カードリスト / 第2弾 / / 関平(若武者の一閃)


武将名かんぺい武人の道
関平「死ぬまで勝ち続ける
  強い武人になりますから!!」

「武神」と称えられる武人である関羽の養子。父と同じく武人としての生を望み、自らと似た境遇である劉封らと共に数々の戦場を経験する。徐々に周囲からの期待も強くなり、益州攻略では一軍の将を任せられるほどとなった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力4 知力2 征圧力0
官職武官
特技
将器征圧力上昇
計略若武者の一閃最も武力の低い敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 福田宏


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
ネタはイラストレーターである福田氏の漫画「ムシブギョー」の主人公、月島仁兵衛である。

蜀にやってきた1コスト最高武力の武闘派騎兵。
他の例にもれず征圧力は0だが、将器征圧力上昇を固定で持つのはありがたいところ。
なお副将器は兵力×3。
計略も士気こそ重いが1コス武闘派騎兵のサブ計略らしからぬ高い決定力を持つ。

原作を再現した計略である若武者の一閃は、衝撃による武力依存ダメージ計略。範囲は前方長方形で横幅がカード1枚分、縦幅がカード2枚半程度。
対象となるのは「範囲内の最も武力の低い敵」。
主力の後方から援護計略を狙う低武力計略要員や、部隊に守られた舞いを潰すのに適しているが
確殺ラインは武力1と低く、兵力満タンの武力2相手でも確殺が取れない(Ver1.1.0C現在)。
狙う相手の武力が2以上の場合は弓で兵力を減らしておいたり、強化系略等で関平の武力を上げておくなど
何かしら下準備がもう一つ必要になる事を覚えておきたい。
確殺ラインはおおよそ自身の武力の1/4であるようだ。

本人が機動力のある馬である事や、奥行きのある計略範囲も相まって
狙った相手に計略を当てることは比較的たやすい。
また計略を度外視しても1コスト武力4馬というのはそれだけで強く、将器で征圧力も確保できるため大概のデッキには入れて邪魔にならない。
知力5までの伏兵なら踏んでも即死しない知力2というのも地味に嬉しい。

計略のダメージの固定値が高く武力依存が低いので、自身の武力を超える相手にも4割近くのダメージを与えられる。
そのため士気10で連発すれば+20差以上の武将ですらもただでは済まないダメージで撤退orミリ近くにまで追い込むことが可能。
この裏の手を1コスで仕込めるのは非常に心強い。
いざという時に手負いの主力武将やキー計略持ちを潰す奥の手として備えておくといいだろう。