うというわけにもなかなかいかない。
現環境では武力上昇の高い号令も増えているので、それらを止めるのは武力16でも難しい。

単純に元々戦闘力の高い騎兵の計略を使えない時の裏の手には最適。
蜀の場合なら馬超は白銀の獅子の武力上昇は低めのため、槍が多くて白銀の獅子が使えない時は嬉しい選択肢。
騎兵で高い征圧力が持てる点も嬉しい効果である。 Ver.2.5.1Dにて 武力上昇値が上がったため、武力8に投げても若き血の目覚めも使える様になり、攻城要員とそれを守る車輪という使い方もできる。
勢力非限定なので他にも征圧力の高い魏の関羽や、効果時間の長い速度上昇が得られる趙娥あたりは
武力、征圧力共に高いシナジーを発揮できる。

撤退をしない投げ計略として安定感の高い効果はまだ全勢力見ても例が少ないので
勢力非限定ということもあり、ワントップ型の計略要員としては貴重な一枚。
武力上昇自体は平凡なので、征圧力上昇も含め場を荒らして内乱を取るデッキ向き。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0D 効果時間延長
Ver.1.1.5B 効果時間延長
Ver.1.2.0E 効果時間延長 10c→12.1c
Ver.2.5.1D 武力上昇値増加 +4→+5

Menu

最新の20件

2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 36679
  • today: 6
  • yesterday: 36
  • online: 66